バードウォッチングにオススメの8倍の双眼鏡5選

双眼鏡に悩む人

バードウォッチングにオススメの双眼鏡を知りたい

 

どんな基準で選んだらいいの?

 

あまり予算がなくても、大丈夫な双眼鏡はあるの?

 

野鳥を見る為の双眼鏡の選び方として、一般的に考えられている基準をまとめていますので、参考にしてみてください。

双眼鏡を選ぶ判断基準
倍率8倍か10倍がいい
口径(対物レンズ有効径)20〜50mmがいい
視野6〜9°がいい
ひとみ径7mmに近い方が明るい(3〜5mmあれば薄暗くても大丈夫)
アイレリーフ15mmほどあれば、眼鏡をしてても使える
大きさ長時間の携帯に適しているか
重さ長時間の携帯に適しているか(500gが目安)
防水屋外で使うので、あった方がいい

 

もっと詳しく双眼鏡を選ぶ基準を知りたいなら、【関連記事:バードウォッチング用の双眼鏡を選ぶ基準まとめ】でご覧になれます。

この記事では、野鳥を見る為の双眼鏡選びで大事なポイントを軸に比較したバードウォッチングにオススメの8倍の双眼鏡を5選をまとめています。

 

定番の物から、最低限の価格でもしっかり野鳥が見れる双眼鏡をピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

バードウォッチングにオススメの8倍の双眼鏡5選

スワロフスキー「EL8×32 SWAROVISION」

 

倍率8倍アイレリーフ15mm
口径32mm大きさ13.8×12.6×5.7cm
視野重さ580g
ひとみ径4mm防水あり

おざぽん

バードウォッチャーの憧れとも言われる「スワロフスキーの双眼鏡」を最初に紹介させてください!

 

何の制約もなく双眼鏡が持てるなら、ぜひ持っておきたい双眼鏡になりますが…お値段はびっくりするような価格です。

 

スワロフスキーの双眼鏡を持っている人が言うには、「何年も双眼鏡を使っていれば、その凄さを実感できると思うけど、双眼鏡を初めて買う人が持っても、その凄さが伝わるかはわからない」という逸品だそうです。

 

ですが、その性能は値段に見合う素晴らしい物と言われています。

 

いつかは持ちたい双眼鏡…それがスワロフスキーの双眼鏡です。

 

 

ニコン「プロスタッフ 7S 8×30」

 

倍率8倍アイレリーフ15.4mm
口径30mm大きさ12.3×11.9×4.9cm
視野6.5°重さ415g
ひとみ径3.8mm防水あり

おざぽん

「プロスタッフ7S」は、次に紹介する「モナーク7」と似たようなスペックですが、お値段が倍くらい違う双眼鏡になっています。

 

モナーク7は日本野鳥の会もオススメする双眼鏡で、プロスタッフ7Sは野鳥観察には使えないのか?というと、Nikonの公式サイトでも用途として野鳥観察が挙げられているので、何ら問題のない双眼鏡です。

 

それでは、プロスタッフ7Sとモナーク7で、大きく何が違うのかと言うと「視野6.5°と視野8.3°」の点となります。

 

モナーク7の方が広く見る事ができるわけですが、広く見えれば双眼鏡を覗きながら、野鳥を発見しやすいという利点があります。

ですが、プロスタッフ7Sを使っている人が、「野鳥が見えなくて使えない!」と言っているわけではなく、多くの方が満足して使っている点も押さえておきたいです。

 

他の違いは、モナーク7の方が双眼鏡の画質がいいと言う点があります。

 

そんな違いがあって、プロスタッフ7Sとモナーク7では、価格が倍近く違います。

 

 

ニコン「MONARCH 7 8×30」

 

倍率8倍アイレリーフ15.1mm
口径30mm大きさ17×16.8×8.4cm
視野8.3°重さ435g
ひとみ径3.8mm防水あり

おざぽん

日本野鳥の会も薦める携帯性も性能もバッチリな入門モデルです。

 

口径が30mmと小さすぎず大きすぎずな大きさで、見え味もバッチリ。

さらに携帯性が失われるだろうと言われる500gを下回っている軽い双眼鏡。

 

バードウォッチングの定番の双眼鏡として、多くの方が持っている双眼鏡です。

 

予算に余裕があれば、「モナーク7 8×30」を持っていれば、間違いはないだろうってくらい色んな人がオススメしています。

 

 

ペンタックス「8×21 タンクローR」

 

倍率8倍アイレリーフ13mm
口径21mm大きさ11×8.3×4.8cm
視野6.2°重さ210g
ひとみ径2.6mm防水なし

おざぽん

今回、紹介する双眼鏡の中では、もっとも安い双眼鏡です。

 

僕もバードウォッチングを始めたばかりの頃に、このタンクローを購入しました。

 

買った当時は、「野鳥の姿が大きく見える〜」と感動したものですが…
身長163cmの手が大きい成人男性(僕)には、ちょっと小さくて使いにくさが目立つようになりました。

 

それに僕は眼鏡をしているので、アイレリーフ13mmはちょっと足りない…(とは言っても、眼鏡をしながら使えない事はないので、なんだかんだずっと使ってます。)

 

あと、「防水性」がないのも要注意です。

 

見え味はかなりクリアで問題なく野鳥の姿を観察できます。
逆に、これよりよく見えるってどんな感じなんだろうってくらいです。

 

双眼鏡にいきなり1万円以上も出せないって方に、お試し双眼鏡としてオススメできます。

 

小さくて軽いので、女性や子供にもオススメです。

 

安価なバードウォッチング用の双眼鏡としては、とても優秀なので、「小さい•軽い•安い」を重視するなら、僕はタンクローをオススメしています。

 

バードウォッチングに付き合ってもらった友達も「おぉ‼︎よく見える」って言ってました。

 

 

オリンパス「8×25 WP Ⅱ 」

 

倍率8倍アイレリーフ15mm
口径25mm大きさ11.5×11.4×4.5cm
視野6.2°重さ260g
ひとみ径3.1mm防水あり

おざぽん

タンクローよりも少し大きいサイズ感の双眼鏡です。

 

それでも小型な双眼鏡で、重さも260gと軽い部類。
さらに「防水性」もあって、屋外の仕様も安心です。

 

「小型•軽量、アイレリーフ15mm(眼鏡をかけて使用できる)、防水」の3点が譲れない人には、こちらの双眼鏡がオススメです。

 

価格も1万円以下なので、双眼鏡の中ではお手頃なのもポイントです。

 

スポンサーリンク

まとめ

バードウォッチングにオススメの8倍の双眼鏡5選として、

  1. スワロフスキー「EL8×32 SWAROVISION」
  2. ニコン「プロスタッフ7S」8×30」
  3. ニコン「MONARCH 7 8×30
  4. ペンタックス「8×21 タンクローR」
  5. オリンパス「8×25 WP Ⅱ

を紹介しました。

 

一番安価なペンタックス「8×21 タンクローR」でも、野鳥の姿はかなりハッキリ見えます。

なので、ご予算に合わせて双眼鏡を選んで、バードウォッチングを楽しんでください。

 

双眼鏡があるだけで、野鳥達の距離がグッと縮まる事、間違いなしです

 

おざぽん
ご覧いただき、ありがとうございました!
野鳥好きなら一度は購読して欲しい雑誌「BIRDER」

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」

「BIRDER」は、日本で唯一のバードウォッチング雑誌です!

 

「BIRDER」の特徴はこんな感じ。

  1. 見て楽しい
  2. 読んで学ぶ
  3. 鳥を知れる

「BIRDER」は見て楽しい!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、プロレベルの美しい野鳥写真がたくさん掲載されていて、見ているだけで楽しい雑誌です。

  • 芸術的な写真
  • 思わずクスッとする写真
  • 決定的な瞬間を捉えた写真

ありとあらゆる野鳥写真が読む人を楽しませてくれます!

おざぽん
ここにその写真を掲載できないのが心苦しいですが・・・本当に凄い写真がいっぱいで、見ていて楽しい雑誌になっています!

「BIRDER」は読んで学ぶ!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、毎月「鳥」に関する情報がたくさん掲載されています。

  • 初心者向けの鳥情報
  • 専門的な鳥知識
  • マニアックすぎる鳥ビア

毎月、新しい「鳥情報」を学ぶことができる「BIRDER」はもはや雑誌ではなく、鳥を学ぶテキストのようです。

 

おざぽん
新しい鳥情報は、鳥を見るのを、もっと楽しくしてくれます!

「BIRDER」は鳥を知れる!

当たり前かもしれませんが、日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」を読めば、鳥を知る事ができます。

  • 特集で、1つの種を知れる
  • 鳥情報を更新できる
  • たまに海外の鳥情報も

「BIRDER」では定期的に特定の種だけを扱った特集が組まれています。

「ツバメ」「ワシ・タカ」「カラス」など、それはもう色々です。

 

おざぽん
最新の鳥情報をキャッチするには、「BIRDER」はぜひ読んでおきたい雑誌になっています!

「BIRDER」のおすすめ購読方法

僕がおすすめする「BIRDER」の購読方法ですが、

 

おざぽん
とりあえず1年購読してみましょう

 

です。

 

「BIRDER」を1年間購読する理由

「BIRDER」を1年購読するだけで、野鳥の事がある程度わかるようになるからです。

 

1年後は・・・

  • 気に入れば、そのまま購読
  • 興味のある特集の時だけ購読

のどちらかに切り替えればいいですね。

 

「BIRDER」には2つの購読タイプがあります

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、2つの購読タイプから購入できます

  1. 紙版:雑誌が毎月送られてくる(定期購読中はデジタル版も利用可能)
  2. デジタル版:紙版より安い(著作権などの都合で掲載されない記事や写真がある場合もある)

 

おざぽん

紙版なら1,100円(税込)+送料20円

デジタル版なら880円(税込)で購読できます。

 

支払い方法は、

  1. 紙版:月額払い・6ヶ月・12ヶ月
  2. デジタル版:月額払い・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月

で選ぶ事ができます。

おざぽん
月額払いだと停止するまで、毎月「BIRDER」が送られてきて、商品代金が自動引き落としされます。

 

 

「BIRDER」の購読料金一覧

 

購読方法月額払い3ヶ月6ヶ月12ヶ月
紙版+デジタル版1100円(税込)+送料20円サービスなし6,720円(税込)13,440円(税込)
デジタル版のみ880円(税込)2,640円(税込)5,280円(税込)10,560円(税込)

 

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」で、鳥を知ろう

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、

 

  • 鳥に興味が出てきた
  • 野鳥写真を撮っている
  • 鳥の事を詳しく知りたい

 

そんなすべての野鳥好きにおすすめできる「初心者~専門家」まで幅広く受け入れてくれる雑誌になっています。

もっと鳥の事を知ってみたいと思ったら、ぜひ「BIRDER」を購読してみてください。

 

読む前と後では、鳥に対する知識がまったく違ったものになるはずです。

まずは、1年間の定期購読がおすすめです。