動物画家のオススメの図鑑。

こんにちは!!スポンジ片手に、動物を描くおざきしょうたです。

今日は僕が動物を描く時に長年愛用している図鑑をご紹介します。

 

僕のオススメ、地球博物学大図鑑

地球博物学大図鑑

この地球博物学大図鑑は、2012年6月に発売された図鑑なんですが、7年経った今でも見ている図鑑です。

この図鑑、ただの動物図鑑じゃありません。
というか、博物学大図鑑でした・・・
表紙にデカデカと書いてありますね。

でもでも!!
僕は、そんな事が言いたいんじゃないんです!!

見てください!この表紙を・・・!!
凄くワクワクしませんか!?

 

地球のありとあらゆる事が載っている

ありとあらゆる事と言うと、誇張表現でした。
でも、地球の幅広いジャンルを網羅している図鑑になっているのは確かです。

どんなものが載っているかと言うと・・・
鉱物、岩石、化石から微生物、菌類、植物、動物・・・等の5154種を、6000点を超える写真・イラストと解説でこの一冊に収めているんです!!

まさに、地球の生物多様性図鑑!!
この一冊に地球が詰まっていると言っても言いすぎじゃないくらいです。

 

見ているだけで楽しいページ

コケのページ

これは地球博物学大図鑑の1ページです。
このように1種1種がカタログの様に載っていて、見ているだけで地球の多様性を感じる事が出来ます。

キノコのページ

動物図鑑や魚図鑑だと、動物だけ魚だけしか載っていませんが・・・
この図鑑は、コケは載っているわ、キノコは載っているわ。本当に幅広いジャンルの物が載っています。

動物のページ

もちろん、動物だって載っています。
昆虫も魚も鳥も爬虫類も、哺乳類だって、ざっと載っているから、本当に見ているだけで楽しい図鑑になっています。

 

プレゼントに最適だと思います。

僕はこの図鑑を見た時、即決で買いませんでした・・・
だって・・・高かったんだもん。

でも、どうしても欲しかった。
地球のすべては詰まっていないけど、地球のすべてを詰めようとしたこの図鑑がどうしても欲しかったんです。

だから、紀伊国屋で買いました。
紙袋を二重にしてもらっても、ずしりと来る重さ・・・
感動です。

そして家に着くまで、ずっとホクホクな気分でした。
それはページをめくる度に大きくなって、地球へのワクワクが高まったんです。

そんなわけで、凄い図鑑なんですが・・・
その分、お値段がします。
小学生には手が出ないお値段です。

だからこそ、大人がこの図鑑を誕生日にプレゼントしてあげて欲しい!!
この図鑑は、もしかしたらその子の一生を変えてしまうかもしれないんです。

それほど地球が詰まった図鑑になっています。
この図鑑との出会いは早ければ早い方がいいんです。

もし本棚の肥やしになってしまったとしても、ある時期にまた刺さる時が来るはずなんです。
だって僕達は地球で生きているから。

そんなわけで、動物を描いている僕が、どうしてもオススメしたい図鑑「地球博物学大図鑑」の紹介をさせて頂きました。
この図鑑は図鑑ではない。地球なんだ。

 

地球博物学大図鑑 [ デーヴィド・バーニ ]

価格:10,260円
(2019/9/5 18:35時点)
感想(4件)

この本が気になったら、上の画像をクリックしてください。

スポンサーリンク