ピックアップ
  • 身近な鳥の名前を調べる

さぁ、鳥と会おう!

まずは何も持たず、外に出て鳥を意識するだけで大丈夫!

肉眼でも、鳥の姿はわかります!

鳥を見分ける為のものさしどりを覚えよう!

ものさしどり4羽をまとめた縦長画像
「スズメ•ムクドリ•ハト•カラス」は目につきやすく、観察しやすいので、他の鳥と見比べる為の基準の鳥「ものさしどり」とされています。

まずはものさしどり4羽の大きさを覚えて、正体不明の鳥と出会った時に、それより小さいか大きいかを判断できれば、鳥を調べやすくなると思います。

他にも「色や模様」「鳴き声」「動き方」「飛び方」「群れていたか」
など、色んな判断基準がありますが、観察していくうちに慣れていくので、まずは鳥との出会いを楽しんでいきましょう!

 

それに10年くらい鳥を見ていても、一瞬見ただけの鳥を判断するのは、見慣れた鳥だとしても難しいんです。

鳥との出会いが一瞬で、正体がわからないままの事も多々あります。

鳥を調べる野鳥図鑑

野鳥図鑑は、日本で見られる鳥を網羅しているので、1冊あると鳥を調べやすくなります。

このサイトでも身近な鳥を中心に調べられるようにしていますが、基本的にサイトの管理人が出会った鳥だけの紹介なので、紹介し損ねる鳥も多いんです…(申し訳ありません)

野鳥図鑑には、イラストタイプと写真タイプがあって、どちらを選んでもそれなりに鳥を判別できるようになります。
オススメの野鳥図鑑
■写真図鑑で、一番売れている野鳥図鑑

■イラスト図鑑、薄くて小さくて携帯性ばっちり

もっと鳥を大きく見たいなら

もっと鳥を大きく見たいなら、双眼鏡を持つのが定番です。

僕も双眼鏡を1台持っていますが、カメラを使ってから双眼鏡の出番は少なめです。

それでもあると役に立つ道具ではあります。

オススメの双眼鏡

■日本野鳥の会も薦める、定番の双眼鏡!!

 

■1万円以下のオススメ双眼鏡

鳥との出会いを記録したいなら

見ているだけでは満足できない!
鳥との出会いを記録したいなら、カメラが必要になってきます。

芸術性を追い求めるなら、何十万円とするカメラとレンズが必要になってきます。

おさんぽ鳥見で掲載している写真くらいだと、望遠機能が優れたコンパクトカメラで大丈夫です。

オススメのカメラ
■望遠機能バッチリの光学83倍のおさんぽ鳥見カメラの決定版

 

■おさんぽ鳥見で使用しているカメラの上位機種

鳥との出会いをブログで綴りたいなら

鳥ブログを始めてみたいと思ったら、無料ブログかワードプレスの選択肢があります。

自由度が高いのはワードプレスですが、書く事に集中したいなら無料ブログがオススメです。

当サイトはロリポップでサーバー契約をし、ワードプレスで作成しています。

おさんぽ鳥見も利用しているレンタルサーバー
ロリポップ

おすすめの理由はコレ!

安い利用料金で、しっかりブログ運営できる
管理画面の使いやすさも良いです。

身近な鳥一覧

画像を押すと、それぞれの個別解説記事に飛びます(まだ記事がない鳥は画像を押してもページには飛びません。すいません!)