鳥の鳴き声がわかるサイト5選【鳥の鳴き声を調べる】

鳥の鳴き声が知りたい人
近くで鳥の鳴き声が聞こえるけれど、鳥の種類がわからない…鳥の鳴き声が調べられるサイトはないのかな?

 

暖かくなってくると、至る所で鳥の綺麗な鳴き声が聞こえてきます。
でも鳥の声はするけれど、どんな鳥が鳴いているか…わからない事が多くありませんか?

 

そんな時、鳥の鳴き声がわかるサイトを使う事で、鳴いている鳥の種類が判明するかもしれません。

今回は、そんな鳥の鳴き声が聴けるサイトを5つご紹介します。

鳥の鳴き声がわかるサイト5選

1.サントリー愛鳥活動

サントリー愛鳥活動

サントリーが運営する野鳥図鑑です。

 

  • 名前から検索
  • 姿形から検索
  • 鳴き声から検索

色んな方法で、鳥の事が検索できるサイトです。

 

鳥の鳴き声を調べるなら、まずはここにアクセスしてみてください。

 

2.さえずりナビ

さえずりナビ

認定NPO法人 バードリサーチが運営している野鳥図鑑サイトです。

 

名前から検索
現在地からいそうな鳥を検索

 

さえずりナビの凄いところは、現在地(位置情報取得または住所入力)を指定して、右上の生息種予想を押せば、その場所にいそうな鳥を一覧で出してくれるところです。

 

全く手掛かりがない場合、大体の目星をつけるのに重宝しているサイトです。

 

3.バードリサーチ鳴き声図鑑

バードリサーチ 鳴き声図鑑

こちらは先程のさえずりナビを運営しているバードリサーチのサイト内にある野鳥の鳴き声図鑑です。

 

さえずりナビから検索すれば、鳴き声図鑑に案内されますが、こちらのページは鳥の名前が一覧になっています。

なので鳥の名前が分かっている時は、こちらから探した方が早いと思います。

 

4.YouTube

YouTube

言わずと知れた動画サイト。

 

「鳥の名前 鳴き声」で検索すれば、YouTubeも鳴き声図鑑に早変わり。

 

多分この鳥じゃないかなぁと、だいたい予想ができたら、「鳥の名前 鳴き声」で最終確認する使い方をボクはしています。

 

5.鳥類音声データーベース–国立科学博物館

 

鳥類音声データベース

鳴き声が聴ける鳥の種類は少ないけれど、鳥の鳴き声の地域差や個体差を調べる事のできるサイトです。

 

自分の住んでいる所の鳥と鳴き声が違うのか?

 

調べてみるのも楽しいかもしれません。

 

鳥の鳴き声がわかるサイト5選まとめ

  1. サントリー愛鳥活動
  2. さえずりナビ
  3. バードリサーチ 鳴き声図鑑
  4. YouTube
  5. 鳥類音声データベース

 

以上の5サイトが、鳥の鳴き声が聴けるサイトになっています。

僕も調べてみました‼︎

ボクも早速、このサイトで気になっている鳥の鳴き声を調べてみたんですが…

「どれもピンとこないなぁ…」

という、まさかの結果に…
・ガビチョウ
・キビタキ
あたりが怪しいかなと思うんですが、鳴き声を調べても、僕の聴いた鳴き声じゃないんですよね…

ただ…僕は自分の音感を信じてはいないので…

音楽の成績が良かった人は、鳴き声図鑑が大活躍すると思います。

逆に音感に自信がない人は、鳴き声図鑑を聞いてもピンとこない事が多いかもしれません。
特徴的な鳴き声じゃない限り、実際に聞いたとしてもピンとこない事もありますから…

鳥の鳴き声の世界も奥が深いです。

鳥の鳴き声が気になったら、ぜひ今回紹介したサイトで調べてみてください。

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
野鳥好きなら一度は購読して欲しい雑誌「BIRDER」

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」

「BIRDER」は、日本で唯一のバードウォッチング雑誌です!

 

「BIRDER」の特徴はこんな感じ。

  1. 見て楽しい
  2. 読んで学ぶ
  3. 鳥を知れる

「BIRDER」は見て楽しい!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、プロレベルの美しい野鳥写真がたくさん掲載されていて、見ているだけで楽しい雑誌です。

  • 芸術的な写真
  • 思わずクスッとする写真
  • 決定的な瞬間を捉えた写真

ありとあらゆる野鳥写真が読む人を楽しませてくれます!

おざぽん
ここにその写真を掲載できないのが心苦しいですが・・・本当に凄い写真がいっぱいで、見ていて楽しい雑誌になっています!

「BIRDER」は読んで学ぶ!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、毎月「鳥」に関する情報がたくさん掲載されています。

  • 初心者向けの鳥情報
  • 専門的な鳥知識
  • マニアックすぎる鳥ビア

毎月、新しい「鳥情報」を学ぶことができる「BIRDER」はもはや雑誌ではなく、鳥を学ぶテキストのようです。

 

おざぽん
新しい鳥情報は、鳥を見るのを、もっと楽しくしてくれます!

「BIRDER」は鳥を知れる!

当たり前かもしれませんが、日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」を読めば、鳥を知る事ができます。

  • 特集で、1つの種を知れる
  • 鳥情報を更新できる
  • たまに海外の鳥情報も

「BIRDER」では定期的に特定の種だけを扱った特集が組まれています。

「ツバメ」「ワシ・タカ」「カラス」など、それはもう色々です。

 

おざぽん
最新の鳥情報をキャッチするには、「BIRDER」はぜひ読んでおきたい雑誌になっています!

「BIRDER」のおすすめ購読方法

僕がおすすめする「BIRDER」の購読方法ですが、

 

おざぽん
とりあえず1年購読してみましょう

 

です。

 

「BIRDER」を1年間購読する理由

「BIRDER」を1年購読するだけで、野鳥の事がある程度わかるようになるからです。

 

1年後は・・・

  • 気に入れば、そのまま購読
  • 興味のある特集の時だけ購読

のどちらかに切り替えればいいですね。

 

「BIRDER」には2つの購読タイプがあります

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、2つの購読タイプから購入できます

  1. 紙版:雑誌が毎月送られてくる(定期購読中はデジタル版も利用可能)
  2. デジタル版:紙版より安い(著作権などの都合で掲載されない記事や写真がある場合もある)

 

おざぽん

紙版なら1,100円(税込)+送料20円

デジタル版なら880円(税込)で購読できます。

 

支払い方法は、

  1. 紙版:月額払い・6ヶ月・12ヶ月
  2. デジタル版:月額払い・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月

で選ぶ事ができます。

おざぽん
月額払いだと停止するまで、毎月「BIRDER」が送られてきて、商品代金が自動引き落としされます。

 

 

「BIRDER」の購読料金一覧

 

購読方法月額払い3ヶ月6ヶ月12ヶ月
紙版+デジタル版1100円(税込)+送料20円サービスなし6,720円(税込)13,440円(税込)
デジタル版のみ880円(税込)2,640円(税込)5,280円(税込)10,560円(税込)

 

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」で、鳥を知ろう

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、

 

  • 鳥に興味が出てきた
  • 野鳥写真を撮っている
  • 鳥の事を詳しく知りたい

 

そんなすべての野鳥好きにおすすめできる「初心者~専門家」まで幅広く受け入れてくれる雑誌になっています。

もっと鳥の事を知ってみたいと思ったら、ぜひ「BIRDER」を読んでみてください。

Twitterでフォローしよう