原っぱから鳴き声がするホオジロの写真

ホオジロ(頬白 Emberiza cioides)は、スズメ目ホオジロ科に分類される全長約16cmの鳥類です。

 

円すい型のくちばしで、草の種子や虫などを食べます。

林の周辺、農耕地、河川敷などのやや開けた環境にすんでいます。(北海道では主に夏鳥で数は少ないです。)

よく草地で採食をしている姿を見る事が出来ます。

スズメより長めの尾で、顔に黒白の模様(メスは黒い部分が褐色です。)

木のこずえなどの目立つところで、細い声で早口にチュッピーチリーチョチーツクなどとさえずります。

 

 

ホオジロのオスとメスを見比べる

ホオジロのオス

ホオジロ♂の写真

ホオジロのオス

ホオジロのオスは・・・

顔の黒と白の模様が特徴的です。

 

ホオジロのメス

ホオジロ♀の写真

ホオジロのメス

 

ホオジロのメスは・・・

オスと違って、黒と白の模様の部分が褪せた感じです。
褐色とベージュみたいな色合いです。

 

スポンサーリンク

ホオジロの基本データ

ホオジロ♂の写真

ホオジロの基本データ

ホオジロ(頬白 Emberiza cioides)は、スズメ目ホオジロ科に分類される全長約16cmの鳥類です。

学名:Emberiza cioides 英名:Meadow Bunting

・円すい型のくちばしで、草の種子や虫などを食べます。
・林の周辺、農耕地、河川敷などのやや開けた環境にすんでいます。(北海道では主に夏鳥で数は少ないです。)
・よく草地で採食をしている姿を見る事が出来ます。
・スズメより長めの尾で、顔に黒白の模様(メスは黒い部分が褐色です。)
・木のこずえなどの目立つところで、細い声で早口にチュッピーチリーチョチーツクなどとさえずります。

 

スポンサーリンク

ホオジロは草地で餌を食べる

ホオジロ♂の写真

草むらが好きなホオジロは、よく草むらで声がします。

藪の中に生えた低木や、木の上にもいたりしますが、近くには草むらがあることがほとんどです。

そこでよく地面をツンツンしているので、草地で餌を食べているのは図鑑の記述通りですね!

 

アスファルトの道にだって出てきます。

ホオジロ♂の写真

アスファルトに出てくるホオジロは、とことこ歩く様子が魅力的です。

 

 

ホオジロは、鳴き声の綺麗な鳥

突然ですが、あなたは日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)を知っていますか?

・ウグイス

・オオルリ

・コマドリ

の3種が、日本三鳴鳥と呼ばれています。

 

ホオジロも負けず劣らずのさえずりを持っているので、日本三鳴鳥に加えて、日本四鳴鳥と呼ぶ事もある・・・

ってどこかで見た気がして、改めて調べてみたんですけど、確認できませんでした・・・

 

でも、そうなんだー!!って凄く納得した記憶だけはあるんですが・・・

 

ホオジロはとても身近な鳥です。
鳥を見ようと思ったら、身近には色んな鳥がいた事に気がつくと思います。
そんな「身近な鳥をまとめた記事」もありますので、近くで鳥を見てみようと思ったら一度目を通してもらえると、鳥と出会った時にすぐにあの鳥だってわかるかもしれません。

 

おざぽん
ご覧いただき、ありがとうございました!
スポンサーリンク
動物好きの為のLINEスタンプ販売中

可愛い動物イラストが、
あなたのLINEをもっと楽しくさせる。
動物好きの為のLINEスタンプ販売中!!

おすすめの記事