托卵とは

托卵とは
自分で巣を作らないで、ほかの鳥の巣に卵を産みこみ、ひなを育てさせること。カッコウ科の鳥が有名であるが、カッコウ科127種の中で托卵習性を持つのは約50種である。托卵性はほかにハタオリドリ科のホウオウジャク類、ムクドリモドキ科のコウウチョウ、キツツキ目のミツオシエ類、ガンカモ科のズグロガモ等でも知られている。(フィールドガイド日本の野鳥より)

野鳥用語辞典一覧表

Twitterでフォローしよう