ウグイス

「ウグイスの生態は?どんな鳥なの?」

ウグイス(スズメ目ウグイス科)は、1年中、藪などに隠れるように過ごし、なかなか姿を見せない鳥です。
春になって「ホーホケキョ」というさえずりが聞こえるようになっても、あまり開けた場所に出てきません。

秋から冬になると「ジャッ、ジャッ」と鳴きながら、藪や植え込みの中を移動しながら活動をします。

ウグイスの鳴き声

ウグイスのさえずり「ホーホケキョ」

ウグイスのさえずり(谷鳴き)「ケキョケキョ」

ウグイスの生態まとめ表

ウグイスの全身画像

ウグイスの特徴や基本情報
特徴オスはメスより大きい。鳴き声は目立つが、いつも藪の中にいて姿を見せない
会える季節1年中
会える場所藪、林、山
会える地域日本全国
名前
  • 漢字:鶯
  • 英語名:Japanese Bush Warbler
  • 学名:Horornis diphone
名前の由来鳴き声が「ウー、グイ」と聞こえる事から
「ス」は鳥を意味する古い接尾語
サイズ/重さオスは16cm、メスは14cm/20〜12g
食べ物昆虫、クモ類、種子、木の実など

さえずるウグイスの画像

ウグイスの生態や子育てについて
鳴き声「ホーホケキョ」「ケキョケキョ」とさえずり、普段は「ジャッ、ジャッ」と鳴く
寿命飼育下では約8年、野生下では約2〜5年と言われている
オスとメス同じ見た目だが、大きさが違う。オスのなわばりには複数のメスが出入りし、子育てを行う。一夫多妻
歩き方ピョンピョンと枝から枝へ飛び移るように動き、歩かない
似た鳥ヤブサメ(外部サイト)」「センダイムシクイ

性格さえずる時も、開けたところにあまり出てこない警戒心の強い鳥
行動山地や北の地方のものは冬に暖地へ移動する。
子育て
  • オスは自分のなわばりで、複数のメスと交尾をする
  • オスのなわばりには、複数のメスが作った横穴式の壺型の巣が複数存在し、それぞれの巣には4〜6個の卵が産まれる
  • 巣作りから雛の面倒まで、すべてメスが行う
  • 卵は約16日で孵化し、その後14日ほどで巣立ちを迎える

参考文献

フィールドガイド日本の野鳥/高野伸二 著野鳥観察ハンディ図鑑 山野の鳥/安西英明 解説/谷口高司 絵

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう