低空飛翔とは

低空飛翔とは

複雑に翼と尾を動かして空中の一ヶ所に停止する飛翔。ミサゴ、ノスリ、アジサシ、カワセミ等が、下の獲物をねらう時によく行う。(フィールドガイド日本の野鳥より)

別名:停飛、ホバリング

hoverとは「空を舞う」「うろつく」という意味

ハチドリのホバリング

高速度撮影で判明したハチドリのホバリングは、翼を横8の字に動かして前進と後退を相殺し、上昇と下降も押さえ込んでいた。

これはハチやアブの翼の動きと同じで、ハチドリのように翼を動かせない鳥は、ひとつひとつの初列風切羽を反転させて、ハチドリと同じ機能を確保している。

 

 

 

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
野鳥用語辞典一覧表

Twitterでフォローしよう