夏の川に黒いかたまりが…びっしり寄り添うそれは…鳥!?

2021年7月21日、セミが本格的に鳴き始め、空が青く輝く夏の川!

夏の川

公園の中学生達は「日差しが当たったら、めっちゃやばい!」と、若さも暑さには敵わないようです。

それでもドッジボールをしようとしてたんだから、元気なんですね。

僕も負けじと、夏の日差しの下で鳥探し!

近くの川を自転車で颯爽と走りながら、

「何かいないかなぁ〜」「何かいないかなぁ〜」と探していました。

夏の川に、突如現れる黒いかたまり

カワウの群れ

鳥がいきなり現れてもいいように、颯爽とゆーっくり走っていると、遠くに黒いかたまりが見えてきました。

なんだなんだと思っていると、黒いかたまりは、なんとカワウの大群!

 

うぉぉぉぉ!!紅白歌合戦の得点カウントをする野鳥の会のごとく、数を数えるぞー!!!

1、2、3、4、5、6、7・・・

上の画像で写っているだけで、なんと32羽のカワウがいました!

夏のカワウは、こんなに大群になるんですね!

カワウの大群

カワウの大群

カワウの画像をよーく見ると、お腹や首が白い子がちらほら…

今年生まれた子供達のようです!

もうパッと見、大人にしか見えない大きさです。

カワウの群れ拡大画像

ん〜!!

ちょっと距離が遠すぎる!なんとか近寄れないかな…と

階段を降りて川岸に…

そーっと、そーっと…

刈っても刈っても、生えてくる雑草達よ!オラの姿を消してくれ!!とにじりよる僕!

「あっ!」

飛ぶカワウの群れ

あ〜…

飛んでいってしまった。

飛んだら飛んだで、飛ぶ瞬間を収めれたらいいな!と思っていたのに…

慌ててしまって、かろうじて後ろ姿だけ…

草陰に隠れていたのに…さすが野生動物の感覚です。僕がカワウを見つけていたら、カワウも僕をしっかり見ているんですね…

そんなわけで、夏の川では、今年生まれた子供達が群れを作っていました!

この中に親鳥がいたかどうかは、ゆっくり観察できずにいたのでわかりませんが…

写真の個体を見る限り、全身が黒い個体もいるようなので、親鳥も一緒の群れだと思います。

スポンサーリンク

最後に、カワウの不思議

公園の池にいたカワウ2羽

今回観察した夏の川では、カワウの子供たちを連れた32羽以上の大群が見られました。

ですが、ところ変わって近くの公園の池では、大人のカワウが2羽しかいません。

この公園の池のカワウは、たまに4羽で見られるので、多分子供がいるのだと思うのですが…

 

群れになるカワウがいる一方で、群れにならないカワウがいるんですね。

それとも、子供達がもう少し成長したら、群れに混じるんでしょうか?

 

そんなわけで7月21日の夏。

カワウは大群で見れたり、雛を連れた4羽程度で見れたりと、場所によって数が違うという不思議でした。

>>>カワウについてのデータベースはこちら

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう