エクリプス羽とは

エクリプス羽とは
カモの雄は、繁殖が終わってつがい形成の時までの8月〜10月に雌と同じような地味な色になる。これをエクリプス羽という。体の色では雌とまったく区別がつかない場合もあるが、嘴の色や翼のパターンは生殖羽と同じで雌と違う。(フィールドガイド日本の野鳥より)

 

日本にやってきたばかりのカモは、

秋に日本にやってきたばかりのカモのオスは、エクリプス羽の姿で、メスと似ています。

その後、日本で繁殖羽(夏羽)に換羽し、オスとメスで違う姿のカモになります。

野鳥用語辞典一覧表

Twitterでフォローしよう