カワセミ

「カワセミの生態は?どんな鳥?」

カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)は、全国の平地から山地の池や湖沼、川などで暮らしています。
水面が覗ける枝や石の上にとまり、魚を狙って急降下し、水中に飛び込みます。

また低空飛翔(ホバリング)を行い、空中から水面に飛び込む事もあります。

カワセミは、飛びながら「チッー」と細く鋭く鳴き、鳴き声は自転車のブレーキがきしむ音と例えられています。

 

カワセミの生態まとめ表

カワセミのオスの画像

カワセミの特徴や基本情報
特徴くちばしが長く、頭から背中までの緑色と背中のコバルトブルー、お腹のオレンジ色がよく目立つ。目の周りにはオレンジと白色の羽がある。足は赤く、小さい
会える季節1年中(北海道では夏鳥)
会える場所平地から山地の池、湖沼、川などで見られ、市街地の川や池などでも会えるようになっている
会える地域日本全国で見られ、多くの方がカワセミをキッカケにバードウォッチングにハマっている
名前
  • 漢字:翡翠
  • 英語名:Common Kingfisher
  • 学名:Alcedo atthis
名前の由来「川にすむセミ」から。

「セミ」は古名の「ソニ」が「ソビ」に転じ、その後「セビ」「セミ」へと変化したとされる。

「ソニ」の「ニ」は土という意味で「ソニ」で青土を意味すると言われるが「ニ(丹)」は赤や赤土を意味した事から「ソニ」はアカショウビンの事という意見もある

サイズ/重さ17cm/30g
食べ物食性調査によると、魚(特にモツゴやオイカワ)、甲殻類(アメリカザリガニなど)、オタマジャクシ、カエル、ヤゴ、トンボなどが確認された

カワセミのメスの画像

カワセミの生態や子育てについて
鳴き声「チィーッ」と鳴く他に「ツッチー、ツー」などと鳴く
寿命2〜10年の生存記録があり、雛から大人になるまでの1年目の死亡率が最も高い
オスとメスほぼ同じ見た目だが、オスのくちばしは真っ黒で、メスは下くちばしがオレンジがかっている
歩き方短い足をちょこちょこ動かし歩く事がある
似た鳥日本ではカワセミに似た鳥はいない
性格非繁殖期はなわばり意識が強く、1羽で行動する
行動繁殖期には、オスがメスに食べ物をプレゼントをする「求愛給餌」が見られる
子育て
  • 4〜9月頃に、土手などに巣穴を掘り、3〜4個の卵を産む
  • 卵は約19日で孵化し、オスとメスで温める
  • 孵化した雛は約23日ほどで巣立つ
  • 巣立った雛は、約4〜5日ほど親鳥から食べ物をもらい、その後、自分で食べ物をとるようになる
  • 雛が自立すると、親鳥は再び産卵を行い、年に2〜3回ほど繁殖する

参考文献

フィールドガイド日本の野鳥/高野伸二 著野鳥観察ハンディ図鑑 水辺の鳥/安西英明 解説/谷口高司 絵バードリサーチニュース2014年11月号

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう