「ヒヨドリの鳴き声はどんな感じなの?」

ヒヨドリの鳴き声は、図鑑では【「ピーヨ、ピーヨ」と騒がしく鳴き、飛びながら「ピーッ、ピーッ」と鳴く。「ピーピョロピョロピ」と鳴く事もある。】とあります。

ですが、ヒヨドリの鳴き声を聞いてみると、図鑑で紹介されている以上に多くの鳴き声が聞こえると思います。

ヒヨドリの鳴き声には種類がある気がするけど、聞き比べた事はないなぁ…

 

ということで、今回はそんなヒヨドリが鳴いている動画をまとめて、ヒヨドリの鳴き声を聞き比べてみました!
そうすると、ビックリ!?
今回、聞き分けられただけでも11種類のヒヨドリの鳴き声が確認できたんです!

ヒヨドリの鳴き声!聴き分けると11種類あった!?

羽繕いするヒヨドリの写真

まずは、冒頭の動画をご覧いただいて、ヒヨドリの鳴き声を聴いてみてください。

この動画から、僕が文字起こしできたヒヨドリの鳴き声は、以下の11種類でした!

ヒヨドリの鳴き声11種類!

■よく聴くヒヨドリの鳴き声
「ピィー、ピィー、ピィー、ピィー」
「ピィ、ピッピッピピピュイ」
「ピィピィピィピィ、ピピピピピピピ」
木の上にいる時に聞こえた鳴き声。
大きい鳴き声だけど、けたたましさはないかな?
■カラスが近くにいた時に聞こえた鳴き声
「ピィーイ」
けたたましい鳴き声。
警戒している時に、よく鳴いているかも?
「ピィー、ピィーピピィー」
カラスが近くにいた時に聞こえたフレーズなので、警戒の意味があると予想はしていますが…
「ピーユ、ピーユ」
これが「ピーヨ、ピーヨ」と聴こえる鳴き声かな?
「ピーユ、ピーユ」って聞こえたけど…「ピーヨ、ピーヨ」の方がしっくりくる?
カラスがいた時にも聞こえた鳴き声です。
■ちょっと特殊なヒヨドリの鳴き声?
「ピィーィジュリ」
木の上でよく聴く鳴き声。
他の鳴き声に比べて、穏やか。
「ピユピユピユピユ」

ヒヨドリが飛び去る時に、よく鳴いている。
「ピチュィ、ピチュィ、ピチュィ、ピチュィ」

「チュ」系の音が混じっている、ヒヨドリにしては珍しい鳴き声だと思います。
「ピィー、ピィー」

巣立ちひなの鳴き声。
鋭さはあまり感じない。

ヒヨドリの鳴き声にさえずりはない!?

ヒヨドリの鳴き声について調べてみると、

ヒヨドリには「さえずり」はないとされています。

動画の鳴き声を聴き分けるだけでは、どれが「さえずり」か、確かにわかりませんでしたね。

今回の動画で確認できたヒヨドリの11種類の鳴き声…
これだけ鳴き分けているヒヨドリなので、さえずり的な役割の鳴き声はあると思うんですよね。(人間にはわかりにくいだけで)

スポンサーリンク

ヒヨドリの警戒の鳴き声

ヒヨドリに関する論文では、ヒヨドリの鳴き声の「キーッ、キーッ」と鋭い声は、警戒の意味があるとされていました。

さらにヒヨドリの警戒は、主にヒヨドリ、ハシボソガラス、ヒト、トビ、ノスリの順に多くなるとありました。

僕が文字起こしした中では「ピィーイ」や「ピィー、ピィーピピィー」が、警戒の意味っぽいですね。
この記事で紹介している動画内でも、カラスに応戦するヒヨドリの鳴き声が聞けるので、確認してみてください。

(参考文献:ヒヨドリの生活史に関する研究)

ヒヨドリのなわばり宣言の鳴き声

早朝、ヒヨドリのオスは自分のなわばりを巡回します。

「ヒヒ…ヒーイヒヒ…ヒーイヒーイ…」と連続音を出しながら、木伝いに飛び回る行動で、12?25分程度続く行動とされています。

実際の音声は下のプレーヤーから聞いてみてください。
別の場所の2個体の鳴き声を録音してみました。

早朝のヒヨドリの鳴き声

ヒヨドリの鳴き声まとめ!

風切羽をくわえて、羽繕いをするヒヨドリの写真

以上が、ヒヨドリの鳴き声でした!

 

こうして聴き分けようと比べてみると、
ヒヨドリも色々な鳴き声を持っている事がわかりましたね!

 

僕の耳では、11種類しか聴き分けられませんでしたが、耳がいい人だともっと聴こえるかも!?

私にはこう聴こえる!こんな声も聴こえる!って方は、
記事の下のコメント欄で、ぜひ教えてくださいね!

ヒヨドリの鳴き声に種類がある事がわかったら、次はヒヨドリの鳴き声の意味を知っていきたいですね!

ご覧いただき、ありがとうございました!

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう