子どもでも出来る!画家が教えるスポンジを使った絵の描き方3

子どもでも出来る!画家が教えるスポンジを使った絵の描き方3

第一回目の講座『スポンジとんとん基本の塗り方』

第二回目の講座『型を使って、スポンジとんとんしてみよう』


前回の講座では、型抜きした紙を使って、スポンジとんとんで絵を描きました。

今回は、スポンジとんとんで色を塗った紙を切り取って、アート作品を作ってみましょう!

スポンジとんとんで色を塗る

線を描く様に、スポンジでとんとん

線を描くようにスポンジとんとん

線と線の間を、スポンジでとんとん

その間も色を変えて、スポンジとんとん

さらにその間にスポンジで線を描く

さらに違う色でスポンジでとんとん

さらに間にスポンジでとんとん

第一回目の講座でご紹介した基本の塗り方を使って、スポンジとんとんで色を塗っていきます。

人の数だけ表現がある。自由にスポンジとんとんしていきましょう。

子ども達がとんとんした物と、お母さんやお父さんがとんとんした物を組み合わせて、共同作品を作っていきます。


色が塗れた紙から、型を抜きます

仕上がった作品2点

2枚出来たら、どちらかから型を取っていきます。

この時、2つの紙に違いがあればあるほど、面白い作品になるので、子ども達と一緒にする場合は、お母さんやお父さんが子ども達の絵を見ながら、自分の方を加減していきましょう。

前回の型抜きでうまれたお魚の形を紙に写して

抜きたい形を切り出して、紙に写し取ります。

紙を切る

カラフルなお魚がうまれました!


うまれた魚を、残りの紙に貼る

切った魚達を糊で貼り付けます

うまれたカラフルなお魚を、もう一つの紙に貼れば・・・

水の中を泳ぐ魚の群れの完成

水の中を泳ぐ、虹色のお魚達を表現したアート作品の完成です!


子ども達がすぐに飽きた場合・・・

いざ、スポンジとんとんを子ども達としようとした時、子ども達がすぐに飽きてしまう事もあると思います。

そこはもう仕方が無いので、お母さんやお父さんで頑張りましょう・・・

子どもに無理強いさせるのは、本末転倒ですからね。

もしかしたら、すぐに飽きてしまうかも

こんな感じで、終わってしまったら・・・

「綺麗な色だね~」といいながら、魚の型を使って・・・

そしたら、色が乗っている部分を取る様に、魚の形に切ったりするのもいいかも。

はいっ!お魚さん!

色を塗ったところを型抜きすれば、ちゃんとアートになるんです。

今回は、お魚でしたが、色々な形を使う事で、子ども達の好きな物をアートにする事が出来るんです。

もちろん、子どもが塗った作品をそのまま飾るのも良いですね。

自分が色を付けた物を、他人にいじくられるのを嫌がる子かも知れないので・・・そこらへんは子ども達とお話しながら、作品作りをしていきましょう!


これで、今回の講座は終わりです。

いかがでしたでしょうか?

型抜きした紙を使って、スポンジをとんとんする事で、その形の色を塗る事が出来ます。

それに今回のように、色を塗った紙を直接切る事で、コラージュの様なアート作品を作る事も出来るんです。

型抜きする形を変えれば、季節ごとに色々なアート作品を作る事が出来ます。

ぜひぜひスポンジとんとんで、アート作品を作ってみてください。

>>>第四回目の講座に行くには、こちらをクリックしてください>>>


第一回目の講座『スポンジとんとん基本の塗り方』

第二回目の講座『型を使って、スポンジとんとんしてみよう』