駅前の鳩と同じ鳩?いえいえ・・・それは。【庭に来る鳥】

「庭に鳩がやってきた」

駅前にいる鳩ですか?

 

なんか違いますか?

その鳩は、こんな姿をしていませんか?

キジバトの写真

この鳩は、「キジバト」という種類の鳩です。

庭にもよくやってくる鳩なので、庭に鳩がやってきたら、もしかしたらこの鳩かもしれません。

 

今度、鳩が庭にやってきたら、じっくり見てみてください。

駅前にいる鳩

カワラバト

駅前でよく見かける鳩は、こんな姿をしていませんか?

こちらは「カワラバト」という鳩です。

 

どちらの鳩も公園が好き

キジバトの写真

キジバトもカワラバトも、公園でよく見かけます。

でも、僕はキジバトを駅前で見たことはないんです。

駅前にいるのは、ほぼ100%カワラバト。

 

だけど、どちらの鳩も公園好きだから、公園にいる鳩は、キジバトだったりカワラバトだったりします。

 

 

ホッホーホッホー

すこし緑が豊かな場所だと、どこからともなく「ホッホーホッホー」という声が聞こえてきたりしませんか?

犯人は、キジバトなんです。

キジバトの魅力の一つに、この鳴き声があります。

 

初めてこの鳴き声を聞いたとき、フクロウがいる!!と思ったもんでした。

そして、鳩だと知ったときの衝撃・・・残念なような、鳩って魅力的!!って思ったような複雑な気持ちになりました。

 

キジバト観察ポイント

1.キジバトのファッションを楽しむ

2.鳩の体型に癒やされる

3.鳴き声を堪能する

キジバトの写真

1.キジバトのファッションを楽しむ

キジバトはオスとメスの違いがひと目ではわかりにくいです。

一応、オスは目の周りの赤い部分がメスより大きい傾向にあるそうです。

そんなことよりも、大切なのは、キジバトのファッションです。

 

黒い羽に橙色の縁取りなんて、最高にオシャレじゃないですか?

首もとのラインもアクセントになっていて、ポイントが高いです。

あと、全体的に淡い灰褐色なのが、品を醸し出しています!

 

2.鳩の体型に癒やされる

鳩はひと目で鳩とわかる体型をしていますね。

頭が小さくて、身体が大きい。

この身体の大きさが、妙に癒やされるんです。

 

キジバトの写真

絶妙な丸み!!!

凄く出来のいい陶器みたいです。

綺麗ですよね!!

 

3.鳴き声を堪能する

キジバトの魅力は、姿は勿論、やっぱり鳴き声!!

キジバトは出会うのが難しくない鳥なので、すぐに「あぁまた会ったね」みたいな常連感が出てしまいます。

ですが、「ホッホーホッホー」と、鳴き声が聞こえてきたら、キョロキョロキジバトの行方を捜してしまうんですね。

 

当たり前の様にある鳴き声だから、突然聞こえなくなると不安になる。

聞こえると、安心する・・・そんな鳴き声なんです。

 

庭の鳩はキジバトでしたか?

どうでしたか?

庭に来る鳩は「キジバト」だったでしょうか?

 

もしかしたら「カワラバト」かもしれませんね。

 

やっぱり鳩じゃなかった?

もっと橙色でスズメサイズだった?

ならこの子じゃないですか?【関連記事】橙色のスズメみたいな鳥(こちらをクリックで別の鳥のお話に移ります)

 

 

スポンサーリンク