スポンジで色を塗る!?ラッコの描き方

スポンジで色を塗る!?ラッコの描き方

海綿を買ってみた話

関連記事:動物の絵を描く時に使う道具の話

以前、↑の記事で、海綿のことを説明していたのですが、

その時はまだ買っていなくて、いつか買ってみる状態でした。

そして・・・ついに海綿を買ってみることにしたので、それでラッコを描いてみたいと思います!!


海綿の触り心地

海綿

これが海綿。天然のスポンジです。

触り心地は硬め。でも、水に漬けると、すぐにふやけて柔らかくなります。

握っても

握っても

形は変わらない

型崩れなし。

洗っても、乾いたら元の弾力に戻るので、何度でも使いまわせそうです。

では早速、海綿でラッコを描いていきましょう!!


真っ白い画面に想像する

ここに、ラッコがぷかぷか浮かぶ海を描く。

寒く、冷たい海。

それでも暖かそうなラッコ。ラッコ達の平和なひとときを描く・・・


まずは背景から塗る

目を凝らしてもらうと、薄っすらとラッコの形に切られたフィルムが見えませんか?

背景だけに色を付けたいので、ラッコの部分はフィルムで保護しています。

塗り始め。

背景は基本的に筆で塗ります。

画面全体にスポンジ感があった方がいいか、背景は筆でアッサリさせて、動物達との対比を出した方がいいのか・・・

その時々なのですが、いつもどっちがいいのか悩んでいます。

背景は筆で塗っているので、思い描く色が塗れるまで、作業を続けていきます。


ラッコをスポンジで描く

背景の色が決まったら、ラッコをスポンジでとんとんと塗っていきます。

まずは身体から。

海綿でとんとんしています。食器洗いのスポンジと比べると、より大胆な塗り心地です。

拡大した様子。

ラッコの毛深さを感じる質感になるまで、海綿でとんとんしています。

納得行くまでとんとんします


塗り終わったら、別の部位をとんとん

ラッコの顔を塗っています

身体が塗り終わったら、顔に移ります。

今回は顔の方が白っぽい色で、身体が黒っぽい色だったので、先に身体から塗りました。

フィルムによるマスキングは完璧ではないので、多少はみ出してしまうんです。

その時、白の上に黒がはみ出るよりも逆の方が修正もしやすいので、先に暗い色から塗っていきます。


納得行くまでとんとんする

身体と同じように納得行くまでとんとんします

身体と同じ様に、顔も納得行くまで海綿でとんとんします。


完成!!

目を描いたら完成です

目を描けば、完成です!!

海に浮かぶラッコ達

拡大すると、こんな感じ。

海に浮かぶラッコの平和なひとときです。


海綿の使い心地

スポンジ

いつもは食器洗いのスポンジを使っているのですが、

海綿

今回は海綿を使用して、ラッコを描いてみました。

結果、食器洗いのスポンジの方が良いと言う結論になりました。


海綿は使い捨て出来ない

一番の理由は、使い捨てが出来ない点です。

海綿は色を変えたい時、一度洗わなければいけない。それが凄く手間でした。

その点、食器洗いのスポンジは、色を変えたければ新しいスポンジを使えば良いので、そこに気を遣う必要が無かった。

それが食器洗いの大きな勝因でした。

海綿はあくまで新しいテクスチャーとして使う程度で、今後も食器洗いのスポンジにお世話になる予定です。


関連記事:そんな食器洗いのスポンジで描いたウミガメの赤ちゃんの制作風景を見たい方は、この一文をクリックしてください。

 

関連記事:スポンジでとんとんされてうまれた動物達「とんとんアニマルズ」って?と思ったら、こちらをクリックしてください。