ミソサザイ

「ミソサザイってどんな鳥?」

ミソサザイ(鷦鷯)は、全長10cmほどの小さな鳥で、谷川沿いの林で繁殖します。

地上を隠れるように動き回り、ウグイスのようにやぶの中に隠れていて、なかなか姿を見せてくれません。

たださえずる時は、目立つ場所に止まりがちなので、ミソサザイがさえずる2月頃からはチャンスが多くなるかも!

ミソサザイってどんな鳥?

 

ミソサザイってどんな鳥?
分類動物界/脊索動物門/脊椎動物亜門/鳥綱/スズメ目/ミソサザイ科/ミソサザイ属
英名Eurasian Wren
学名Troglodytes troglodytes

意味穴へもぐる鳥

別名しょうりょう/ささぎ(古名)
生息地九州以北

■国内移動:秋〜春先にかけて、低山や平地のやぶで越冬する

■見られる月:1年中(特に11月〜6月の観察例が多い)

世界分布繁殖地
ヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジア〜ロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、北アメリカ西部および東部

越冬地
北方で繁殖した個体は、南方へ渡る

生態
  • 平地から山地の林で渓流や沢沿いに多い
  • 主に林床や地上近くで生活し、開けた明るいところにはほとんど出ることはない
  • 食べ物は、昆虫類やクモ類など

ミソサザイの動き
尾羽を立てて、腰を左右に振りながら、跳ねるように歩き回る

ミソサザイの特徴
特徴
  • 日本で見られる最小の鳥の1羽(他、キクイタダキ)
  • 全体的に茶色の見た目
  • 短い尾羽をピンっと上に立てていることが多い
鳴き声♪「ピピピ チュイチュイ チヨチヨ チリリリ」といろいろな声を組み合わせてさえずる

♪さえずりの声は小さい体(10cm)のわりに大きい

♪普段は「チッ」とウグイスの地鳴きに似た声で鳴くが、ウグイスの声より高め

♪警戒時は「チュリリリ…」と鳴く

外部鳴き声視聴サイト:さえずりナビーミソサザイ

サイズ全長10cm
オスとメス
  • オスメス同色で、見た目では判別できない
  • 一夫多妻で、オスは営巣のみ
  • メスだけが抱卵•育雛を行う
子育て
  • 5〜6月頃、モミ•スギ•ヒノキなどの梢に小枝•コケ•土などを使って椀形の巣を作る
  • 3〜6個の卵を産み、14〜15日ほどで孵化する
  • ヒナは16〜17日で巣立つ

ミソサザイの繁殖(補足)

ミソサザイの繁殖(補足)
つがい1羽のオスは1〜4羽のメスとつがいになる
行動圏メスの数が多いほど、オスの行動圏は広くなる
オス巣の外側部分だけを2〜4個作る(8個作った例もある)

メス気に入った巣があれば内装を作り、巣を完成させる

求愛オスは外側だけ作った巣の周りで激しくさえずり、メスを呼ぶ
抱卵•育雛メスのみが行う

 

スポンサーリンク

ミソサザイの亜種

1.ミソサザイ(T. t. fumigatus)
北海道から九州に分布

2.モスケミソサザイ(T. t. mosukei)
伊豆諸島中部以南に分布

3.オガワミソサザイ(T.t. ogawae)
屋久島、種子島に分布

4.ダイトウミソサザイ(T. t. orii)
かつて大東諸島に分布(絶滅)

他、海外に分布している多数の亜種が分類されている
外部サイト:wiki-ミソサザイの亜種確認

ミソサザイに似た鳥

ウグイス

生活環境が似ていて、鳴き声も似ている

ミソサザイの鳥見メモ

おさんぽ鳥見編集部

3月、山のある公園にて、ミソサザイに初めて会いました。

 

そこは湿地が近くにあって、伐採した木を積み重ねた場所でした。

 

ウグイスに似た「ジャッ」という鳴き声が聞こえてきて、
意識すると、ウグイスのそれとはちょっと違いました。

 

会えたミソサザイはメスだったのか、なかなかさえずってくれませんでした。

 

さえずってくれれば、ミソサザイがいるかわかりやすいですが、
さえずってくれない時は「ジャッ」という鳴き声がしたら、探してみるとチャンスがあるかもしれません!

おさんぽ鳥見編集部

そんなこんなでなんとか撮影に成功したミソサザイ…

なのに、撮影データを消してしまったようで…

画像を用意できませんでした…うぅ…

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう