【自己紹介とプロフィール】おざきしょうたとTONTON ANIMALSが出会い、画家として歩み始めるまでのお話

【自己紹介とプロフィール】おざきしょうたとTONTON ANIMALSが出会い、画家として歩み始めるまでのお話

皆さん、初めまして!

スポンジを使って、動物達の絵を描いている「おざきしょうた」と言います。

現在は、関西を中心に、アートイベントやギャラリー等で個展をしながら、展示活動をしています。

ここでは、僕がどう生きてきて、どうして絵を描く様になったのか。

どうしてスポンジなのか、どうして動物なのか・・・

そしてどうして未だに辞めずに、展示活動を続けているのか、そんなお話をしたいと思います。


挫折から始まる、画家への道

高校を卒業しようとしていた僕に、画家になる道は、まったく見えていませんでした。

僕には他にやりたい事があったんです。それは料理を作る事!なので、高校卒業後は、調理師になるべく専門学校へ入学を決めたのでした。

ですが、高校卒業まで地元からほとんど出た事の無い僕は、社会の波にさらわれ、調理師と言う道を断念してしまいます。今では思い出すと、嫌な気持ちになる思い出にまでなってしまいました。

でも、調理師になると決めていた僕に、その道が閉ざされてしまうと、また別の道を見つけなくてはいけなくて、これはどうしたものか・・・と途方にくれていた時に、自分を見つめなおし、絵を描く事が好きだったのを思い出したんです。


どうみてもへたくそな絵

挫折を経て、絵を描く事が好きな事を思い出した僕ですが、今まで継続的に絵を描いていたわけではなく、絵の実力はどう贔屓目に見てもへたくそでした。

でも、その時は調理師の道が閉ざされて、他に何をすればいいのかが何も無かったので、すがる様に毎日ペンと紙を持つ日々を過ごしました。暫く経った後、独学では限界があると思い、絵の専門学校に入学する事に。

そこで絵の世界にも色々な表現がある事を知り、自分の表現を模索する様になりました。

しかし絵はいつまで経っても上達せず、それなのに自分の表現を見つければ絶対に大丈夫なんて、変な自信もあって、結果、凄く不安な時期を過ごしていました。

専門学校に入学したはいいものの、画力の向上はスズメの涙ほどで、自分の表現とやらも見つからず、出来上がるのは上手くも無い絵、いやへたくそな絵・・・このままだと専門学校を卒業してもどうにもならないぞ・・・と、どんどん焦りが強くなっていたのでした。


スポンジと出会う

専門学校を卒業するまで、あと半年。

色々な表現を試しながらも、どれもしっくり来る事は無く、焦りに焦りまくっていた日々。このまま何もつかめずに卒業してしまうのか・・・なんて諦めかけていたある日の授業で、スポンジを使って、粉砂糖を降りかけた様な表現を教えてもらったのです。

今でも何故そう感じたのか、自分でも分からないのですが、その時

ビビビ!

と、これしかない!と感じたのでした。
これが僕、おざきしょうたとスポンジとの出会いだったんです。


とんとんアニマルズがうまれる

スポンジを使って、絵を描こうと決めてから、不思議と昔から持っていた自然が好きな気持ちが蘇ってきて、スポンジで動物達を描こうと思い立ったのでした。

初めてのとんとんアニマルズ「ワニ」

今の表現と違うのは、動物達に対する考え方の違い。

この当時は、デザイン的な物を強く意識していた時期で、動物達の姿形に面白さを感じ、スポンジで描いたら面白い表現になるんじゃないかと思っての表現だったんです。

でも、これがスポンジでとんとんされてうまれた動物達「とんとんアニマルズ」が誕生した瞬間でした。


専門学校卒業後の活動

結局、専門学校に通っている間に、絵が飛躍的に上達する事が無かったので、イラストレーターとしてやっていく事は出来ず、自分の表現だけで活動する日々が始まりました。

と、言っても始めは何をどうすればいいのかがわからず、とりあえず自分の表現がどれだけ見る人に受け入れられるのかを確かめる為に、フリーマーケット等で、ポストカードを売る生活でした。

そこで、もう少し大きなアートイベントを知り、そこでもポストカードを売る日々。

そうすると、僕の表現を気に入ってくださったギャラリーの方から、個展をしないかと言われ、初めて個展をするまでに至りました。


百貨店でのイベント・画材メーカーとのコラボ

アートイベントでは、様々な方と知り合い、百貨店でイベントをしたり、画材メーカーのホルベインさんと協力してイベントをしたり、充実した作家活動を送る一方で、自分の表現に悩む様になりました。

それは、動物達を描けば描くほど、深くなる悩みでした。

動物達を描こうとすれば、動物達を知っていく。人間と動物達の血生臭い歴史、今でも続く無責任な動物達への対応・・・

動物達に対して、とても申し訳ない気持ちになってしまいました。

その時の動物達への感情は、ただの「好き」から「尊敬」へと変わっていて、動物達を表現する事も敬意ある表現とは何かを考える様になっていました。

そして、人間と動物達との関係をより良い物にしたい・・・そう思う様になっていました。

そう思ってしまったら、恵まれた環境にいたのに、自分の表現が広く一般的な消費物になってしまう様な気がして、描けども描けども、動物達から離れていってしまうような感覚に陥ってしまいました。


絵を描く事が嫌になる

動物達へ思いを寄せるほどに、人間活動すべてが、動物達への搾取だと感じ、僕は正直生きる事が辛くなりました。絵を描く事が酷く無意味に思え、動物達を表現したところで、人間と動物達との関係を考えるキッカケになるのか?と疑問に思う日々。

僕の生命よりも動物達へ居場所を譲った方がいいんじゃないかと思う様にもなり・・・でも、自ら死ぬ力も無く、生命である以上、人間も動物である以上、生きる事が生命と言う存在に対する敬意だと無理やり生きる方向に気持ちを持って行き、それならどう生きるべきかを考えなければと思う様になりました。

でも、絵を描く事は凄く贅沢な事で、そこから動物達に寄り添おうと思うのは甘いではないのかと思い、一度、共存とは何かを考えるべきだと、スポンジを手放す事にしたんです。


野菜を作ってみる

動物達を表現する中で、いつしか動物達の方に重きを置く様になっていた僕。絵で動物達を表現するよりも、直接自然との関わりを持ちたいと思う様になり、一度スポンジを手放す事にしました。

その為に実践した事が、野菜を作る事でした。

自然との共生を求めて、野菜作りを始める

環境を変えるのに一番効果的な事は、農業が変わる事だと本で知り、僕もそれに共感する所があったので、自分でも環境に配慮した野菜作りをするべきだと思ったからです。

そして野菜を作る中で、ただ野菜を作る事と、野菜を売って収益を上げる農業をする事の違いを知り、無農薬の実務の大変さや、農業を志す為の覚悟の持ち方を知りました。

無農薬に限りませんが、野菜を育てるのに大切な事は、毎日の野菜の状態を見る事で、無農薬でやるなら、基本的に虫等は手でとっていくのが基本となります。僕がお借りしている畑は本当に小さくて2mの畝が15箇所ある程度なのですが、それでも一つ一つの野菜を丹念にチェックすると、4時間くらい掛かってしまいます。もし、農業を志すならば、畑の広さは、何十倍にも広くしなければいけなくて、効率を考えて作業もしなければいけなくなります。

しかも野菜作りは野菜だけに目をやればいい訳ではなくて、野菜以外の草の管理。雑草のお世話もしなければいけません。これがかなり大変で、特に夏場は刈っても刈っても1週間も経てば元気に生えてきます。僕の実践している農法は、草を刈って野菜周りに敷く方法で、基本的に草は野菜よりも伸びない様に管理するだけなのですが、それでも草への対応が一番野菜作りの工程を占めるのではないかと言うくらいです。

後は、野菜を売る場合、販路の確保をしなければいけない事・・・等等。

野菜を作る事は、生き物と自然との触れ合いで、とても楽しいのだけれど、それを売るとなった時に、そこまでしたいかと言われたら、少し考えてしまう自分がいました。


社会とどう関わっていくのかを考えた結果

そんな野菜作り生活を始めて、1年ほど経った頃、結局絵が野菜に変わっただけで、自分の取り巻く状況と言うのが、さほど変化していない事に気づきました。

絵を描いて、野菜を作って、共通した悩みが、「どうやってお金を頂くか」だった事に気づき、自分のやる事に自信が無かっただけなのか・・・と自問自答していました。

動物達との共生を目指したいと言う気持ちに、嘘はないし、その為に始めた野菜作りでもあるし、でも絵も野菜も結局自分の中だけに閉じこもっていて、どう社会と接するかについて、まったく考えていなかった・・・やっぱりどこかで自分のやる事なんか・・・と言う投げやりな気持ちがあったんだと思います。

でも、このままじゃ駄目だ!と、僕がどう社会と関わっていくべきなのかを考える事にしました。僕は何に一番重きを置いているんだろう・・・野菜作りを本格化するのか、それとも動物達を表現していくのか・・・。

野菜作りを始めたのは、動物達との関係改善を目指してだった。でもどうして関係改善をしたいと思ったのかと言うと、動物達を表現して、動物達を知っていったからだったし、それがどうして野菜作りに繋がったのかと言うと、直接自然環境の中に身を置く事で、人間がどうあるべきか考えたかったからで、どうしてそう思ったのかと言うと、それを知らなくて何が動物達への敬意ある表現だ・・・と思ったから。

つまり、全部、動物達を表現する為だった事に気づいたんです。そして、野菜を作るか、絵を描くかのどちらかでお金を頂く場合、胸を張ってありがとうございます!と言えるのは、絵を描く方だと言う事に気づきました。

そうして、僕はまたスポンジを手にとって、本格的に動物達を表現する様になるのでした。


世界最大級の水族館「海遊館」で展示を行う

スポンジを再び手に取ったものの、動物達との共生とは・・・についての具体案も無く、正直その部分では何一つ納得していなかったのですが、動物達を表現する事については、僕の生き方の一つだと実感して、再び作家活動を始める事しました。

手始めに、お魚を100匹描く事で、スポンジで動物達を描き始めた時のワクワクした気持ちを思い出そうとしました。そして、そのお魚100匹を、以前から僕の動物達に興味を持ってくださっていたデザイン会社を経営されていた方に持ち込んで、これで何か行動を起こせないかと、相談する事にしたのでした。

そこから関西の一番有名な動物施設の一つでもある「海遊館」で展示を行おう!と言う目標を立てて、沢山の方々の手をお借りして、実現に漕ぎ付ける事が出来たのでした。

世界最大級の水族館「海遊館」での作品展示

動物園や水族館で展示する事に、動物への敬意と言う点で、反するものが無かったのかと言われると、正直ありましたが、動物園や水族館と言う施設が見る人に感動を与えるのも事実だという思いもあり、そう言った施設で展示をする事は、今後の動物達との関係を考えるキッカケにもなるはずだと思い、目標に掲げ、世界最大級の水族館「海遊館」での展示を、実現する事が出来たのでした。


動物達への敬意ある表現を目指して

今現在も、動物達の取り巻く状況は変わらずに、寧ろ自然との関わりが激減し、動物達への関心もますます歪んできている現代で、僕の表現がそこに一石を投じる事が出来るのか・・・いや、投じるんだと言う気持ちを持って表現に望もうと心に決めたんです。

今までやってきた野菜を作る事も、続けられる範囲で続けて行こうと思っています。野菜作りは僕にとってお金を頂く行為ではなく、小さな範囲でも自然のサイクルが整っている場所を作る行為として存在しているので、それが巡り巡って表現に深みを与えてくれると信じていますし、野菜を作っているから、自然の中に少しの間でも「生きる」と言う目標を持って、身を置いているからこそ、動物を表現する時に迷わずにいれる。

野菜作りも僕にとっては大切な作業だと実感する様になりました。

けれど、動物達の事を考えると、人間と言う存在、人間である事に少なからず嫌悪感を覚えてしまうのも事実。そして人間も動物であるからこそ、僕は人間に対しても敬意を抱きたいと思っているのも事実なんです。

動物達の事を思うと、人間である事に本当に申し訳ない気持ちが一杯になって、何もかもがどうでも良くなる。それでも生命は生きていかなくてはいけなくて、ならば少しでも動物達へ配慮をした生き方でありたいと思っています。

動物達と共にありたい。

でも物理的にそれを叶えるには、動物達の尊厳を犯してしまう事になる。動物達は長く進化してきたその環境で生きてこそ、生命としての美しさを発揮出来る物だと思うので、出来るだけ人間の都合を押し付けたくない。

動物達と共にありたい。

これは動物達を蔑ろにする人間の身勝手な願い。ただでさえ命を繋ぐ為に、命を奪っているのに、生きている世界まで奪う事に、僕は同じ人間として動物達に罪の意識を感じてしまいます。

動物達と共にありたい。

せめて、その所有欲だけでも、アートが満たす事が出来れば・・・僕のTONTON ANIMALSが、動物達と共にありたい気持ちを満たす事が出来れば・・・

動物達と共にありたい方々の為のTONTON ANIMALSを目指して、僕は再びスポンジで動物達を表現し、そして画家への道を歩み始めました。

スポンジでとんとんされてうまれた動物達
動物達と共にありたい人の為に、敬意ある表現を目指して

(2018.8.27)


おざきしょうたの略歴

■2018
ギャラリーgloggにて、個展
自作絵本4作を制作
郷の音ホールにて、ワークショップ「長さ8mの紙にスポンジでとんとん動物達を描く」

■2017
ギャラリープチポワンにて、個展
アートイベント「アートストリーム」に出展

■2016
兵庫県立 人と自然の博物館にて、個展
「とんとんアニマル展~アートから見る動物達の世界」
ギャラリープチポワンにて、個展「TONTON ANIMALS」

■2015
世界最大級の水族館 海遊館にて、とんとんアニマル展
ギャラリーgloggにて、とんとんアニマル展
梅田ロフトグラフィックスにて、原画展
手づくりアーティストのお店「Marsha」 昭南ビルにて、原画展

■2014
知多半島タウン情報誌 月刊ステップにて、新美南吉の詩集より「熊」の挿絵
動物達の為に出来ること、絵を描く事の意味を見失い、絵を描く事から少し離れる
ギャラリープチポワン(神戸)にて、個展「とんとんアニマル展」

■2013
詩とファンタジーNO.21冬愛号にて、イラストレーション入選
阪神百貨店にて、原画展示・デモイベント
阪急梅田にて、作品販売展示イベント
西宮阪急にて、作品販売展示イベント
ピアスギャラリーにて、個展「とんとんアニマル展」
梅田ロフト グラフィックスにて、展示販売・実演イベント
京都 画箋堂にて、デモイベント講師

■2012
Gallery SPOONにて、個展「とんとんアニマル展」
ギャラリーTenTenにて、個展「とんとんアニマル展」
名古屋セントラルアートギャラリーにて、「パンパステル作家展」参加
ギャラリー甲風画苑にて、「パンパステル作家展」参加
梅田ロフト グラフィックスにて、展示販売・実演イベント
ホルベイン画材株式会社にて、アーティストトレーディングカード見本作成・体験講師
ザ・パックにて、カレンダーイラストに使用

■2011
心斎橋ダブルエーギャラリーにて個展「とんとんアニマル展」
Marsha企画「手づくりアーティスト展」
Cafe LOOPにて個展「とんとんアニマル展」
有馬カンツリー倶楽部にて、絵の制作
神戸ロフトグラフィックスにて期間限定の委託販売+実演
Marshaと合同企画
梅田ロフトグラフィックスにて期間限定の委託販売
ギャラリーTenTenにて初個展「とんとんアニマル展」
ATC南港・アート&てづくりバザールに出店
中崎町にある雑貨屋「遊美屋」にて委託販売
ボンポアンにてパッケージデザイン&イラスト提供
手づくり市でポストカード等を販売し始める
手づくり絵本「ん」
講談社フェーマススクールズ ワンちゃんイラストコンテスト 佳作


まとめ

このブログは、

動物達と一緒にいたいを叶えるブログです。

動物達を飼う事は、覚悟のいる事で、責任がある事で、動物達の尊厳を冒す事でもあります。それでも動物達を飼うその先には、変えがたい魅力があるんだろうと思います。

ですが、動物達を思うと、自然の中で、のびのびと生きていた方が魅力的で、自分がこれを侵してはいけないと思うのも、人間として当然の考えだと思います。

不幸な動物達を増やさずに、それでも動物達と一緒にいる方法・・・その一つがアートだと僕は思います。

動物達を想ってうまれた「TONTON ANIMALS」は、きっとその願いを叶えられると信じています。

このブログは、そんな動物達の事を想いながら、動物達と一緒にいれたらいいだろうなぁと思う貴方に、「TONTON ANIMALS」をご紹介するブログです。