ウグイスってどんな鳥?春は告げるけど、姿を見せない鳥!

ウグイスは、スズメ目ウグイス科に分類される鳥類で、全長は15cmほど。

日本三鳴鳥の1種で、春が近づくと「ホーホケキョ」と鳴く、鳴き声の綺麗な鳥です。(他の三鳴鳥オオルリ、コマドリ)

ウグイスは藪の中で生活しているので、鳴き声はよく聞こえるけど、姿は見えない会うのが難しい鳥でもあります。

この記事ではウグイスの魅力をお伝えすると共に、手持ちカメラでなんとか撮れたウグイスの写真をシェアさせていただきます!

スポンサーリンク

ウグイスってどんな鳥?

体を横向きにして枝にとまるウグイスの写真

ウグイスってこんな鳥①
外見全体的に茶褐色でお腹は少し淡い色。顔に淡い眉斑がある。
会える季節1年中
会える場所藪•林•山
会える地域日本全国
サイズオスは16cm/メスは14cm
食べ物昆虫、クモ類、種子、木の実など
鳴き声「ホーホケキョ(さえずり)」
「チャッチャッ(地鳴き)」
「ケキョケキョケキョ(威嚇)」

ホーホケキョとさえずるウグイスの写真

ウグイスってこんな鳥②
オスとメス同じ見た目。オスの方が大きい。
パートナー一夫多妻。オスの縄張りに複数のメスが巣を作る
別名春告鳥(はるつげどり)
名前の由来鳴き声が「ウー、グイ」と聞こえるから
「ス」は鳥を意味する古い接尾語
行動藪にいて、さえずる時も姿が見えにくい場所でさえずる
活動低地や山地のササのある場所で繁殖し、山地や北の地方のウグイスは冬に暖地に移動する
子育て
  • オスは自分のなわばりで複数のメスと交尾をする
  • その為、オスのなわばりには複数のメスの巣があり、横穴式の壺型の巣に4〜6個の卵を産む
  • 抱卵から約16日でひなが孵り、その後14日くらいで巣立ちを迎える
  • 次の繁殖期には、メスは別のオスのなわばりに移る
スポンサーリンク

凄いぞ!ウグイス豆知識!

込み入った枝の中に隠れるウグイス

ここではウグイスの鳴き声にまつわる豆知識を3つまとめています!

凄いぞ!ウグイス豆知識!

誰もが知っている鳴き声!
「ホーホケキョ」
日本人ならこの鳴き声は誰でも知っているんじゃないでしょうか?
実はこの「ホーホケキョ」はオス同士の競い合いで磨き上げられたウグイスの技なんです!
その為、ライバルが少ない島育ちのウグイスは「ホーホキョ」や「ホホケ」と短くシンプルな鳴き声で歌うそうです。
ホーホケキョにも種類がある!
オスは平均して3曲ほどの持ち歌があるとされていて、
「ホーホケキョ」はなわばり宣言
「ホーホホホケキョ(低い声)」侵入者を追い払う時
他にも「ホーホホホヒョロッ」「ホーホケキョロン」「ホーホチョチョチョ」などオスによって違いがあるそうです!
ホーホケキョは聞いて覚えよ
ウグイスは最初からさえずれるわけではなく、周りの大人達をお手本にさえずりを学ぶそうです。
なので、周りの大人がイマイチな歌い手だと、イマイチなさえずりを習得してしまうんです…
スポンサーリンク

ウグイスの夫婦生活

羽を少し広げているウグイスの写真

ここではウグイスの夫婦生活について、興味深い内容があったので、まとめてみました!

ウグイスは一夫多妻制!
ウグイスの夫婦生活を観察していると、オスは自分のなわばりに複数のメスを呼んでいる事がわかっています。

そんなオスと交尾をしたメスはオスのなわばりで巣作りから子育てまで1羽でします。
オスはと言うと…メスと交尾をしたら、またさえずりを再開し、新しいメスをなわばりに呼び込むんです。

枝に紛れるウグイスの写真

同じなわばりの中…一夫多妻のウグイスの夫婦生活は一体どんな感じなのでしょうか?

亭主は留守がいい
メスはオスが近づいても無関心のようで、それどころか巣のそばにきたオスを追い払う事もあるそうです。

しかも巣が壊れると、メスは別の場所で別のオスと子育てし直すそうで…

メスにとってオスは安全な場所を確保する為だけの存在なんでしょうか?

なので、巣が壊れると「安全ではない=このオスは駄目」って事で、さっさと別のオスの場所にいってしまうのかもしれません。

オスとメスで一緒に子育てする鳥も多い中、こんな繁殖方法をとっているウグイスの子育ても面白いですね。

ウグイスとメジロ

ウグイスとメジロを見比べた画像

ウグイスとメジロはよく比べられる鳥です。
ですが、姿を見比べると違いは一目瞭然。

 

見た目以外の違いも3つほどまとめてみました。

ウグイスとメジロの違い

  • さえずる場所はウグイスは藪の中、メジロは木のてっぺんで比較的開けた場所
  • 花の蜜を飲むのはメジロで、ウグイスは蜜は飲みません
  • 比較的会いやすい鳥がメジロで、ウグイスはなかなか姿が見えません

ウグイスってどんな鳥まとめ

少し開けた場所に出てきたウグイスの写真

以上、ウグイスってどんな鳥でした。

この記事を書いている5月14日、今日もウグイスの「ホーホケキョ」が聞こえてきました。

「ホーホケキョ」にオスごとの個性があるなら、それぞれの場所で聴こえる「ホーホケキョ」を記録するのも面白そうですね!(機材はないんですけどね)

皆さんの近くのウグイスはどんな「ホーホケキョ」を歌っていますか?

散歩していて「ホーホケキョ」が聞こえたら、じっくり耳を傾けてみてください!
ウグイスのさえずりの違いがわかるようになれば、あなたもウグイス博士です!

それでは、ウグイスとの素敵な出会いがありますように。
ご覧いただきありがとうございました!

Twitterでフォローしよう