綿羽(めんう)とは

綿羽とは
羽軸の構造をほとんど持たない羽毛のこと。保温性に優れ、ひなの羽や鳥の下羽として生えている。特に水鳥に多い。ダウンのこと。

特に、ひなの綿羽を「幼綿羽」と言う。第1回幼綿羽、第2回幼綿羽を経て、飛ぶ為の羽「正羽」になる。(最初に生える正羽を「幼羽」と言う。)

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
コメントを残す

CAPTCHA


野鳥用語辞典一覧表

Twitterでフォローしよう