早成性とは

早成性とは
孵った時に綿羽に覆われていて、目は開き、間もなく歩くことのできるひなをいう。チドリやキジなど。(フィールドガイド日本の野鳥より)

 

よくテレビで話題になる

よくテレビで話題になるカルガモのひなも、卵から孵ってすぐに歩く事ができる早成性の雛です。
スポンサーリンク

早成性のメリット•デメリット

メリット

  • ある程度成長した状態で生まれてくるので、トータルで親の負担が減る
  • 自分で動けるので、捕食者から逃れやすくなる

デメリット

  • 卵が大きくなりがちなので、親鳥に必要な栄養が多い
  • 抱卵する期間が長くなりがち
  • ひなの成長速度が遅い
野鳥用語辞典一覧表

Twitterでフォローしよう