日本で会える白い鳥20選

鳥を知りたい人
白い鳥について知りたい

 

 

鳥には様々な色の鳥がいます。

 

 

今回は数ある色の中でも【白い鳥】についてまとめてみました。

 

 

この記事を見れば、白い鳥について詳しくなれると思います。
しかも今回は日本で会える白い鳥だけをまとめているので、その気になれば白い鳥に会いに行けるんです!

 

この記事を書いた人
動物を描いて10年…
絵を描く事と、動物が大好きな「おざぽん」と言います!

 

動物達の魅力を伝えられたらと、日々絵を描いています!

【画家としての僕の作品】

おざぽん
精一杯、お伝えしたいと思います!
よろしくお願いします!

 

それでは、日本で会える白い鳥を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

日本で会える白い鳥20選

日本で会える白い鳥のリストです。

日本で会える白い鳥20選リスト
  1. ハクセキレイ
  2. オナガ
  3. シラコバト
  4. エナガ
  5. ライチョウ
  6. コオリガモ
  7. ミコアイサ
  8. ミユビシギ
  9. コサギ
  10. チュウサギ
  11. ダイサギ
  12. ヘラサギ
  13. タンチョウ
  14. カモメ
  15. ウミネコ
  16. コアジサシ
  17. ハクチョウ
  18. アホウドリ
  19. コウノトリ
  20. ヤマセミ

 

ここからはそれぞれの鳥たちについてまとめています。

どこらへんに行けば会えるんでしょうか?

 

ハクセキレイ

ハクセキレイのイラスト

会いやすさ

 

  • 日本で会える白い鳥の中でも、一番会いやすいであろう鳥がハクセキレイです。
  • 人間社会の適応が半端ない!街でも簡単に出会える鳥です

 

オナガ

オナガのイラスト

会いやすさ

 

  • 本州中部と北部にしかいない鳥なので、地域によっては全く会えません…
  • 白い鳥と言われると、ちょっと?な印象
  • ですが、頭の黒さを除けば、全体的に白っぽい印象なので、白い鳥としてご紹介しました。

 

シラコバト

シラコバトのイラスト

会いやすさ

 

  • 埼玉県越谷市周辺を中心に関東の一部にしかいない鳥。
  • 白い鳥だけど、主にユーラシア大陸や北アフリカに生息しているハト。
  • 日本に生息する個体は、江戸時代に移入されたものが野生化したと言われている…
  • ですが、もともと生息していたという説もあります。

 

エナガ

エナガのイラスト

会いやすさ

 

  • 本州にいるエナガも白いけれど、「THE 白い鳥」にふさわしいのは…
  • 北海道に生息している亜種シマエナガの方です。
  • エナガ自体には会いやすいけれど、シマエナガになると…北海道に行かないと会えません。

 

ライチョウ

ライチョウのイラスト

会いやすさ

 

  • ライチョウは冬になると、真っ白になります。
  • 本州中部の高山にすむので、会うのはなかなか難しい鳥ですが…
  • 立山黒部アルペンルートに行けば、きっと会える!そんな鳥です。

 

コオリガモ

コオリガモのイラスト

会いやすさ

 

  • 主に青森以北の会場に飛来する冬鳥
  • 地域が限定されているので、会いにくいけど、会える地域なら港でも会えるようです。

 

ミコアイサ

ミコアイサのイラスト

会いやすさ

 

  • オスは白と黒の羽色で、パンダのような模様をしていて、パンダガモと呼ばれる事も。
  • 日本では冬に見られるカモです。
  • カモ類はいるところに行けば、会えるので比較的会いやすい鳥の1種だと思います。

 

ミユビシギ

ミユビシギのイラスト

会いやすさ

 

  • 主に砂浜に飛来し、波打ち際で採食する。
  • 全体的に白っぽい色をした鳥です。
  • 砂浜にいる事が多いので、いるところに行けば会える鳥という事で、会いやすさは星3つです。

 

コサギ

コサギのイラスト

会いやすさ

 

  • サギの多くも白い鳥ですね。
  • コサギは足の指が黄色いのが特徴的です。

 

チュウサギ

チュウサギのイラスト

会いやすさ

 

  • サギの多くは白い色、ぱっと見じゃ、みんな同じ白鷺。
  • だけど、チュウサギは夏鳥として、日本にやってくるサギです。
  • 口元のラインが、目と一緒ぐらいなのがチュウサギです。

 

ダイサギ

ダイサギのイラスト

会いやすさ

 

  • 白いサギ御三家の最後は「ダイサギ」です。
  • ダイサギは口元のラインが、目の位置よりも長く、口が裂けているように見えます。
  • 繁殖時期になると、顔が青くなり、普段は緑色をしています。
  • コサギ、チュウサギ、ダイサギは、川や池や田んぼが近くにあれば、かなり高確率で会える鳥です。

 

ヘラサギ

ヘラサギのイラスト

会いやすさ

 

  • 冬鳥として日本に来る事もある鳥。
  • 飛来しても数が少ないので、会える場所も限定されている鳥。

 

タンチョウ

タンチョウのイラスト

会いやすさ

 

  • 北海道に行けば会える白い鳥。
  • 北海道に行かないと会えないけれど、会いにいこうと北海道に行けば、きっと会える鳥。
  • そんなタンチョウは星3つの会いやすさ!

 

カモメ

カモメのイラスト

会いやすさ

 

  • カモメには色々な種類のカモメがいます。
  • そんな色々なカモメの多くは白い鳥です。
  • 一般的な「カモメ」という種類の鳥は、クチバシが黄色で、足も黄色っぽいです。
  • 海に行けば、カモメやウミネコには会いやすいですが、カモメは冬にしか会えないので、会いやすさは星3つです。

 

ウミネコ

ウミネコのイラスト

会いやすさ

 

  • ウミネコもカモメに似た鳥で白い鳥です。
  • 海に行けば、会いやすい鳥で、一年中日本にいるので、星4つの会いやすさ。
  • カモメとの見分け方は、嘴の先端が黒と赤色をしている点です。

 

コアジサシ

コアジサシのイラスト

会いやすさ

 

  • 夏鳥として繁殖の為に、日本にやってくるコアジサシ。
  • いるところに行けば、その季節の間は大体そこに留まっているので、会いやすさは星3つです。
  • 顔は黒いですが、全体的に白色で、空を飛ぶ姿も綺麗な、空に映える鳥です。

 

ハクチョウ

オオハクチョウのイラスト

会いやすさ

 

  • ハクチョウにもコハクチョウやコブハクチョウ、オオハクチョウなどの種類がいて、いずれも白い鳥です。(イラストは、オオハクチョウ)
  • コハクチョウやオオハクチョウなど区別せずに、まとめてハクチョウのどれかに会うとなったら、
  • いる場所に行けば会える鳥なので、星3つの会いやすさの鳥です。

 

アホウドリ

アホウドリのイラスト

会いやすさ

 

  • 日本のアホウドリは、伊豆諸島の鳥島と沖縄の尖閣諸島の一部の2か所のみに生息していて、
  • どちらも離島すぎ!
  • 会うのは、ちょっと難しい日本の白い鳥です…

 

コウノトリ

コウノトリのイラスト

会いやすさ

 

  • コウノトリの郷公園に行けば、確実に会えるけど、
  • 完全に野外で会おうと思ったら、星1つくらいの遭遇確率。
  • 日本の鳥と言いたいけれど、日本で繁殖していたコウノトリのグループは絶滅しています。

 

ヤマセミ

ヤマセミのイラスト

会いやすさ

 

  • 山地の渓流にすんでいるので、会うのが難しい鳥。
  • 渓流釣りなどが出来る限られた環境にしかいないかと思いきや、ダム湖にもいたりするので、
  • 会える場所さえわかれば、会えるのかな?
  • それでも身近な鳥ではない+限られた環境にしかいないという事で、星2つの会いやすさ。

 

スポンサーリンク

日本で会える白い鳥20選まとめ

以上が、日本で会える白い鳥20選でした。

 

身近な鳥から、なかなか会えない鳥まで・・・
日本でも数多くの白い鳥に会えるんですね。

 

白い鳥で一斉を風靡したのは「エナガ」の亜種で北海道に生息している「シマエナガ」です。
白い顔に小さなクチバシ、円らな目が絶妙な位置にあって、その愛らしさに悶絶する人が続出したとか・・・

 

 

そんなシマエナガは写真集も出ていまして、その愛らしさに人気が集まっています。

 

おざぽん
ご覧いただき、ありがとうございました!

 

世界の鳥達も見たくなったら、動物ドキュメンタリーを見るという選択肢もあります。

【世界中の動物に会えるワクワク体験】簡単に会える‼︎動物ドキュメンタリーが見れるビデオ•オン•デマンドサービス3選

野鳥好きなら一度は購読して欲しい雑誌「BIRDER」

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」

「BIRDER」は、日本で唯一のバードウォッチング雑誌です!

 

「BIRDER」の特徴はこんな感じ。

  1. 見て楽しい
  2. 読んで学ぶ
  3. 鳥を知れる

「BIRDER」は見て楽しい!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、プロレベルの美しい野鳥写真がたくさん掲載されていて、見ているだけで楽しい雑誌です。

  • 芸術的な写真
  • 思わずクスッとする写真
  • 決定的な瞬間を捉えた写真

ありとあらゆる野鳥写真が読む人を楽しませてくれます!

おざぽん
ここにその写真を掲載できないのが心苦しいですが・・・本当に凄い写真がいっぱいで、見ていて楽しい雑誌になっています!

「BIRDER」は読んで学ぶ!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、毎月「鳥」に関する情報がたくさん掲載されています。

  • 初心者向けの鳥情報
  • 専門的な鳥知識
  • マニアックすぎる鳥ビア

毎月、新しい「鳥情報」を学ぶことができる「BIRDER」はもはや雑誌ではなく、鳥を学ぶテキストのようです。

 

おざぽん
新しい鳥情報は、鳥を見るのを、もっと楽しくしてくれます!

「BIRDER」は鳥を知れる!

当たり前かもしれませんが、日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」を読めば、鳥を知る事ができます。

  • 特集で、1つの種を知れる
  • 鳥情報を更新できる
  • たまに海外の鳥情報も

「BIRDER」では定期的に特定の種だけを扱った特集が組まれています。

「ツバメ」「ワシ・タカ」「カラス」など、それはもう色々です。

 

おざぽん
最新の鳥情報をキャッチするには、「BIRDER」はぜひ読んでおきたい雑誌になっています!

「BIRDER」のおすすめ購読方法

僕がおすすめする「BIRDER」の購読方法ですが、

 

おざぽん
とりあえず1年購読してみましょう

 

です。

 

「BIRDER」を1年間購読する理由

「BIRDER」を1年購読するだけで、野鳥の事がある程度わかるようになるからです。

 

1年後は・・・

  • 気に入れば、そのまま購読
  • 興味のある特集の時だけ購読

のどちらかに切り替えればいいですね。

 

「BIRDER」には2つの購読タイプがあります

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、2つの購読タイプから購入できます

  1. 紙版:雑誌が毎月送られてくる(定期購読中はデジタル版も利用可能)
  2. デジタル版:紙版より安い(著作権などの都合で掲載されない記事や写真がある場合もある)

 

おざぽん

紙版なら1,100円(税込)+送料20円

デジタル版なら880円(税込)で購読できます。

 

支払い方法は、

  1. 紙版:月額払い・6ヶ月・12ヶ月
  2. デジタル版:月額払い・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月

で選ぶ事ができます。

おざぽん
月額払いだと停止するまで、毎月「BIRDER」が送られてきて、商品代金が自動引き落としされます。

 

 

「BIRDER」の購読料金一覧

 

購読方法月額払い3ヶ月6ヶ月12ヶ月
紙版+デジタル版1100円(税込)+送料20円サービスなし6,720円(税込)13,440円(税込)
デジタル版のみ880円(税込)2,640円(税込)5,280円(税込)10,560円(税込)

 

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」で、鳥を知ろう

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、

 

  • 鳥に興味が出てきた
  • 野鳥写真を撮っている
  • 鳥の事を詳しく知りたい

 

そんなすべての野鳥好きにおすすめできる「初心者~専門家」まで幅広く受け入れてくれる雑誌になっています。

もっと鳥の事を知ってみたいと思ったら、ぜひ「BIRDER」を読んでみてください。