アオアシシギ

「アオアシシギの生態は?どんな鳥なの?」

アオアシシギ(チドリ目シギ科)は、春や秋の渡りの時期に、日本で見られる旅鳥です。
水田や干潟、入江に飛来し、ミミズなどを食べて過ごした後、繁殖地や越冬地へ移動します。

 

アオアシシギの生態まとめ表

田んぼに現れたアオアシシギ

アオアシシギの特徴や基本情報
分類動物界/脊索動物門/脊椎動物亜門/鳥綱/チドリ目/シギ科/クサシギ属
特徴くちばしが少し上に反り、足は長く、緑灰色。また足が黄色味を帯びている個体もいる

夏羽
夏羽では、頭上に灰色で黒い縦斑があり、体の上面は灰色で黒い軸斑と白い羽縁がある。また下背、腰、上尾筒は白く、尾は白地にわずかに黒褐色の横斑がある。翼の上面には白帯は見られず、顔から首は白地に黒の縦斑、胸から脇にかけて黒の斑紋が連なっている。お腹は白い

冬羽
冬羽は、体の上面が灰色で白い羽縁とその内側に黒線があり、下面は白く胸側にわすかに褐色斑がある

幼鳥
幼鳥は冬羽に似るが、上面には白い羽縁だけがあり、黒線が見られない。足が黄色い。秋の渡りの時期に見られる事がある

会える季節春(4〜5月)と秋(6月下旬〜9月)の渡りの時期に日本で見られる(旅鳥)
会える場所水田、干潟、河川、湖沼、入り江などの湿地に飛来し、淡水域を好む
会える地域日本全国で見られ、沖縄では越冬する個体もいる

アオアシシギの繁殖地
ユーラシア大陸で広く繁殖する。フィンランドでは50,000〜70,000のペアが繁殖していると考えられている

アオアシシギの越冬地
アフリカ、インド、東南アジア、オーストラリア

名前
  • 漢字:青足鷸
  • 英語名:Greenshank
  • 学名:Tringa nebularia
名前の由来
  • 日本語名「アオアシシギ」は「足が青いシギ」から。アオアシシギの足は緑みのある灰色だか「アオ」は昔は「緑」を意味していた(例:青梅など)
  • 「シギ」は「騒ぎ(さやぎ)」を意味していて、羽音に由来すると言われている。また「繁(しげ)」が転じた説や「嘴長(ハシナガキ)」を意味する説などがある
  • 英語名「Greenshank」は緑のすね(脛)という、アオアシシギの見た目を表した意味
  • 学名の「Tringa」は「三グループのシギの属(クサシギ)」を、「nebularia」は「霧」を意味する(霧のクサシギ)
サイズ/体重32〜35cm/155〜210g
食べ物ミミズ、カタツムリ、魚など。くちばしを水中に突っ込んで、食べ物を探します

ミミズを見つけたアオアシシギ

アオアシシギの生態や子育てについて
鳴き声「キョーキョー」または「チョーチョーチョー」と口笛のような声で鳴く。また「ケェー」という鳴き声も出す
寿命8〜10年と言われているが、詳しくは不明
オスとメス同じ見た目なので、外見からの判断は難しい
歩き方足を交互に出して歩く。またフラミンゴのように片足立ちで休む
似た鳥カラフトアオアシシギ(外部サイト)」
性格活発に動く様子がよく見られ、水田では比較的近くで観察できる事もあるが、大体は水田の真ん中ほどにいる
行動多くは、淡水域で活動し、湿地帯の近くの乾燥した地面で繁殖する
子育て
  • 5月頃に、地上に窪みを作り、地衣類や枝を敷き詰めた巣を作り、4個の卵を産む
  • 卵は22〜25日で孵化し、オスとメスで温める
  • 孵化した雛は早成性で、すぐに巣から離れ巣立ちを迎える
  • 巣立った雛は、25〜26日で飛べるようになる

参考文献

フィールドガイド日本の野鳥/高野伸二 著野鳥観察ハンディ図鑑 水辺の鳥/安西英明 解説/谷口高司 絵NatureGate(海外サイト)」

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう