手に乗るくらい懐く鳥!?【庭に来る鳥】

ツツーピー ツツーピーと元気な鳥の鳴き声がしたら、この子がいるかも知れません。

木をじっくりと見ると・・・結構簡単にヤマガラが見つかります。

とにかく元気な印象

カラ類と呼ばれている種類の鳥は、みんな忙しなく動いているので、姿は確認できてもなかなかゆっくり見ることが出来ないんです。

そんな中、ヤマガラはゆっくり観察できるカラ類です。

でも、カラ類なので、やっぱり忙しないし、アクロバティックな動きをします。

ゆっくりと観察できるといっても、やっぱりカラ類。

木の枝を行ったり来たり、ツツーピーツツーピーと大きな声で鳴いたり、元気な鳥さんです。

 

ヤマガラはオスメス同じ姿

ヤマガラはオスメス同じ姿なので、パッと見でオスメスが見分けることが出来ないんです。

でも、ヤマガラの愛らしさは変わりません。そう思いませんか?

 

ヤマガラ観察ポイント

1.ファッションチェックは定番のポイント

2.ヤマガラの動き

3.元気な鳴き声

1.ヤマガラのファッション

橙・灰色・黒・白よりの淡いベージュ

橙というメインカラーを無彩色で纏め上げているファッショナブルな鳥さんです。

モズといい、ジョウビタキといい・・・橙+無彩色は最高にオシャレですね!!

 

2.ヤマガラの動き

ヤマガラはとにかくよく動くので、姿を見かけても、すぐに別の木に移ってしまって見失うことも多いんです。

それでも出会う回数を増やせば、ヤマガラの愛くるしい動きの数々を知ることが出来るので、根気強く観察を続けて欲しいです。

幹を突く姿とか、何か木の実を突いていたり・・・見れば見るほどヤマガラとの距離が近くなる気がします。

 

3.元気な鳴き声

野鳥探しのコツは、落ち葉の音・鳥の姿・鳥の鳴き声・・・色々と方法があります。

ヤマガラの場合は、秋~冬には木の葉も落ちて、姿が確認しやすくなるんですが、鳴き声が一番いるかいないのかがわかりやすいと思います。

ツツーピーツツーピーと声が聞こえたら、木を見る!!

そしたら、大抵います。ゆっくり観察できるかは置いといて、鳴き声がすれば、存在は簡単に確認できるんです。

 

逆に春~夏の子育て時期は、ヤマガラは探そうとしなければ出会えない印象です。

それは野鳥全般に言えることなので、野鳥観察は秋~冬がオススメなんです。

 

手のひらに乗るくらい懐くヤマガラ

ヤマガラは手のひらに乗るくらい人懐っこい鳥として有名です。

画像検索すれば、手乗りヤマガラの写真もたくさん見ることが出来るかと思います。

 

僕も、羨ましいなー!!

やってみたい!!と思うのですが、あまりやるべき行為ではないと思っています。

 

餌付けの危険性

まず懐かせるのに、餌付けが必要という点。

そして餌付け行為は、基本しない方が動物達の為だと僕は考えています。

 

餌付けは動物本来の性質を変えてしまう。

餌付けをされると、それを当てにし始める。餌付けが続いているうちはいいけれど、その後その子はどうなってしまうんでしょうか?

 

意外と平気ですぐに餌を見つけられる?

餌付けがなくなって、飢えて死ぬ?

餌付けをされた個体がどのような運命を辿るのか、実際にはわかりません。

 

だけど、人間が持つパワーは自然の物に比べて強力なので、人間と関わった動物は他の動物より優位に立つんです。

ある種だけ数が増えたりすると、他の種を圧迫することに繋がる。

人間にだって影響が出ると思います。

 

本来は自分で餌を探せる存在なんですから、それが出来なければ、悲しいけれど淘汰されて、でもそのおかげで色んな種が繁栄出来ているんです。

だから、あまり人間が関わるべきではないと思っているんです。

でも、人間の動物を愛らしいと思う気持ちを利用して、餌付けをしてもらっている事実は、動物達の個体による戦略だと考えることも出来たりして・・・

餌付けはしない方がいいと思いながらも、これはこれで個体としてはアリなのかなぁ・・・と思う事もあります。

 

手乗りヤマガラは羨ましい!けど

ヤマガラが手に乗って、餌をもらいにきてくれる。凄く羨ましい光景です。

ヒトとヤマガラとの間に友情があるんでしょうか?

 

それでも・・・やっぱり僕は干渉し過ぎないほうが良いと思うんです。

ヤマガラの数が増えすぎて、ヤマガラが人間に迷惑をかけていると判断されたら、ヤマガラは大量に駆除されてしまう。

結果、ヤマガラは不幸になってしまう・・・

 

そんなことになって欲しくないから、手乗りヤマガラもグッと我慢します。

 

庭に来る鳥はヤマガラでしたか?

ヤマガラなら手乗りヤマガラも夢じゃないですね。

どうしても手にヤマガラを乗せたいのなら、僕に止める権利はありません。

だけど、何がヤマガラの為になるのか・・・一度考えてみてくださいね。

 

姿や声を聞くだけでも幸せな気持ちにはなれるんです。

 

庭に来る鳥が、ヤマガラじゃなかったら・・・

それはジョウビタキかも知れませんね。

【関連記事】ジョウビタキの姿を確認するにはこの一文をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク