日本だけにしかいない哺乳類一覧

 

日本だけにしかいない哺乳類一覧

周囲を海で囲まれた日本列島には、日本でしか見る事の出来ない生き物がたくさんいます。

そんな生き物達は「日本固有種」と呼ばれています。

日本が世界の「生物多様性ホットスポット」の1地域に選定されたのは固有種の豊富さが一つの理由!!

地球に浮かぶ小さな島国”日本”だけでしか見る事の出来ない生き物を知っていきましょう。

今回は、日本だけでしか会えない哺乳類編です。

1.ニホンカモシカ

ニホンカモシカの画像

  • ウシ科/体長:100~120cm程度
  • 本州では東北地方から中部地方にかけて分布。
  • 日本で見られる野生のウシ科はニホンカモシカだけ!!

 

2.ニホンアナグマ

ニホンアナグマの画像

  • イタチ科/体長:40~60cm程度
  • 穴掘りが得意。タヌキじゃないよ。
  • 北海道を除く、本州・四国・九州に分布している。

 

3.ニホンテン

  • イタチ科/体長:44~55cm程度
  • 北海道にもエゾクロテンというテンがいるけど、別の種です。
  • 本州・四国・九州に分布していて、北海道にも侵入してます。

 

4.ニホンイタチ

ニホンイタチの画像

  • イタチ科/体長:オスが27~37cm程度、メスが16~25cm程度
  • 他にも外来種のチョウセンイタチがいるけれど、尻尾が長いのがチョウセンイタチ。
  • 身体に対して尻尾が短いのがニホンイタチです。でも野外だとパッと見の判断は難しい…
  • 自然分布は、本州・四国・九州。
  • ネズミ駆除などを目的に人為的に移入された島もある。

 

5.ニホンノウサギ

  • ウサギ科/体長:40~55cm程度
  • 北海道を除く、本州・四国・九州とその周辺の島に分布しています。
  • 森の下草が生えていない場所が好き。

 

6.アマミノクロウサギ

  • ウサギ科/体長:41~51cm程度
  • 奄美大島、徳之島に生息しているウサギ。
  • 絶滅危惧種。

 

7.ニホンモモンガ

  • リス科/体長:15~20cm
  • 夜行性。
  • 本州・四国・九州に分布しています。
  • 飛んだ大きさ、ハンカチサイズ。

 

8.ムササビ

  • リス科/体長:27~49cm程度
  • 本州・四国・九州に分布しています。
  • 飛んだ大きさ、座布団サイズ。

 

9.ニホンリス

  • リス科/体長:16~22cm
  • 本州・四国・九州に分布しています。(近年、九州では生息が確認されていない)
  • 北海道にいるエゾリスは、ユーラシアリスの亜種で、ニホンリスじゃない。

 

10.ネズミ

ネズミは数が多いので、今のところこれだけの固有種がいますと言うことだけ…

  • ケナガネズミ
  • ヒメネズミ
  • アカネズミ
  • トクノシマトゲネズミ
  • オキナワトゲネズミ
  • アマミトゲネズミ
  • ハタネズミ
  • スミスネズミ
  • ヤチネズミ

 

11.ヤマネ

  • ヤマネ科/体長6.8~8.4cm
  • リスやネズミに似ているけれど、別の種類の動物。
  • 森の木の上で生活している。冬には冬眠する!
  • 本種・四国・九州に分布する。
  • 日本には数百万年前から住んでいる…生きた化石!!

 

12.ニホンザル

ニホンザルの画像

  • オナガザル科/体長:オス53~60cm程度、メス47~55cm程度
  • 本州・四国・九州に分布する。
  • 最も北まで分布しているサル。
  • 外国ではスノーモンキーと呼ばれて、ちょっと有名。
  • 目を合わせると襲ってくるかもしれないので、注意!目が合ってしまったらゆっくりと視線をそらしましょう。

 

13.コウモリ

コウモリが哺乳類だと言うと、驚く人もいるので、ここではこれだけ知ってください。

コウモリは哺乳類です。

ヒナコウモリ科

  • クチバシテングコウモリ
  • リュウキュウテングコウモリ
  • リュウキュウユビナガコウモリ
  • ヤンバルホオヒゲコウモリ
  • クロホオヒゲコウモリ
  • ニホンウサギコウモリ
  • オガサワラアブラコウモリ
  • モリアブラコウモリ
  • コヤマコウモリ
  • クビワコウモリ

カグラコウモリ科

  • カグラコウモリ

キクガシラコウモリ科

  • ヤエヤマコキクガシラコウモリ
  • オキナワコキクガシラコウモリ
  • コキクガシラコウモリ

オオコウモリ科

  • オガサワラオオコウモリ
  • オキナワオオコウモリ

 

14.モグラ

モグラも色んな種類がいますね。

姿を見る事が少ないので、モグラはモグラだと思いがちですが、こんなに固有種がいるんですね。

  1. センカクモグラ
  2. エチゴモグラ
  3. サドモグラ
  4. コウベモグラ
  5. アズマモグラ
  6. ミズラモグラ
  7. ヒミズ
  8. ヒメヒミズ

 

15.トガリネズミ科

ネズミとついているけれど、モグラやハリネズミに近い種がトガリネズミ。

トガリネズミ類は体が小さいため、エネルギーを蓄えておくことができず、常に食物をとっていないと生命が維持できない。

小さな哺乳類だけど、種によって大きさには幅があります。(カワネズミなら12cmほどで、アズミトガリネズミは約5cmほど)

  1. オリイジネズミ
  2. ニホンジネズミ
  3. ワタセジネズミ
  4. カワネズミ
  5. シントウトガリネズミ
  6. アズミトガリネズミ

 

まとめ

今回ご紹介した日本だけで会える生き物達、哺乳類でその数は50種でした!

タヌキやツキノワグマ・キツネなんかは日本の固有種じゃないんですねー!

 

哺乳類だけで50種の生き物が暮らす日本。

みんながそれぞれの個性を出して、日本という国を作っています。

お互いに尊重しあって、一緒にこれからも日本を作っていきたいですね!!

 

 

参考文献

今回のデータは、国立科学博物館のホームページに掲載されている「日本の多様性ホットスポットの構造に関する研究 」を参考にしました。

引用: 川田伸一郎 (2015). ほ乳類日本固有種目録(2014年3月版).
http://www.kahaku.go.jp/research/activities/project/hotspot_japan/endemic_list/

■生き物の写真は、ほとんどがフリー画像となっています。(フリー写真サイトphotoAC)

フリー画像が無い物は、僕が撮った写真や僕が描いた絵で代用しています。(随時、絵は更新していきます)

 

 

募集!!

今回のこの記事に書いている生き物達の写真をお持ちの皆さんへ。

もしこの記事に載せても大丈夫!!という写真があれば、sponge★tonton-animals.com(★→@)までお送りください。

日本の生き物達を知ってもらう機会が少しでも多くなるように、一緒にページを作っていきましょう!!よろしくお願いいたします!!

 

 

スポンサーリンク