スズメサイズの身近なキツツキのこと、知っていますか?【庭に来る鳥】

皆さんは、キツツキを見たことがありますか?

キツツキって森の中にいるイメージで、あまり見る機会がないですよね・・・

でも、キツツキってかなり身近な鳥だったんです!!

 

ちょっと、イメージしている姿とは違うかもしれませんが・・・

 

コゲラといいます。

コゲラの写真

この子が身近にいるキツツキ『コゲラ』です!!

スズメサイズの身近なキツツキなんです。

 

確かにキツツキなのかも知れないけど、イメージと違う・・・

 

木に止まればキツツキ?

コゲラの写真

小さくてもキツツキはキツツキ。

シルエットがキツツキっぽくないですか?

勿論、ちゃんと木を突きます!!

コゲラの写真

こんな小枝も器用に突いています。

コゲラは、サクラの木でよく見かけます。

サクラの木の模様と、羽の段々模様がいい具合に溶け込んで、天敵から見つかりにくいらしいです。

 

コゲラのオスメス

コゲラはオスもメスも同じ姿なので、パッと見で見分けることはできません。

コゲラの写真

ですが、オスには頭の後ろに小さな赤い羽根があります。

写真を見返して、ようやく気づくくらいの小さな特徴です。

 

それにしても、コゲラはマツボックリも突くようです。

 

コゲラの観察ポイント

1.コゲラのファッションチェック

2.木を突く姿と音

3.幹を駆け回る姿

コゲラの写真

1.コゲラのファッションチェック

コゲラは地味な鳥です。

茶・白・黒のファッションで、どこかに差し色が欲しくなる装いです。

オスの後頭部には小さな赤い羽根がありますが、ファッション的に見ると、小さすぎると思うんです!

 

地味な色をしたコゲラですが、羽の模様は凝っていて、そこがコゲラのファッションポイントだと思っています。

それが、木の幹と同化するのに役立っていると思えば、機能性も捨てていないこだわりのファッションだと思わせてくれます。

 

2.木を突く姿と音

スズメサイズといってもやっぱりキツツキ。

しっかりと木を突きます。ぜひその姿を実際に見て欲しいです。

しかも木を突く音、かなりハッキリと大きな音がします。

 

意識しないと、気づかない音かも知れません。

ですが、意識した途端、キツツキが木を突く音があなたの世界に加わって、すぐに気づけるようになるんです。

そしたら、コゲラもすぐに見つかります。

 

後は、「ギィー」という鳴き声が、コゲラを見つける手がかりですね。

 

3.幹を駆け回る姿

コゲラがなぜ木を突くのか?

子育て時期は、巣穴をつくる為。

後は、木の中にいる虫を捕まえる為。

 

だから、木に止まったコゲラは、ぐるりと一回転するように幹をチェックします。

そして、コンコンコンコン!!木を突き始めるんです。

 

木を突く姿を見ると、コゲラはやっぱりキツツキなんだと思います。

 

庭に来る鳥はコゲラでしたか?

コゲラは身近な鳥なので、庭の木にもやってくることがあります。

サクラの木なら、より確率が高いかも・・・

ある昼下がり、庭のほうでコンコンコンコンと音がしたら、コゲラが来ているかもしれませんね。

 

【関連記事】コンコンコンと音がしたけど、コゲラじゃなかったら・・・この鳥じゃないですか?

 

 

コゲラとの思い出

僕の一方的な思い出ですが、コゲラはキツツキなので、子育て時期になると木に穴を開けます。

なので、コゲラの巣がないかどうか一時期探していたことがありまして、見つけたんです。

しかも巣作り真っ最中の木を!!

 

あぁ!!ここでコゲラが子育てするんだ!!と、かなりの頻度で巣の様子を観察していました。

木にできたまあるい穴から、ひょこっと顔を出すコゲラ。

ヒナが生まれているんだと思いました。

 

巣立ちが見れるといいなぁと楽しみにしていたある日。

コゲラの巣穴が縦に裂かれていたんです。

え!?

 

それ以来、その巣穴でコゲラの姿を見かけることはありませんでした。

犯人はわかりませんが、多分カラスの仕業だと思いました。

カラスの事を思えば、カラスも子育ての時期。

 

コゲラの巣穴作りから観察していただけに、その厳しさにショックでしたが、これも自然。

コゲラの巣は木に穴を開けて作る。

だから縦に裂かれた巣穴は、5年経った今でも残っていて、僕の心にも穴を開ける思い出になったのでした。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク