「大切にする」はいい事ばかりじゃない話

以前の記事で、自分の中に大切な物を持つと強くなれる話をしました。

【あわせて読みたい】大切な物を持つと、強くなれる話

だけど、大切な物を大切にしすぎると・・・それはそれで他人に受け入れてもらえず、孤立してしまうんです。

 

大切な物を大切にしすぎた僕の話

僕は動物の絵を描いている画家です。

スポンジでとんとんうまれた、ケープシロカツオドリ

動物を尊敬していて、僕の大切な物は「動物がいるこの地球」でした。

なので、「自然保護」や「環境配慮」「動物を守る」

そんな事を大切にしてきたんです。

それを正しいと思い込む

大切な物を持つと、自分の中に自信が生まれるんです。

その物が自分の一部となって、それを正しいと思い込んでしまうんです。

だから、理解してもらえない人に、「なんでなんだ!?」と感情をぶつけがちになってしまいます。

 

周りの人間がクズに見える

何も考えていない。ただ食って寝て、誰かに文句を言って、自分の狭い世界の中で喚くだけの人間・・・

この瞬間も動物達のいる景色は無くなっていくのに・・・

どうしてこうものうのうと生きているんだ!?

なんて勝手な事を思ってしまうんです。

これが「大切な物を大切にしすぎた結果」の感情です。

 

孤立した自分

正確に言うと、自ら孤立していった自分。

僕は大切な物を一番価値ある物と思い込んだせいで、周りの人間の事なんて考えなかったんです。

それで、「自然を守る」に繋がるなら、それも正解だったと思います。

ただ現実は、僕が孤立するだけで、人々の生活に対して綺麗事を言っているだけのめんどくさい人間だったんです。

 

もし共感する人がいたとしても

僕と同じ意見の人と出会えたとして、共に「自然を守る」を実践しようとしても、「自然を守る」という意見が大多数にならなければ、意味が無い。

そして、「自然を守る」気持ちが、次の代へと続いていく物でなければいけません。

ただの変わり者集団では、「自然を守る」を成し遂げる場合、適切な方法では無いと僕は思いました。

 

素直になれますか?

自分の思っている事が一番正しくて、それを理解できない人をクズ呼ばわり・・・

そんな人の意見を素直に聞く事が出来るでしょうか?

自分で言っておいて申し訳ないのですが、僕はそんな人は「ヤバイ人」だと思って、距離を置いてしまいます。

 

お互いにいがみ合う

その先は、どちらも歩み寄れない。

お互いにいがみ合ってしまう・・・

どちらもいい方向に行かない状況です。

 

使い方次第で、世界を良く出来るのに

自分の大切な物は、使い方次第で、誰かの世界を良く出来るのに・・・

使い方を間違えると、誰も幸せにしないんです。

 

僕も最近になってようやく気づき始めた事・・・

 

「大切な物=正しい事」ではない

大切な物を持つ事は大切です。あなたを強くしてくれます。

だけど、「大切な物=正しい事」ではありません。

大切な物を押し付けてしまうと、人は拒絶します。

 

なら、どうしたらいいのか・・・?

次の記事では、それを考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク
動物好きの為のLINEスタンプ販売中

可愛い動物イラストが、
あなたのLINEをもっと楽しくさせる。
動物好きの為のLINEスタンプ販売中!!

おすすめの記事