ハシボソガラスの写真

ボク
この記事は、2020年5月19日に出会った鳥たちの記録です。

 

スポンサーリンク

ハシボソガラス

ハシボソガラスの写真

普段のボクの鳥との出会いは、家の裏手の緑地公園です。

 

5月19日の鳥たちは、まだまだ林の中からさえずりが聞こえてきて、賑やかさを感じさせてくれています。

 

少し開けた原っぱで、ハシボソガラスが地面をつついていました。

 

大きく撮れるハシボソガラス

ハシボソガラスの写真

ハシボソガラスは、地面に降りる事も多く、人間を見たらすぐに逃げるほど警戒心も強くないので、ゆっくり撮影できる野鳥です。

 

じっと見ていると、大きさもある分、何をしているのかがハッキリわかって、見慣れているカラスといえど、不思議な魅力があります。

 

スポンサーリンク

キビタキ

キビタキの写真

林から綺麗なさえずりが聞こえてくるのですが、

 

林の中心にいるようで、姿をなかなか確認できませんでした。

 

ですが偶然、気配を感じ取って、カメラを向けると、そこにはキビタキがいました!

 

 

キビタキは山にいるものだと思っていたのですが、小さな林にも飛来するんだなぁと。

 

林のいたるところで鳴き声が聞こえるので、結構な数が飛来していて、キビタキは凄く身近な鳥なんだと感じました。

 

スポンサーリンク

クロアゲハ

クロアゲハの写真

鳥の気配はしても、なかなか写真に納まってくれない事が多いので、毎回散歩すれば写真が撮れるわけでもありません。

 

そんなときは、鳥以外にも目を向けています。

 

図鑑で調べて、クロアゲハかなと思ったんですが、もしかしたらモンキアゲハかもしれません。

 

蝶の幼虫は、食べる植物がある程度決まっていて、

 

クロアゲハの幼虫の食草
ミカン類、ユズ、カラタチ、キンカンなど
モンキアゲハの幼虫の食草
カラスザンショウ、ハマセンダン、栽培ミカン類

となっています。

 

ミシシッピアカミミガメ

ミドリガメの写真

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)が日向ぼっこをしていました。

 

その隣で座って休んでいると・・・

 

ミドリガメの子ども

ミドリガメの子どもの写真

ミドリガメの子どももいました。

 

鳥たちも子育てしているように、カメももう子どもが孵っている時期なんですね。

 

ミドリガメの子どもの甲羅

ミドリガメの子どもの写真

大人になると、黒っぽくなっちゃうミドリガメですが、

 

子どもの頃は、ミドリガメの名前にふさわしい綺麗な甲羅の色をしています。

 

可愛いという言葉は好きじゃないんですが、それでも思わずにんまりしてしまう愛らしさがあります。

 

ミドリガメの歩く速度

ミドリガメの子どもの写真

暫くは甲羅に隠れていましたが、少ししたら頭と手足を出して・・・

 

のっそりのっそりと移動するかと思いきや、

 

たたたたたったったたーみたいなすばしっこさで、すぐに水中に潜っていってしまいました。

 

水中のミドリガメ

ミドリガメの子どもの写真

5月あたりは鳥もカメも、子供たちの姿が見れる季節なんですね。

 

すこし外を出て、よく観察すれば、いろんな生き物との出会いがあります。

 

まだまだひんやりする時期ですが、この時期が一番外に出やすくて、一番賑やかな季節だと思います。

 

撮影に使用しているカメラ

 

使っているカメラの最新機種