カメラのレンタルサービス【CAMERA RENT】ってどんなサービス?

カメラの金額に驚く人
カメラ、高すぎ!

 

カメラは高額商品も多く、買うのは難しくても、許されるなら上位機種で一度は使ってみたいって思いますよね。

そこで現れたのが、カメラのレンタルサービスです。

月額料金を支払えば、あの欲しくても手の届かなかったカメラで写真が撮れるんです!!

 

この記事では、そんな カメラのレンタルサービス【CAMERA  RENT】のサービスについてまとめています。

カメラのレンタルサービス【CAMERA RENT】はこんなサービス

 

CAMERA RENTのサービスを表にまとめてみました。

■料金プラン6つの月額プラン
■決済方法クレジット決済のみ
■複数レンタル一つの商品ごとに、月額プランがかかる
■レンタル期限無期限
■レンタル商品の交換月1回可能(初めて利用から1ヶ月後から可能)
■用意するものSDカードは用意する必要あり
■破損補償月350円の補償サービスに加入していれば、負担なし
■紛失•盗難負担あり
■配送料•返送料CAMERA  RENTが負担
■サービスの利用停止方法公式サイトの「お問い合わせ」フォームから

 

 

この記事を書いたのは…

動物の絵を描いていたら、バードウォッチングにハマってしまったバードウォッチング歴10年のおざぽんと言います。

少し前に、念願のサンコウチョウが見られて感動しました‼︎
世界中の鳥達を見てみたい絵を描くバードウォッチャーです。

おざぽん
野鳥の世界の魅力をお伝えできればと思ってます。
よろしくお願いいたします!

野鳥を撮影している僕としては、一度は大砲のような一眼レフで野鳥の写真を撮ってみたいですね。

そんな夢を叶えてくれるカメラのレンタルサービス【CAMERA  RENT】のサービスをみていきましょう!

 

スポンサーリンク

カメラのレンタルサービス【CAMERA RENT】ってどんなサービス?

CAMERA  RENTの料金プラン

CAMERA RENTの料金プラン
  • ブロンズ  ・・・月3,500円
  • シルバー  ・・・月6,500円
  • ゴールド  ・・・月9,500円
  • プラチナ  ・・・月12,500円
  • ダイヤモンド・・・月17,500円
  • ハイエンド ・・・月24,500円

 

(月額料金はすべて税別です)

プランごとの違い

レンタルできる機材の種類が違います。
月額料金が高いプランほど、高性能な機種をレンタルできます。

 

CAMERA  RENTの料金プランの特徴

 

  1. クレジット決済のみ
  2. 月額料金の5%がポイント還元
  3. 配送料や返送料は無料

 

CAMERA  RENTを利用すると、月額料金の5%がポイント還元され、プラン料金の支払いに使用する事ができます。

配送料や返送料は、CAMERA  RENTが負担するので、月額料金以上の出費は基本的にありません。

 

CAMERA  RENTの料金プランの注意点

CAMERA  RENTの設定している料金プランは、1つの商品に設定されているものです。

なので、複数の商品をレンタルすると、商品ごとに月額料金がかかります。

CAMERA RENTで複数の商品をレンタルした場合
■シルバープランのカメラとゴールドプランのカメラをレンタルした場合
シルバープラン月6,500円とゴールドプラン月9,500円=月16,000円の利用料金がかかります。

 

■シルバープランのカメラとレンズをレンタルした場合
カメラとレンズそれぞれにプラン料金がかかるので、月6,500×2=月13,000円の利用料金がかかります。

 

レンタル期限

カメラはいつ返却してもOK【CAMERA RENTのサービス解説】

レンタル期限の定めはなく、無期限でレンタルできます。

レンタル中は、レンタル内容に応じた月額料金が発生します。

 

レンタル中の商品をレンタルしたい時

レンタル中と書かれた商品は、返却されるまでレンタルする事ができません。

 

予約をする事で、その商品が返却された時に優先的にレンタルさせてくれるんですが、レンタル期間が設けられていないので、いつ返却されるのかがわかりません。

 

予約の有効期間は1ヶ月なので、その期間に返却がされなければ、再度予約申請を行う必要があります。

 

レンタルした商品が壊れたら?

通常使用でのキズや汚れに対する負担はありません。

 

明らかな破損に対しては、利用者の負担があります。

ですが、月350円の補償サービスに入っていれば、破損が起こった時も、利用者の負担はなしになります。

 

※ただし、紛失や盗難は補償外となるので注意が必要です。

 

レンタル商品の交換もできる

月1回だけになりますが、レンタルしている商品の交換も可能です。

商品をレンタルし始めて、1ヶ月が経った後に利用できるサービスになっています。

プラン料金の変更が発生する場合

■交換商品のプラン料金が上がった場合
交換商品発送時に、差額を別途クレジット請求されます。
次回の請求から、新しい料金プランでの請求になります。

■プラン料金が下がった場合
差額の返還はありません。
次回の請求から、新しい料金プランでの請求になります。

 

自分で用意するもの

レンタルするカメラには、SDカードがついていないので、

それぞれの機種に対応するSDカードを用意する必要があります。

 

CAMERA  RENTを利用するまでの流れ

カメラをレンタルするまでの流れは、こんな感じです。

カメラをレンタルするまでの流れ
  1. 無料会員登録
  2. レンタルしたい機材を選ぶ
  3. 有料会員申し込み(レンタル申請)
  4. 審査(CAMERA RENTから本人確認の電話があります)
  5. クレジットカード決済確認後の当日or翌日に商品発送
  6. 商品到着

カメラをレンタルするまでは、費用はかからないので、

CAMERA  RENTを利用してみたいって方は、まずは無料会員登録だけでもしておいてはいかがでしょうか?

無料会員になるには、メールアドレスを登録するだけです。

 

 

有料会員に必要なもの

有料会員になって、カメラをレンタルするには、簡単な審査(CAMERA  RENTからの電話確認)があります。

他にも、本人確認の書類(運転免許証•健康保険証)と現住所確認書類(公共料金の請求書やクレジットカードの利用明細•住民票)などが必要になります。

 

CAMERA  RENTのサービスをやめるには

CAMERA  RENTのサービスをやめるには、

次回の決済予定日の10日前までに、サイト内の「お問い合わせ」フォームから連絡します。

 

決済予定日は、初めてクレジットカードで決済した日になります。

 

お問い合わせフォームから連絡をしたら、

  1. 商品を返却
  2. CAMERA  RENTが返品商品を検品
  3. CAMERA  RENTから返却確認メールが届く
  4. 利用停止

となっていて、CAMERA  RENTから返却確認メールが届いた時点で、利用の停止となります。

 

レンタル商品の返送方法

商品が送られてきた段ボールと同梱されている元払い封筒を使って、返却します。

カメラの破損防止の為、緩衝材や段ボールのほどを忘れずにしましょう。

 

段ボールや元払い封筒を無くしてしまった場合は、自分で用意すれば、大丈夫です。

 

スポンサーリンク

レンタル一例

「ハイエンドプラン/カメラ:SONY α9 II ILCE-9M2 ボディ・・・購入価格450,000円」+
「ダイヤモンドプラン/レンズ:SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G・・・購入価格220,000円」買えば670,000円の出費が、レンタル料金だと月42,000円
「ハイエンドプラン/カメラ:Canon EOS-1D X Mark II ボディ・・・購入価格479,000円」+
「プラチナプラン/レンズ:Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM・・・購入価格235,088円」買えば714,088円の出費が、レンタル料金だと月37,000円

初めての野鳥撮影用の一眼レフの場合

「シルバープラン/カメラ:EOS Kiss X10 EF-S18-55 IS STM レンズキット・・・購入価格72,800円」+
「ゴールドプラン/レンズ:SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary・・・購入価格111,030円」

 

買えば183,830円の出費が、レンタル料金だと月16,000円

おざぽん
野鳥撮影で一眼レフデビューなら、ずっとこのセットが欲しかった・・・

(参考価格は2021年1月現在の価格です。)

スポンサーリンク

カメラのレンタルサービス【CAMERA RENT】のまとめ

  • 月額プランは、商品一つ一つにかかる
  • クレジット決済のみ
  • 破損しても、補償サービスに入っていれば、負担なし
  • レンタル期限は無期限
  • 利用の停止は「お問い合わせ」フォームから連絡

 

ハイエンドプランは月24,500円なので、カメラとレンズをレンタルすれば、最高で月49,000円の利用料金になります。

結構なお値段がするなぁと言うのが感想ですが…使えるカメラの値段を見れば、納得といったところでしょうか?

 

  • 一眼レフのお試し利用
  • 色んなカメラを使いたい
  • カメラが増えすぎると、困る

って方は、カメラのレンタルサービス【CAMERA RENT】の利用を検討してはいかがでしょうか?

 

野鳥好きなら一度は購読して欲しい雑誌「BIRDER」

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」

「BIRDER」は、日本で唯一のバードウォッチング雑誌です!

 

「BIRDER」の特徴はこんな感じ。

  1. 見て楽しい
  2. 読んで学ぶ
  3. 鳥を知れる

「BIRDER」は見て楽しい!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、プロレベルの美しい野鳥写真がたくさん掲載されていて、見ているだけで楽しい雑誌です。

  • 芸術的な写真
  • 思わずクスッとする写真
  • 決定的な瞬間を捉えた写真

ありとあらゆる野鳥写真が読む人を楽しませてくれます!

おざぽん
ここにその写真を掲載できないのが心苦しいですが・・・本当に凄い写真がいっぱいで、見ていて楽しい雑誌になっています!

「BIRDER」は読んで学ぶ!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、毎月「鳥」に関する情報がたくさん掲載されています。

  • 初心者向けの鳥情報
  • 専門的な鳥知識
  • マニアックすぎる鳥ビア

毎月、新しい「鳥情報」を学ぶことができる「BIRDER」はもはや雑誌ではなく、鳥を学ぶテキストのようです。

 

おざぽん
新しい鳥情報は、鳥を見るのを、もっと楽しくしてくれます!

「BIRDER」は鳥を知れる!

当たり前かもしれませんが、日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」を読めば、鳥を知る事ができます。

  • 特集で、1つの種を知れる
  • 鳥情報を更新できる
  • たまに海外の鳥情報も

「BIRDER」では定期的に特定の種だけを扱った特集が組まれています。

「ツバメ」「ワシ・タカ」「カラス」など、それはもう色々です。

 

おざぽん
最新の鳥情報をキャッチするには、「BIRDER」はぜひ読んでおきたい雑誌になっています!

「BIRDER」のおすすめ購読方法

僕がおすすめする「BIRDER」の購読方法ですが、

 

おざぽん
とりあえず1年購読してみましょう

 

です。

 

「BIRDER」を1年間購読する理由

「BIRDER」を1年購読するだけで、野鳥の事がある程度わかるようになるからです。

 

1年後は・・・

  • 気に入れば、そのまま購読
  • 興味のある特集の時だけ購読

のどちらかに切り替えればいいですね。

 

「BIRDER」には2つの購読タイプがあります

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、2つの購読タイプから購入できます

  1. 紙版:雑誌が毎月送られてくる(定期購読中はデジタル版も利用可能)
  2. デジタル版:紙版より安い(著作権などの都合で掲載されない記事や写真がある場合もある)

 

おざぽん

紙版なら1,100円(税込)+送料20円

デジタル版なら880円(税込)で購読できます。

 

支払い方法は、

  1. 紙版:月額払い・6ヶ月・12ヶ月
  2. デジタル版:月額払い・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月

で選ぶ事ができます。

おざぽん
月額払いだと停止するまで、毎月「BIRDER」が送られてきて、商品代金が自動引き落としされます。

 

 

「BIRDER」の購読料金一覧

 

購読方法月額払い3ヶ月6ヶ月12ヶ月
紙版+デジタル版1100円(税込)+送料20円サービスなし6,720円(税込)13,440円(税込)
デジタル版のみ880円(税込)2,640円(税込)5,280円(税込)10,560円(税込)

 

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」で、鳥を知ろう

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、

 

  • 鳥に興味が出てきた
  • 野鳥写真を撮っている
  • 鳥の事を詳しく知りたい

 

そんなすべての野鳥好きにおすすめできる「初心者~専門家」まで幅広く受け入れてくれる雑誌になっています。

もっと鳥の事を知ってみたいと思ったら、ぜひ「BIRDER」を購読してみてください。

 

読む前と後では、鳥に対する知識がまったく違ったものになるはずです。

まずは、1年間の定期購読がおすすめです。