環境に配慮した商品~ティッシュとコピー用紙編~

今回は、環境に配慮したティッシュと、コピー用紙をご紹介します。


nepiaのティッシュ

ネピアのティッシュ

ネピアのティッシュ

ポイントは、このFSCマークがあるか無いか。

これがあれば、環境に配慮されている商品と考えていいと思います。

色々調べると、難しい事が書いてますが、FSCマークのある商品は、適切に管理された森の木で作られた商品。

 

本当にFSCマークが環境に配慮されているのか・・・疑いだしたらキリがないのですが、

消費行動自体を否定せず、少しでも配慮したいという気持ちを大切にする為に、僕はFSCマークのティッシュを買います。

 


イオンのコピー用紙

イオンのコピー用紙

イオンのコピー用紙

コピー用紙を選ぶ時も、FSCマークがあるものを選べば、環境に配慮している事になる・・・と信じたい。

紙製品は、FSCマークがあるか無いかが、環境に配慮しているかのポイントになると考えています。

コピー用紙の白さを比べる

手元に昔に買ったSeriaのコピー用紙(FSC認証じゃない)があったので、白さを比べて見ました。

僕の机がすこしクリームがかった白なんですが、イオンのコピー用紙は、それよりすこし白いかな程度。

Seriaのコピー用紙は、高白度93%なので、かなり白いです。

 

でも、イオンのFSC認証コピー用紙は2種類あって、今回ご紹介した安い物と、白さを追求したすこしだけ高いタイプの物があるので、

必要に応じて、FSC認証紙でも、白いコピー用紙は手に入るようです。

 

僕は、絵を描く時のラフ用に使うだけなので、コピー用紙に白さを求めていません。

ただ環境に配慮しているかどうか・・・この一点だけで、コピー用紙は選んでいます。


紙製品は、FSCマークで、環境に配慮!

環境に配慮した紙製品を選ぶポイントは、ただ一つ。

ネピアのティッシュ

イオンのコピー用紙

FSCマークがある物を選ぶ!!


FSCマークが信用できる理由

・FSC認証を受けるまでに審査がある

商品を作っている人が勝手にマークをつけているわけではなく、FSC認証を発行する機関があって、そこが事務所、工場、倉庫等への訪問。管理体制、管理手順、使用伝票等の確認・・・さらに主な担当者の理解度を確認するためのインタビューまで行っているようです。

・FSCマークを使うのにお金が掛かる

FSCマークは無料で使えるマークじゃないんです。事業規模に合わせて費用を支払って、わざわざ企業がマークを使うんです。これだけでも、企業の環境への配慮の姿勢が感じられる気がしませんか?


FSCマークだけでは、企業は信用出来ない

たとえ、FSCマークを使っている企業でも、その横では、FSCマークの無い紙製品を売ってたり、

激安卵を売ってたりして・・・プラスマイナス・・・マイナス!って事が多いです。

だからこそFSCマークや、環境に配慮した商品を購入する事で、それが主流になる世の中にしていく事が大切。

環境に配慮したいと思っている人よりも、とにかく安く!って人が多いのが現実なのだから・・・


でも、無理せずに配慮しましょう

日頃から使うものだから、すこしでも環境に配慮したいと考える。

それがまだ見ぬ子ども達や、動物達、生命全体の豊かな存続に続くと信じて・・・

 

僕自身は本当に環境に配慮されているのかな・・・と、すこし疑った目で見てしまっているのですが、FSCマークがないよりもあった方が、配慮はされているのだろうと思い、

紙製品はFSCマークを探すようにしているんです。

あなたも出来るところから、一緒にゆるーく配慮していきましょう!


 

 

 

この記事を書いた人

おざきしょうた

スポンジで動物の絵を描いています。自然にも興味があって、カメラ(CANON/SX50HS)片手に野鳥の写真を撮っています。野鳥を通じて自然の魅力を共有したり、絵を描く楽しさを共有できたらと、このブログを運営しています。

スポンサーリンク