スポンジで絵を描こう!!

スポンジで絵を描く為のサイト:SPONGE TONTON

SPONGE TONTONでは、「絵を描きたい」という皆さんの為に、スポンジで絵を描く方法をご紹介しています。

こどもも、大人も、絵を描きたいすべての方に、こんな絵の描き方もある・・・スポンジで絵を描く楽しさをお伝えしています。

お伝えするのは、スポンジで絵を描いて、もうすぐ10年のスポンジ絵描き:おざきしょうたです。

shota

Shota

よろしくお願いいたします!!

 

こどもでも描ける!!スポンジで絵を描こう!!

スポンジで絵を描く基本は、「スポンジをとんとんするだけ」

だから、スポンジとんとんの基本は、子どもにも大人にも見ていただきたい内容になっています。

また、スポンジをとんとんしなくても、虹が描ける方法もご紹介しています。「スポンジで絵を描く」ってどんな感じだろう?というスポンジとんとんの入門として、ぜひ見ていただきたい内容です。

スポンジとんとんの基本

 

大人のSPONGE TONTON

スポンジで絵を描く基本は、「スポンジをとんとんするだけ」

ですが、考え方を変えるだけで、筆と同じくらいのバリエーションのある表現も可能です。

スポンジとんとんの表現をもっと極めたいという方に、「大人のSPONGE TONTON」として、スポンジとんとんの様々な表現方法をお伝えしています。

筆では絵が描けないけれど、もしかしたらスポンジだと凄い絵が描けるかもしれません。スポンジとんとんで色んな表現の絵を楽しんでみませんか?

スポンジで印象派絵画を描いてみよう

 

スポンジで絵を描く為の道具

スポンジで絵を描くといっても、何を揃えたらいいのかわからない方の為に、スポンジで絵を描く為の道具のご紹介です。

スポンジで絵を描いた事のない方や、そもそも絵を描いた事がない方、これから絵を描く事を趣味にしようと考えている方に見ていただきたい内容になっています。

まずは必要最低限のものを揃えて、スポンジとんとんが自分に向いているかどうか確かめてみませんか?

 

スポンジとんとん、実際の制作風景

スポンジで絵を描く事に、ピンと来ていない方に・・・

スポンジ絵描き:おざきしょうたが、実際にスポンジで絵を描いている制作風景を公開しています。

スポンジで絵を描く事を、実際に見て知りたい方には、ぜひ見ていただきたい内容です。

スポンジで絵を描く感覚を、サッと掴みたい方は、ぜひご覧ください。

 

皆さんのスポンジとんとん作品を募集しています

当サイトでは、「絵を描く楽しさを広める」は勿論・・・

「スポンジで絵を描く楽しさを広める」を目的にしています。

そこで、皆さんがスポンジで描いた作品を募集しています。スポンジとんとんで作品が出来上がりましたら、ぜひ当サイトに掲載させてください。

作品の受付は・・・LINE@かメールアドレス「sponge★tonton-animals.com(★→@)」で行っています。皆さんの力作、お待ちしております!!


こちらからLINEで友達登録して、作品をお送りください。

 

スポンジとんとんに役立つサイトのご紹介

スポンジで絵を描く基本は、スポンジをとんとんするだけですが、スポンジとんとんを追求していくと、やっぱり素の画力も欲しくなります。

ですが、まだまだ絵を描くのに抵抗があるという方は、スポンジとんとんに使う型紙制作に役立つシルエットデータを配布してくれているサイトをご紹介いたします。

絵が描けなくて型紙が作れないという方でも、スポンジとんとんを楽しむ事が出来るようになるサイトですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

絵を描く時に知識として知っておきたい色の知識

絵は自由の世界。どんな色で塗っても、それは作者の自由です。

ですが、あんまり良い色にならないなぁとお悩みの方に、絵を描く前にやっておくといい作業を解説しています。

自由な感性も大切ですが、知識をどう使うか?という感性も、良い絵を作る上では必要だと思っているので、自分の絵に納得がいかない時は、色に対する知識を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

絵に悩んだら・・・

絵を描いていると、色々と悩んでしまうものですよね。

悩むだけ一生懸命という風に思いたいのだけれど、ついつい悩みに囚われて、絵が描けなくなってしまう・・・

それでも絵を描いて一歩前へ進めるような、絵に対する考え方をまとめています。

僕にとっても自分への喝として・・・前へ進む為のページです。

 

スポンジとんとんの使っているスポンジ