腕立て伏せってどうすればいいの?基本をまとめてみました!
この記事は、腕立て伏せってどうすればいいのか?わからない筋トレ初心者が、腕立て伏せの基本をイラストでまとめた記事になっています!

 

腕立て伏せのやり方を調べると、

気をつけるポイントがありすぎて…

情報を整理するのが大変でした。

 

あっちやこっちや調べて、色んな人が色々と言っていたんですが、

筋トレ初心者の僕でも意識しておこうと思えるポイントに絞ってイラストにまとめてみました。

それでも、結構な量になったんですけどね…

 

 

イラストでまとめれば…

多少は頭に入ってきやすくなったんじゃないかなぁ…と思いつつ

 

お役に立ちそうでしたら、スマホにでも保存して日々の筋トレにご活用ください!

 

正しい腕立て伏せのポイント

腕立て伏せってどうすればいいの?基本をまとめてみたイラスト

気をつけるポイント

  1. 頭から足まではまっすぐ
  2. 手の位置は、肩の真下(胸を床に近づけた時、乳首と同じくらいの位置)
  3. お腹に力を入れる
  4. お尻が上がらないように、お尻はキュッと締める
  5. 腕を下ろす時、顔が胸より先に床に近づかないようにする
  6. 肩が上がらないように、力を入れて落とす
  7. 胸はできるだけ床に近づける
  8. 曲げる時に息を吸って、伸ばす時に吐く

 

今回は、筋トレ初心者の僕が大切だと思ったポイントに絞ってまとめてみました。

これだけでも結構意識するポイントが多くて、

実際に意識して腕立て伏せをすると…

 

思った以上に、キツい!

 

 

手の開き方で、鍛えられる部位が変わる

腕立て伏せは、手の開き方で鍛えられる部位が違うみたいです。

 

手の開き具合が肩幅〜肩幅より広いと…

肩幅〜肩幅より広く、手を開くと、大胸筋が鍛えられます。

 

腕を下げる時に、ひじが外に広がらないようにするのもポイント!

 

手の開き具合が肩幅より狭いと…

肩幅より狭く、手を開くと、上腕三頭筋が鍛えられます。

 

腕立て伏せをする時は、このどれかをする…というよりは、一通りして色んな筋肉に刺激を与えるのがいいようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、自分が腕立て伏せをする時は、ここを気をつけようと思ったポイントをまとめてみました。

 

腕立て伏せのポイント、かなりありましたね…

 

腕立て伏せには色々な筋トレ種目がありますが、

基本の腕立て伏せのポイントは、共通していると思いますので、

基本の腕立て伏せを押さえて、今後の筋トレ効果をより高くしていきましょう!

 

筋トレは継続が大切!

理想のカラダを目指して、コツコツ筋トレをしていきましょう!

 

 

僕が実際にしている筋トレメニューをまとめています!

筋トレ初心者がしている上半身を鍛える筋トレメニュー

どんな筋トレをすればいいかわからない方へ

筋トレ初心者の僕が実際にしている筋トレメニューと、YouTubeで見つけたオススメの筋トレ動画を紹介しています!

 

 

スポンサーリンク
筋トレ頑張るマン

継続は筋肉なり

動物イラストんトップ画像

筋トレの経過報告や筋トレメニューなどをお伝えしている
「動物のように強くなりたい筋トレ」の内容は、こちらからご覧いただけます!

 

その身一つで生きる動物達のように、
たくましいカラダを手に入れて、望む未来を手に入れる!

 

続けられなければ…全て無駄ぁ!!

一緒に頑張りましょう!

筋トレには、やっぱりプロテイン!

①【有名なプロテイン!甘くて美味しく飲みやすい!】

 

 

②【人工甘味料不使用のプロテイン「オプチマム ゴールドスタンダード」】

 

③【余計なものは一切入ってない、プレーンプロテイン】

 

 

★他にはこんなプロテインもあります↓

④【タンパク質以外も一緒に摂れる!一石二鳥なプロテイン】

おすすめの記事