こどもといっしょに笑顔になるおえかき

真っ白なキャンバスに、いっぱいの色を乗せる楽しさは、大胆でありながら繊細な要素もあって、のびのびと育ってもらいたい子ども達に一回は体験してもらいたい経験だと思いませんか?

ただ、絵を描くと言うと、急に身構えてしまう方もいるかもしれません・・・
初めてなら、なおさら・・・まず道具を揃えるのが大変そうと思っているかもしれませんね。

ですが、今回ご紹介する方法は、ただ絵の具をつけてとんとんするだけの絵の描き方です。
絵を描くには、筆や水はけ、パレット、紙・・・たくさん道具を揃えるのがめんどくさくないですか?

けど、この方法は絵の具とスポンジを使って、紙にとんとんするだけなんです。

スポンジ画家が教えるスポンジとんとん

初めまして!僕の名前は、おざきしょうたと言います!!
スポンジでとんとんして、動物達を描いています。
どんな動物の絵を描いているかと言うと・・・

動物ポストカード「シロナガスクジラ」

こんな動物の絵を、スポンジでとんとんして描いているんです。
2019年を迎えてスポンジで絵を描いて、9年目を迎えました。
その間、阪急百貨店でワークショップをしたりして、子ども達にもスポンジとんとんを教える機会がありました。

そんなスポンジで絵を描いてきた僕だから、スポンジで絵を描く事の楽しさをお伝えして、一人でも多くの子ども達に絵を描く楽しさを感じてもらえたらと思い、今回はスポンジで絵を描くお話をさせて頂きます。よろしくお願いいたします!!

使うのはスポンジと絵の具だけ

スポンジ

用意する道具は、

・スポンジ
・絵の具
・画用紙

の3点です。
全部100均で揃う道具になっています。

 

早速、絵を描いてみよう

画用紙を置いて

スポンジに絵の具をつけて

画用紙の上に、スポンジをとんとん

 

スポンジとんとんの絵は、これで描けます。
スポンジをとんとんし始めて、こどもが「完成!!」と思ったら、それが完成なんです。

今回、ご紹介した方法で、スポンジとんとん9年目の僕が30秒で描くと・・・こうなります。

画用紙を置いて

まず、画用紙を置いて・・・

スポンジに絵の具をつけて

スポンジに絵の具をつけて・・・

紙の上にとんとん

とんとんします。

別の色もスポンジにつけて

また、別の色をスポンジにつけて・・・

またとんとん

とんとん・・・

またまた別の色をつけて

とんとん・・・

とんとんすれば、完成!!

完成です!!

 

実際の進め方

僕はスポンジとんとんに9年の時間を費やしているので、スポンジとんとんで、どんな絵も描けてしまいます。

が、初めてスポンジとんとんをする子ども達には、こんな絵を描いて欲しくはありません。
子ども達には、スポンジとんとんをして、白い画用紙に色を乗せる楽しさを感じて欲しいと思っています。

自由に描いていいよと言うと、子ども達も混乱してしまうかもしれませんので、まずは手元の絵の具を順番にスポンジとんとんしてみてください。

赤色を塗ってみようかーとか、
その次は、黄色をとんとんしてみようとか。

そうする事で、この色が赤と言うんだって事も理解していけると思います。

いっぱいとんとんして、カラフルな絵を子ども達と一緒に完成させてみてください!

もしかしたら、ポツンと色を乗せただけで満足する子もいるかも知れません・・・
そんな子はきっと、余白の美しさがわかる子になるかも知れませんよ。

 

まとめ

こどもといっしょに笑顔になるおえかきのまとめ。

1.画用紙とスポンジと絵の具を用意する。

2.スポンジに絵の具をつけて、画用紙にとんとんするだけ

3.まずは赤色を塗ってみようとか、次は何色にする?とか、親御さんが話しかけて一緒に絵を描く経験をしていく

 

以上です!
スポンジとんとん9年目、おざきしょうたでしたー。

スポンジで動物を描く僕の絵が気になる方は、ぜひおざきしょうたのインスタをご覧ください!

 

スポンサーリンク