ツグミ

「ツグミの生態は?どんな鳥なの?」

ツグミ(スズメ目ヒタキ科)は、冬に日本にやってくる渡り鳥です。
芝生などの開けた場所で食べ物を探し、数歩はねて胸をそらせた姿勢で立ち止まり、また数歩はねるという動作を繰り返します。

ツグミという名前は、日本にやってくる冬には鳴き声が聞こえない事に由来します。
ですが、実際のツグミは「クィクィ」などと鳴き、春になると、ボソボソとしたさえずり(ぐぜり鳴き)を行います。

 

ツグミの生態まとめ表

地面に降りて、胸をそらすツグミの画像

ツグミの特徴や基本情報
特徴大きく分けて2パターンの羽色が見られ「黒色と栗色が強いもの」「全体的に淡い色のもの」がいるが、個体ごとに微妙に違う羽模様をしている
会える季節秋〜春(5月初旬まで見られる事もある)
会える場所林、芝生、農耕地、河川敷
会える地域日本全国
名前
  • 漢字:鶫
  • 英語名:Dusky thrush
  • 学名:Turdus eunomus
名前の由来日本では鳴かない事から「口をつぐむ」に由来する。または、関東地方の方言で「しゃがむ」事を「つぐむ」と言い、それが語源になっているという説もある
サイズ/重さ24cm/80g
食べ物昆虫、木の実、種子など

枝に止まるツグミの画像

ツグミの生態や子育てについて
鳴き声「クィ、クィ」
「クワ、クワ」
「ポピリョン、ポピリョン、キョロキョロ」
寿命約10年と言われている
オスとメス同じ見た目だが、羽色が大きく分けて2パターンあるのに注意
歩き方早足で歩いては立ち止まるを繰り返す。弾むように地面をつつく
似た鳥シロハラ」「アカハラ)」「ハチジョウツグミ(少数が渡来)(外部サイト)」

性格単独行動を好むが、渡りの時期は群れで行動する。人間に対する警戒心は低め
行動秋に群れで、山地や北の地方の林に飛来し、次第に低地や暖地に移動し単独行動を行う。食べ物が多い場所では、たくさんの個体が集まり、ねぐらにつく前に、一定の木に10羽以上がとまる事がある
子育て
  • 繁殖地はシベリア中部や南部
  • (海外サイトによると)ツグミの巣は草、苔、小枝を、泥で結び、細かい草や苔を並べて作られ、3〜6個の卵を産む
  • 卵は約14日で孵化し、メスのみが温める
  • 孵化した雛は、15日ほどで巣立ちを迎える

参考文献

フィールドガイド日本の野鳥/高野伸二 著野鳥観察ハンディ図鑑 山野の鳥/安西英明 解説/谷口高司 絵

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
コメントを残す

CAPTCHA


Twitterでフォローしよう