モズ

「モズの生態は?どんな鳥なの?」

モズ(スズメ目モズ科)は、開けた場所の枝などに止まり、昆虫やトカゲなどを狙います。
モズは止まっている時に、尾羽を振る習性があり、モズだと見分ける為の重要な目印になります。

モズは秋〜早春までは、身近な場所でも見る事ができますが、春には平地などで繁殖し、夏には山へ移動するので、あまり姿が見られなくなります。
そうして秋になると、再び人里近くに現れ、甲高く鳴き、姿が目立つようになります。

 

モズの生態まとめ表

モズのオスの画像

モズの特徴や基本情報
特徴くちばしが猛禽類に似た先が曲がった構造になっている
会える季節1年中
会える場所農耕地、河川敷、山
会える地域九州以北
名前
  • 漢字:百舌
  • 英語名:Bull-headed shrike
  • 学名:Lanius bucephalus
名前の由来色々な鳥の鳴き真似ができる事から「百の舌を持つ鳥」で「百舌または百舌鳥」
サイズ20cm
食べ物昆虫、クモ、甲殻類、カエル、トカゲ、小鳥、ネズミなど

モズのメスの画像

モズの生態や子育てについて
鳴き声「ギチギチギチ」
「ジュン、ジュン」
「キィーキィー」
寿命平均寿命は2年ほどと言われるが、12年間生きていた話もあり、正確な事はわかっていない
オスとメスオスは目を通る過眼線が黒く、メスは褐色
歩き方飛び跳ねるように移動する
似た鳥アカモズ」「オオモズ
性格秋にはなわばり維持の為、モズ同士の争いが絶えない
行動林の周辺、農耕地、河川敷などのやや開けた場所で繁殖を行うが、子育てが失敗すると、すぐに別の場所へ移動してしまう。夏には山地で繁殖を行う。
子育て
  • 2〜8月頃に、木の枝を組み合わした皿状の巣に、2〜7個の卵を産む
  • 卵は約14日で孵化し、メスのみが温める
  • 孵化した雛は14日ほどで巣立つ
  • 巣立った雛は、2週間以上家族で行動し、その後、若鳥のみの群れを作る

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう