エゾナキウサギを描こう!!

北海道に暮らすエゾナキウサギを描こう!!

エゾナキウサギを描こうーとりあえず描く

絵を描くとき、とりあえず描くのが大切。

エゾナキウサギを見た事がない僕にとって、とりあえず描く事でエゾナキウサギに近づきます。

 

別パターンを考えてみる

エゾナキウサギを描こうー別パターンを考えてみる

エゾナキウサギは基本単独行動らしいので、数を増やして群れで表現する事が出来ません。

博物画のように描くと、リアルさで訴えかけないといけないんですが、スポンジとんとんでは難しい・・・

かと言って、エゾナキウサギの鳴く風景を加えて描いてみても、良い表現になる気がしません。

 

エゾナキウサギを描こうーすこし綺麗にした線画

これをスポンジとんとんしても、しょうもない表現にしかならないでしょう・・・

 

何を表現するかを考える

 

エゾナキウサギを描こうーやっぱりマスコット的な要素がいいかな

エゾナキウサギは体長10~20cmの小さなウサギ。

その愛らしさを表現するには、エゾナキウサギのいる風景・・・よりも、エゾナキウサギだけを表現した方が良いはず。

スポンジとんとんは、あまり器用な表現ではないので、一点集中で、とにかくエゾナキウサギが愛らしい事だけを表現します。

 

完成した線画

エゾナキウサギを描こうー下絵の完成!!

完成した線画がこちら。

色を塗ると、全然印象が変わるので、この線画が良かったのかは、色がのるまでわからないのですが、

線画の印象がよければ、色を塗った時も良い感じになっているので、今回はこちらでエゾナキウサギをスポンジとんとんする事にしました。

スポンサーリンク