野鳥撮影の為のオススメのコンデジ9選

初めて野鳥を撮りたい人

野鳥の写真を撮ってみたいけど、どのカメラを買えばいいんだろう?

一眼レフじゃなくても、野鳥は撮れるの?

できるだけ費用を抑えて、野鳥が撮れるカメラはないの?

 

この記事では、野鳥撮影の為のコンデジを9つご紹介しています!
最近のコンデジは望遠機能の優れたカメラも多く発売されていて、野鳥撮影が気軽にできるようになっています。

 

まずはコンデジで野鳥撮影をするメリット•デメリットを見ていきましょう!

コンデジで野鳥撮影!

メリットデメリット
カメラ一つで撮れる画質はそこそこ
軽いピントもそこそこ
レンズ交換の手間要らず連写もそこそこ
10万円以下でも、望遠が優れている対応できる状況が限定的
初めてのカメラにピッタリ何かしら操作性に気になるところがある

僕は一眼レフやミラーレスを使った事はありませんが、コンデジでは10年くらい野鳥を撮ってきました。

その経験から、こんな方はコンデジで野鳥撮影がオススメです!

コンデジで野鳥撮影するのがオススメの人

  1. フットワーク軽く野鳥撮影がしたい
  2. カメラが趣味ではなく、野鳥観察が趣味
  3. 散歩のついでに野鳥撮影がしたい
  4. 野鳥の記録写真が撮りたい
  5. カメラに詳しくない人

野鳥撮影の為のコンデジといっても、コンデジにも色々あります。
遠くの鳥が撮れる望遠機能ばかりを見てしまうと、一眼レフと変わらないくらいの重さになってコンパクトカメラとは一体…?なんて事にもなるので、

この記事では、各カメラの

  • 光学ズーム
  • 重さ
  • その他注意点

の3つを見ながら、コンデジを紹介したいと思います。

とその前に、これから紹介するコンデジの共通点を知っておいてください。

コンデジの共通点

各コンデジの画質はどんぐりの背比べ
これから紹介するコンデジの共通点として、センサーサイズが1/2.3型CMOSという点があります。
説明すると長くなるんですが、簡単に言うと画質に関わるスペックになっています。
コンデジの画質はセンサーサイズが1/2.3型という事で、コンデジの中で画質に差はないと言っていいと思います。(メーカーごとに表現の違いはありますが)
画質を求めるなら、絶対に一眼レフやミラーレスです!ここは忘れないようにしましょう!

野鳥撮影の為のオススメのコンデジ9選

ポケットに入る望遠コンデジ!

500mlペットボトルの重さも無理って方にオススメのポケットに入るコンデジです!

SX720HS

SX720HSの簡単スペック紹介
望遠光学40倍
重さ270g
その他ファインダーなし

2021年6月時点、Amazonだと32,500円(税込)

SX740HS

SX740HS簡単スペック紹介
望遠光学40倍
重さ299g
その他ファインダーなし

2021年6月時点、Amazonだと48,955円(税込)

ポケットに入る望遠コンデジについて

SX720HSとSX740HSは、とにかく軽さ重視のコンデジです。
光学40倍ズームを搭載していながら、どちらの機種も重さが300g以下!

「ついでに野鳥撮影」を気軽に叶えてくれるカメラです!

SX740HSは2018年発売で5万円近くするので、SX720HSの方が重さも価格もお手頃だと思います!

 

作例が見れるリンクも貼っておきますので、カメラの性能云々よりも作例を見て判断してみてください!

作例をチェックしてみよう!

(外部サイトへ別窓が開きます)

中間クラスの望遠コンデジ

次は光学50〜65倍のコンデジを紹介します。
気軽に野鳥撮影がしたいというと、ここらへんのカメラを紹介する方も多いくらい、野鳥撮影の為のコンデジという位置付けになっている4つのカメラの紹介です。

B600

B600の簡単スペック紹介
望遠光学60倍
重さ500g
その他ファインダーなし

2021年6月時点、Amazonだと46,000円(税込)

DSC-HX400V

DSC-HX400Vの簡単スペック紹介
望遠光学50倍
重さ660g
その他手ブレに強い

2021年6月時点、Amazonだと42,135円(税込)

DC-FZ85

DC-FZ85の簡単スペック紹介
望遠光学60倍
重さ616g
その他49点空間認識AF

2021年6月時点、Amazonだと36,180円(税込)

SX70HS

SX70HSの簡単スペック紹介
望遠光学65倍
重さ610g
その他バリアングル液晶あり

2021年6月時点、Amazonだと64,800円(税込)

中間クラスの望遠コンデジについて

4つのコンデジの中で1番光学ズームが優れているのはSX70HSですが、お値段も高めです。
光学60倍ズームと49点空間認識AFのあるDC-FZ85が3万円台となれば、こちらを選択肢に入れたくなります。

 

僕は2012年発売のSX50HSを使っているので、その上位機種SX70HSを推したくなりますが、ピントが合う合わないは重要なポイントなので、AF性能を謳っている機種の方が良さげかも…と、今買うなら思っています。

 

先ほど紹介したSX720HSやSX740HSと比べると、かなり大きく感じ、携帯性という点では500mlのペットボトルを一本持っていくような重さになっています。

まだかろうじて気軽に持っていけそうですが、野鳥を撮るかどうかわからないのに持っていくのは少し躊躇ってしまう大きさです。
作例をチェックしてみよう!

望遠を極めたコンデジ!

次に紹介するのは、コンデジの中でも望遠機能に特化した超望遠コンデジです!

絶対に遠くの鳥まで写したい!って方に、オススメのカメラになっていますが、その分重さが1kgオーバーで、手軽とは言えなくなってしまったかもしれません。

P950

P950の簡単スペック紹介
望遠光学83倍
重さ1005g
その他バリアングル液晶あり

2021年6月時点、Amazonだと96,400円(税込)

P1000

P1000の簡単スペック紹介
望遠光学125倍
重さ1415g
その他バリアングル液晶あり

2021年6月時点、Amazonだと111,364円(税込)

 

望遠を極めたコンデジについて

P950はP1000の上位機種ですが、光学ズームは83倍に減少。その分少し軽くなり、カメラの操作性が上がりました。

P1000の魅力はなんと言ってもコンデジ界トップの光学125倍ズーム!とにかく望遠!絶対に望遠!と望遠を求める人の為のコンデジです。

P950の方が最新なのにP1000の方が高価なのも、光学125倍がこのカメラだけの特徴だからかもしれません。

作例をチェックしてみよう!

(外部サイトへ別窓が開きます)

実際にP1000を使って、野鳥を撮ってみた作例集のページもあります【こちらをクリック】

望遠コンデジ界の高画質!最強AF!

RX10M4

RX10M4の簡単スペック紹介
望遠光学25倍
重さ1095g
その他24コマ/秒の連写が可能。315点のファストハイブリットAF搭載。1型センサー搭載。

2021年6月時点、Amazonだと181,000円(税込)

RX10M4は望遠コンデジ界の最高画質!最強AFを搭載したカメラです。

RX10M4のここが凄い!

画質がいい!
RX10M4は、他のコンデジに比べると、画質が遥かにいいんです!
それもそのはずRX10M4のセンサーサイズは1型CMOS!
他のコンデジよりも一回り大きいセンサーを搭載しているので、より豊かな描写を可能にしています!
ピントが合う!
RX10M4はピントが合うんです。
野鳥写真を撮っていて、何が1番残念かっていうと、ピントが合っていなくて微妙にボケている点なんです。
カメラではいい感じに見えても、PCに取り込んで大きく見たら、ピンボケしていてガッカリ…なんて日常茶飯事です。
もちろんRX10M4もいつでもピントが合うわけではありませんが、それでも被写体への食いつきが違うんです!
24コマ連写で一瞬を切り取る!
ピントが合いやすい+24コマ連写のおかげで、RX10M4の一瞬を切り取る力は凄まじいものになっています。
他のコンデジは遠くの鳥を撮るのに特化していて、鳥達の一瞬の動きを捉えるのが苦手なんですが、RX10M4は違います。
飛んでいる鳥にも強い!これがRX10M4が他のコンデジに比べて抜きん出ているスペックの一つです!

RX10M4は、購入したら一眼レフが必要無くなったと言う人までいるくらいのコンデジです。

望遠が25倍ズームと、物足りなさはありますが、望遠できてもピントの甘い写真が量産されるくらいなら…
多少望遠が短くても、ピントが合いやすいRX10M4の方が、満足のいく写真が撮れるのでは…と僕が今1番気になっているコンデジです。

作例をチェックしてみよう!

(外部サイトへ別窓が開きます)

野鳥撮影の為のおすすめコンデジまとめ

以上が、野鳥撮影の為のオススメのコンデジ9選でした!

特にオススメの四天王カメラ!
  1. 圧倒的手軽さの「SX720HS」→SX720HSの作例
  2. 望遠とカメラ性能をバランスよく搭載した「DC-FZ85」→DC-FZ85の作例
  3. 圧倒的望遠力!「P950」→P950の作例
  4. コンデジでも画質を求める「RX10M4」→RX10M4の作例

僕が友人に野鳥撮影にオススメのカメラはない?って聞かれたら、まずはこの4つを検討してもらいます。

 

友人の本気度によりますが、なんとなくなら「SX720HS」や「DC-FZ85」から始めて、自分が野鳥写真に何を求めているのかを知る為のカメラにしてみたらどうかな?と。

 

後は作例ページを見て、撮られている写真に納得できれば、後悔のない買い物ができるかと思います!

 

野鳥撮影を通して、多くの方が野鳥の魅力を感じてもらえれば幸いです。
ご覧いただきありがとうございました!

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう