トコトコ歩くハクセキレイってどんな鳥?

ハクセキレイは、スズメ目セキレイ科に分類される鳥で、体長は21cmほど。

街中でもトコトコ歩く姿を見かける、まさにシティバードと言える鳥です。

さらにハクセキレイは、世界中にも広く分布している適応力の高いたくましい鳥なんです!

ハクセキレイはたくましさがありながら、お尻を振りながらトコトコ歩く姿で見る人をキュンとさせる愛らしさも持ち合わせています!

今回は「トコトコ歩くハクセキレイってどんな鳥」をテーマに、ハクセキレイ情報を簡単にまとめました!

スポンサーリンク

ハクセキレイってどんな鳥?

グラウンドを歩くハクセキレイの写真

「ハクセキレイ」ってこんな鳥①
外見ハクセキレイの羽色はバリエーションがあるので、別項目で解説します!
会える季節1年中
会える場所水辺、農耕地、市街地
会える地域日本全国
サイズ21cm
食べ物昆虫、くも、ミミズなど
鳴き声「チュチュン、チュチュン」
「チチン、チチン(飛翔時)」
「チュイチー、チュイリー(さえずり)」

川に佇むハクセキレイのメスの写真

「ハクセキレイ」ってこんな鳥②
オスとメスオスとメスで見た目が少し違う
パートナー一夫一妻
別名オシエドリ「腰を振って男と女の結ばれ方を教えた鳥とされる事から」
名前の由来
  • 顔が白いセキレイだから
  • 鶺鴒は「背筋が清冷な鳥」という意味
行動お尻を振りながら、よく歩く
活動
  • 繁殖期になわばりを作る
  • 秋冬は単独行動、夜になると駅ビルや街路樹などで群れて眠る
子育て
  • 地上のくぼみや石の間などに、枯草や葉•根などでオスとメスが共同でお椀形の巣を作り、4〜5個の卵を産む
  • 卵はオスとメスで交代で温め、夜はメスのみが卵を温める
  • 卵を温めて約12日で雛が孵化し、その後15日くらいで巣立つ

 

スポンサーリンク

ハクセキレイの見た目

川で食べ物を探すハクセキレイのオスの写真

草むらを歩くハクセキレイのメスの写真

初めて冬を迎えたハクセキレイの若鳥の写真

ハクセキレイの季節ごとの羽色まとめ
夏羽冬羽
オス
  • 頭:黒い
  • 胸:黒く幅の広い丸みのある形
  • 翼:黒い
  • 頭:黒い
  • 胸:黒く幅が狭い
  • 翼:黒〜灰色まで個体差が大きい
メス
  • 頭:黒い
  • 胸:黒に少し灰色、幅はオスより狭い
  • 翼:灰色に少し黒が混じる
  • 頭:灰色
  • 胸:黒くオスより幅が狭い
  • 翼:灰色
若鳥
  • 頭:灰色、冬羽は顔が黄色っぽい個体が多い
  • 胸:黒く細い
  • 翼:灰色

図鑑に書いてある情報を簡単にまとめて、写真を見返してみましたが、写真で見てもハクセキレイのオスメスの判断は難しい!

一応、画像にはオスかメスかを記載しましたが、間違えている可能性もあるので、ご注意ください!

スポンサーリンク

ハクセキレイのさえずり動画

ハクセキレイのさえずりは特徴的な感じはしませんが、水辺の景色に合っていて、聞いていて心地いいですね。

ハクセキレイの求愛ダンス動画

僕も10年くらい鳥を見てきてますが、ハクセキレイの求愛ダンスの瞬間には立ち会った事がありません。

いつかは現場に居合わせたいものですね。

ハクセキレイの雛の写真

ハクセキレイの親鳥と雛の写真

2020年6月10日、ハクセキレイの巣立ち雛と親鳥が一緒にいるのを見つけました!

ハクセキレイの雛の写真

ハクセキレイの雛は、セグロセキレイの雛だと思ってしまいますね。

なんでかな…と考えると、ハクセキレイの特徴である白い顔と目元にある黒い1本線がないからですね!

水浴びするハクセキレイの雛の写真

ハクセキレイの巣立ち雛は、時折水浴びをしつつ、

親鳥が来ると、鳴き声を出して食べ物をもらっていました!

ハクセキレイに似た鳥

セグロセキレイ

ハクセキレイに似た鳥セグロセキレイの写真

セグロセキレイはスズメ目セキレイ科に分類される鳥で、サイズは21cmほどです。

ハクセキレイと同じ場所で見かける事も多く、色合いも黒と白のツーカラーなので、野外で見分けるのは少し難しいです。

ハクセキレイとはここが違う

ハクセキレイは、顔真っ白、目元に黒線
セグロセキレイは、顔が真っ黒、眉毛に白線

キセキレイ

ハクセキレイに似た鳥キセキレイの写真

キセキレイはスズメ目セキレイ科に分類される鳥で、体長は20cm。シルエットもハクセキレイそっくりです。

ですが、キセキレイと名前がつくように、お腹が黄色く見た目でハクセキレイとは違う事がわかります。

ビンズイ

ハクセキレイに似た鳥ビンズイの写真

ビンズイはスズメ目セキレイ科のハクセキレイと同じ分類の鳥で、体長は16cmほどです。

ハクセキレイとここが違う

ハクセキレイやセグロセキレイと違って、林の近くで活動しています。

ビンズイによく似た鳥に「タヒバリ」という鳥がいて、こちらはハクセキレイやセグロセキレイと同じような環境で活動します。

シベリアハクセキレイ

ハクセキレイに似た鳥シベリアハクセキレイの写真

ハクセキレイの亜種には、目元の黒い線がない「ホオジロハクセキレイ」と「シベリアハクセキレイ」がいます。

ホオジロハクセキレイは翼の部分が黒いと図鑑にあったので、上の写真はシベリアハクセキレイだと思うんですが、もしかしたら違うかもしれません。

覚えておきたいハクセキレイ情報

ハクセキレイには、目元の黒い線がない亜種がいる!

ハクセキレイってどんな鳥まとめ

冬の畦道で見たハクセキレイのオスの写真

ハクセキレイは公園の芝生でもよく見かける事から、小さな子供達も興味を持って追いかけ回しています。

 

そんな時、子供達に「あの鳥はハクセキレイって言うんだよ」って教えてあげられたら素敵じゃないですか?(僕が教えたら不審者になっちゃうので、教えるのは親御さんですよ)

探さなくても会えるハクセキレイだからこそ「鳥さん」で終わってしまうのは寂しいかなと思うんです。

 

それでは、あなたにハクセキレイとの素敵な出会いがありますように!

ご覧いただきありがとうございました!

Twitterでフォローしよう