エナガってどんな鳥?尾羽の長いかわいい小鳥!

エナガはスズメ目エナガ科に分類される鳥類で、全長は14cmほど。
尾の長さが7cmほどあり、小さくまんまるとした体に長い尾羽がピンっと生えている姿がとても印象的な鳥です。

 

「日本でいちばん小さい鳥ランキング」では1、2を争う小ささを持つエナガ。

 

この記事では「エナガってどんな鳥?」をテーマに、エナガ情報をまとめています!
観察写真多めでお届けしますので、写真を見るだけでもエナガの事がわかるかも。

スポンサーリンク

エナガってどんな鳥?

エナガのアップの写真

「エナガ」ってこんな鳥①
外見
  • 白い体に眉から後頭部にかけて黒い羽
  • 肩とお尻はほんのりピンク色
  • 成長は目の周りが黄色く、ひなは赤い
会える季節1年中
会える場所林•公園
会える地域九州以北(北海道には亜種のシマエナガが生息)
サイズ14cm
食べ物昆虫類•クモ•木の実•種子•樹液など
鳴き声「チュリリ」
「ジュリリ」

エナガの巣立ちひなの写真

「エナガ」ってこんな鳥②
オスとメス同じ見た目
パートナー2月頃から、つがいだけでも行動するようになる
別名「柄長柄杓(えながひしゃく)」「尾長柄杓(おながひしゃく)」
「柄柄杓(えびしゃく)」「柄長鳥(えながどり)」
名前の由来長い尾羽を「柄の長い柄杓」に例えた事に由来する
行動木々の間を素早く移動する
活動子育ての早い鳥として知られていて、2月頃から巣作りを始める
子育て
  • 木の枝に苔を集めた球形の巣を作る
  • 3月〜6月に、7〜12個の卵を産み、メスが温める
  • 約13日でひなが孵化し、16日ほどで巣立ちを迎える
  • 巣立ち後は別の家族と集まり、群れで行動する

 

スポンサーリンク

エナガの小ささは日本一?

近くで活動していたエナガの写真

エナガは尾羽が7cmで、体の大きさが7cmほど、体重は8グラム程度のとても小さな鳥です。
その小ささは「日本でいちばん小さい鳥ランキング」でも堂々の2位を獲得しています!

 

ちなみに、日本でいちばん小さい鳥は「キクイタダキ」という鳥です。

枝に飛び移ったエナガの写真

さらに、エナガはもう一つ小さいものを持っているんです。

エナガの持つもう一つの小ささ
エナガは日本で最もくちばしが短い鳥と言われています。
エナガの小さなくちばしは、枝に産み付けられた虫の卵など、小さなものを食べるのに適しています。
小さいものを食べるから、早食いができ、それでエナガはいつも忙しなく動いているように見えるんですね。
スポンサーリンク

凄いぞ!エナガ豆知識!

振り返るエナガの写真

ここではエナガの凄い豆知識3つをお伝えしています!

エナガの凄い豆知識3つ

子育てにヘルパー制度を導入!
エナガは繁殖期でも群れて、子育ての際はつがい以外の鳥もひなに食べ物を与える事で知られています。
ヘルパーに参加する鳥は、繁殖に失敗したオスが多いと言われていて、次の繁殖に向けて経験を積むメリットもあるようです。
匠の技が光る巣作り!
なんという事でしょう。巣の外側はウメノキゴケをクモの糸で縫い付け、自然の中に溶け込むようにしているではありませんか。
さらに巣の中には羽を敷き詰め、生まれてくるひな達への気遣いが随所で感じられます。
エナガの巣は他の鳥に比べて随分と凝った作りをしているんです!
尾羽が曲がったエナガ!?
エナガを観察していると、尾羽がカールしているエナガを見かけていました。
天敵にやられてたのかな?と思っていたのですが、これ実は「母の愛情の証」だったんです。
と言うのも、狭い巣の中で卵を温め続けるので、尾羽が曲がってしまうそうなんです!
そして、卵を温めるのはメスだけと言われているので…この時期はエナガのオスメスの見た目の区別ができるんですね。

尾羽の曲がったエナガ

尾羽の曲がったエナガの写真

エナガのメスは、狭い巣の中で卵を温め続けるので、尾羽が曲がってしまうとお伝えしました。
1枚だけ尾羽が曲がったエナガの写真があったので、シェアさせてください。

悲惨な事を想像してたので、これが卵を温めた事が原因だと知って、エナガの献身さに感嘆しました。

エナガの子育て動画

エナガの観察記録

枯草に捕まり、宙ぶらりんなエナガの写真

エナガを観察していると、本当にすばしっこくて、ゆっくり観察するのが難しいです。
枝から枝へ、枯草から枯草へ、曲芸師のような身のこなしは見ていて楽しいですが、あっという間にいなくなってしまうのが名残惜しいです。

エナガの巣立ちひなの写真

関西では、4月22日あたりから巣立ちひなを連れたエナガの群れが見られるようになり、散歩しているとエナガの群れの賑やかな声が聞こえてきます。

巣立ちひなを連れた群れは「チュリリ」「ジュリリ」としきりに会話しているので、巣立ちの時期になれば目立って観察しやすいと思います!

空の様子を伺うエナガの写真

エナガはあっという間に移動しちゃうので、なかなかゆっくり観察できませんが、エナガの鳴き声に包まれた空間は癒しスポット間違いなしですよ!

エナガ団子の写真

2021年5月4日、エナガのひな達が身を寄せ合う「エナガ団子」を観察する事ができました!

エナガ団子に会えた経験を元に「エナガ団子の見つけ方」という記事も作成してみました!

エナガってどんな鳥まとめ

エナガのおしりの写真

以上、エナガってどんな鳥でした!

 

北海道にはシマエナガという亜種がいて、そちらは顔の黒い羽がなく、白い妖精のような姿をしています。

エナガも人気のある鳥ですが、シマエナガの愛らしさはエナガの持つそれとは全く違うものだと思います。

 

姿の愛らしさはもちろん、母の愛、習性、亜種の存在…
色々な面で楽しませてくれるエナガ。

 

エナガは身近な鳥なので、ぜひ外出の際はエナガを探してみてください!
エナガとの素敵な出会いがありますように。

ご覧いただき、ありがとうございました!

Twitterでフォローしよう