枝豆収穫で、動物への感覚を研ぎ澄ます話

僕達は、生きている。この地球で生きている。

けれど、その中のちいさな人間社会でも生きている。

ちいさな社会にいると、大きな世界の事を忘れそうになってしまう。

 

だから、地球で生きている事を忘れないようにしないといけない。

僕は動物の絵を描いているので、より一層その事を強く意識している。

 

枝豆収穫の話

本屋のバイト先で知り合った方が、毎年枝豆作りをしているという事で、お手伝いをさせていただいて5年くらい経つかな。

山に挟まれた村、自然と隣り合わせのここに来るたびに、地球を感じる事が出来る。

生活音や、車の音がほとんどなく、川のせせらぎと鳥達の鳴き声が響く、とても静かな場所です。

枝豆収穫の話

毎年ここで枝豆を植え、そして10月中旬あたりで収穫の作業を行う。

たくさんの小さな生き物達と触れ合い、たまにシカに枝豆を食べられたりしながら、

自然の実りを感じ、生かされている事を強く意識できる一日になるんです。

枝豆収穫の話

近くの川では、普通にサワガニもいるくらい。自然の豊かな場所。

 

ただ図鑑や画像を見て、動物を描いていた時とは違って、

自然とのふれあいが、より一層「TONTON ANIMALS」を特別な表現にしてくれるんです。

 

今年も枝豆を食べながら、地球に生かされている事を忘れずにいられそうです。

 

 

 

スポンサーリンク
動物好きの為のLINEスタンプ販売中

可愛い動物イラストが、
あなたのLINEをもっと楽しくさせる。
動物好きの為のLINEスタンプ販売中!!

おすすめの記事