身近な鳥30種類の名前を調べる【写真で見る】

鳥が気になる人
最近、鳥に興味が出てきたぞ。身近な鳥ってどんな種類の鳥がいるんだろう?

 

スズメ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、メジロ、ウグイス、ツバメ、アオジ、ホオジロ、モズ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、コゲラ、ムクドリ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、シロハラ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、トビ、ケリ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、オオバン・・・
今回ご紹介するだけで、30種類以上の身近な鳥が僕達の周りにはいるんです。

 

それでは、身近な鳥の種類を見て行きましょう!

身近な鳥の名前一覧

上に表示されている目次から、気になる鳥の項目に移動できます!

また下の表の鳥の名前をクリックすると、それぞれの鳥のデータベースに飛びます。

おざぽん
関西中心の観察記録になりますが、今回紹介する鳥たちは、比較的どの地域でもみられる鳥だと思います。

身近な鳥たちの簡単解説!

1.スズメ

スズメの写真

鳥を知るための基準になる鳥

  • 人の近くならどこにでもいる鳥です
  • 都会暮らしと田舎暮らしのスズメでは、人間に対する警戒心が違います
  • 最近、数が減っていると言われていますが、それでもごく普通にみられるのがスズメです。

2.シジュウカラ

シジュウカラの写真

スズメかと思ったら、全然違う鳥だった

  • ツツピーとよく鳴きます
  • 木があれば、市街地から山地まで、どこにでもいます
  • 木々を駆け回るすばしっこい鳥です

3.ヤマガラ

ヤマガラの写真
ビービーと鳴いてくれないと、見つからない

  • 林や森や山があれば、身近な鳥です
  • シジュウカラなどと一緒にいる事も多いです
  • 子育ては林や山の中でするので、よく目にするのは冬〜春です

4.エナガ

エナガの写真

木の上を行ったりきたり、もういない

  • 「チュリリ」「ジュリリ」と鳴きながら移動します
  • すばしっこさは身近な鳥ではNO1かも!
  • 木の上に群れでいる事が多いです

5.カワラヒワ

カワラヒワの写真
木のてっぺんで、か細く歌う、アナタはカワラヒワ

  • 木のてっぺんで、さえずっています
  • タンポポなどの種が大好きで、よく地上にいる事も
  • ビィーンという特徴的なさえずりもあるけど、冬はか細く鳴いています

6.メジロ

メジロの写真
身近だけど、子育ては林の中で

  • 一年中、身近な場所で見られます
  • 夏は葉っぱが多いので、なかなか見つかりませんが、身近にいます
  • 子育ては山や林の中で行う個体が多く、数が少なくなりますが、身近にいます

7.ウグイス

ウグイスの写真
いつもかくれんぼしてる

  • 春〜夏は、ホーホケキョ。秋〜冬は、ジャッジャッと鳴きます
  • 茂みややぶにいつもいるので、辛抱強く待たないと、姿が見れません
  • たまにすごく目立つとこで、さえずっているけど…小さくてよくわからない

8.ツバメ

ツバメの写真 子ツバメの写真
3月頃に日本にやってくる(関西)春の鳥

  • ツバメは春から秋ぐらいまで日本にいる鳥です
  • 子育てが身近で見れる数少ない鳥!
  • 巣立った雛は、親鳥のなわばりの中で、一緒に飛んでいます

9.アオジ

アオジの写真
冬のホオジロ?アオジです

  • 秋〜冬には身近な場所でも見られるホオジロによく似た鳥です
  • 繁殖は山でするので、身近な場所からはいなくなります
  • ホオジロは「チチチッ」と鳴いて、アオジは「チッ、チッ」と鳴きます

10.ホオジロ

ホオジロの写真

オスのホオジロ

ホオジロ(メス)の写真

メスのホオジロ

草むらの代表

  • 河川敷や草むらに、必ずと言っていいほどいる鳥
  • 春〜夏の間に草むらや河川敷で「チチチッ」と聞こえたら、大抵ホオジロ
  • 運が良ければ、巣立ち雛も見れるくらい身近な鳥です

11.モズ

モズの写真

オスのモズ

モズ(メス)の写真

メスのモズ

秋冬はまんまるモズに出会えます

  • 秋冬になると、比較的よく見かけるようになる鳥です
  • 繁殖時期は、林や農耕地•河川敷などのすこし開けた場所にいる事が多いです
  • スズメより大きくて、ヒヨドリほど大きくないと思ったら、モズかもしれません

12.ハクセキレイ

ハクセキレイの写真

大人のハクセキレイ

ハクセキレイの若鳥の写真

子どものハクセキレイ(顔が黄色くなる子もいる)

野鳥界のシティーバード

  • 都会でも街でも田舎でもよく見かけます
  • 街中では、スズメよりも目にする事が多くなった鳥だと思います
  • 巣立った雛は芝生などで過ごすので、運が良ければ会えるかも!

13.セグロセキレイ

セグロセキレイの写真 セグロセキレイの写真
ちゃぷちゃぷらんらん、水辺大好き

  • ハクセキレイよりも水辺を好んで生活しています
  • とりあえず水が流れて、それなりに緑があれば、います
  • 巣立ち雛は、水辺付近で過ごす事が多いです

14.キセキレイ

キセキレイの写真
河川にたゆたう、レモン色の鳥

  • 繁殖期は山間の渓流などで過ごすレモン色のセキレイ
  • 冬になると行動範囲が広がって、身近な川にもやってきます
  • 場所によっては人のそばで子育ても行います

15.コゲラ

コゲラの写真
アナタの側で、今日も木を突いてます

  • スズメサイズのキツツキで、「ギィー」と鳴きます
  • 木があれば、住宅地や公園でも見かける身近な鳥!
  • 桜の木を観察すると、そこにコゲラの巣があったりします

16.ムクドリ

ムクドリの写真
ムクドリ大行進

  • 農耕地や芝生などで群れでいるのが、ムクドリです
  • 秋の夕暮れ時、街路樹で騒がしくしているのは、大抵ムクドリかスズメ
  • 秋冬は、ナンキンハゼの実をよく食べている姿を見かけます

17.ヒヨドリ

ヒヨドリの写真
マジでどこにでもいる

  • どこにでもいる鳥です
  • 桜の花の蜜など、甘い物が大好きです
  • 鳴き声が大きく目立ちますが、そんな鳴き声には色々なパターンが見られます

18.イソヒヨドリ

イソヒヨドリの写真

オスのイソヒヨドリ

イソヒヨドリ(メス)の写真

メスのイソヒヨドリ

海岸暮らしから、まち暮らしへ

  • 元々は海の近くで生活していた鳥です
  • 現在では街中で普通に見かける鳥になっていて、かなり身近な鳥です
  • 繁殖も人の近くで行い、雛もよく見かけます

19.ジョウビタキ

ジョウビタキの写真

オスのジョウビタキ

ジョウビタキ(メス)の写真

メスのジョウビタキ

冬のアイドル

  • 冬になると、日本にやってくる鳥です
  • 住宅街の近くでも、河川敷でも、山でも、畑でも結構どこにでもやってきます
  • 毎年同じ場所にやってくるので、姿を観察するのが簡単な鳥でもあります

おざぽん
愛らしく美しい姿から、冬のジョウビタキを見るのを楽しみにしている人が多いくらい人気のある鳥です!

20.ツグミ

ツグミの写真ツグミの写真
とっとこ走るよ

  • 冬になると、日本にやってくる鳥です
  • 公園や、芝生、畑などの開けた場所にやってきます
  • よく歩き、地面を突き、ピタッと止まる…そんな鳥です

21.シロハラ

シロハラの写真
飛ぶ時に、ポポポ〜って鳴きます

  • ツグミと同じく、冬にやってくる鳥です
  • 林や藪や植え込みに隠れて、食べ物を探します
  • 隠れ上手ですが、意外と身近にいる鳥です

22.キジバト

キジバトの写真

デーデーポッポー、ふくろうじゃないよ

  • 野鳥観察を始めたら、「デーデーポッポー」という鳴き声が!
  • こんな場所にもフクロウがいるの!?と感動を覚えるんですが・・・
  • その鳴き声は、このキジバトの鳴き声で・・・
  • びっくりするのが、野鳥観察を始めたてのあるあるだと思っています

22-1.ドバト

ドバトの写真
だれでも知ってるハト

  • 元々飼われていたハトが野生化した種です
  • 田舎のハトは人を怖がり
  • 都会のハトは人を見ている

23.ハシボソガラス

ハシボソガラスの写真
ガーガーと濁った声なら、ハシボソガラス

  • 畑や河川敷でよく見かけるカラスです
  • テクテク歩くのが、ハシボソガラス
  • くちばしが細いのが特徴です

24.ハシブトガラス

ハシブトガラスの写真
カーカーと澄んだ声なら、ハシブトガラス

  • 嘴が太く、額が出っ張って見えるのがハシブトガラス
  • ゴミを荒らすのは、ハシブトガラスがほとんどと言われています
  • ピョンピョンと跳ぶ様に移動し、木の上や屋根の上にいがちです

 

25.トビ

トビの写真
鳴けば轟く、時代劇感

  • ちょっと自然があって、ちょっとイオンがあるような街の空でもよく現れます
  • 大きい鳥なので、シルエットでもわかりやすいです
  • ピーヒョロロの鳴き声が目印

 

26.ケリ

ケリの写真
田んぼでは主役

  • 川にもいるけど、一番多く見られるのは田んぼです
  • 田んぼがあれば、必ずと言っていいほどいる鳥です
  • 毎日、田んぼに通えば子育ての様子も確認できるくらい、観察しやすい鳥でもあります

27.コサギ

コサギの写真
黄色い足がオシャレさん

  • 川によくいるサギ
  • 遠目から見ると、別のサギと大きさの違いがわかりづらく、一緒のサギに見えます
  • 黄色い足のオシャレさんだったら、コサギです

     

    28.ダイサギ

    ダイサギの写真

    婚姻色のダイサギ

    河川のボス格の大きさ

    • 最も大きな白いサギがダイサギです
    • コサギ・チュウサギ・ダイサギといるらしくて、ちょっとややこしいのがサギの世界です
    • さまざまな水辺で見られます

     

    29.アオサギ

    アオサギの写真
    一番出会う機会があるサギ

    • サギの中では、一番よく見かけるサギだと思っています
    • アオサギは、市街地の池にもよく現れる事が多いです
    • サギの中では、最も大きなサギです

     

    30.カルガモ

    カルガモの写真 カルガモの赤ちゃんの写真
    川で生活するご近所さん

    • 子育てしている様子も見れるくらい身近なカモです
    • 他の冬鳥のカモと違って、カルガモは一年中出会えます
    • 水辺があれば、比較的どこにでもいます

     

    31.オオバン

    オオバンの写真
    漆黒の開拓者

    • 冬になると、カモに混じっています
    • 繁殖期は本州中部以北に移動するので、場所によっては会えなくなります
    • 冬限定ですが、毎年、見られる数が増えている気がします

     

    スポンサーリンク

    身近な鳥のまとめ

    以上が、身近な鳥31種類でした。

    まだまだ紹介しきれていない鳥たちも多く、この記事では正体不明の鳥の事がわからなかったかもしれません…
    その場合は、写真を添えてosanpo.torimi★gmail.com(★を@に変更してください)までお送りください。

    おさんぽ鳥見で調べて、ご返信させていただきます!

    この記事に載っているような野鳥写真を、自分でも撮ってみたくなったら、このブログの【関連記事:野鳥撮影の為のオススメのコンデジ9選】で気軽に野鳥撮影ができるカメラを紹介もしているので、参考にしてみてください。

    ご覧いただきありがとうございました!

    鳥の名前を調べる

    場所から

    身近 |  |  |  | 田んぼ | 

    色から

     |  |  | オレンジ |  |  | 

    くちばしから

    黄色 | 長い

    その他

    鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

    Twitterでフォローしよう