セグロセキレイとハクセキレイの見分け方

セグロセキレイとハクセキレイの見分け方

セグロセキレイの写真

ハクセキレイの写真

どっちがセグロセキレイ?

上の写真、あなたにはどう見えていますか?

同じに見えるなら、次のポイントに注目してみてください。

 

顔に注目

セグロセキレイの写真

ハクセキレイの写真

上の写真の鳥は、顔が真っ黒で、額に白い線があります。(セグロセキレイ)

下の写真の鳥は、顔が真っ白で、目を貫くように黒い線があります。(ハクセキレイ)

 

出会う場所にも注目

セグロセキレイの写真

ハクセキレイの写真

セグロセキレイとハクセキレイは、似ているようで出現場所が違うんです。

・セグロセキレイ:水辺~水辺周辺

・ハクセキレイ:水辺~草原~駐車場

 

ハクセキレイは駐車場にもいるくらい、都市部への適応が進んでいます。

でも、セグロセキレイは水辺を中心に暮らしています。

 

川に行くと、ハクセキレイもセグロセキレイも見ることが出来るんですが、

駐車場では、ハクセキレイがほとんどだと思います。その駐車場の近くに川がない限り・・・

 

逃げ方も違う

セグロセキレイの写真

ハクセキレイの写真

セグロセキレイもハクセキレイも、尾羽をフリフリしながら、テクテク歩いています。

ただセグロセキレイは逃げるときに、多少は走るものの、すぐに飛んでいってしまいます。

ハクセキレイは、まずは早足で逃げて、駄目そうなら飛んで逃げる印象です。

 

どっちがセグロセキレイかわかりましたか?

セグロセキレイの写真

こちらがセグロセキレイ

ハクセキレイの写真

こちらがハクセキレイでした。

 

見分け方ポイント3つ

1.見た目:確実性★★★★★

一番オススメの方法!

視力が良ければ、遠くの鳥の姿もハッキリ見える。

顔が黒ければセグロセキレイ、白ければハクセキレイです。

セグロセキレイとハクセキレイの顔の違いは、ハッキリしているので、見た目で判断できるのが一番簡単です。

 

2.出会う場所:確実性★★

セグロセキレイは水辺周辺によくいる鳥で、

ハクセキレイは水辺~草原~駐車場まで幅広くいるので、

駐車場で出会うセキレイは、ハクセキレイであることが多いです。

 

ただ、何にでも例外は起こり得るので、この方法で種を特定するのは危険ですね。

 

3.逃げ方:確実性★★★

めっちゃ走るやん!って鳥は、ハクセキレイ。

走る素振りをして飛んでいくのは、セグロセキレイ。

 

観察していると、そんな感じです。

でも、これも例外はあります。

ハクセキレイも危険を感じれば、すぐに飛んでいくので・・・

 

セグロセキレイのヒナ

セグロセキレイの写真

季節によっては、セグロセキレイのヒナを見ることが出来るかも知れません。

ヒナは全体的にぼけた色で、クチバシの縁が黄色いです。

 

警戒心が薄くて、あんまり逃げません。

でも親鳥が心配するので、鳥を見かけてもあまり近づかないようにしましょう。

セグロセキレイの写真

左がセグロセキレイのヒナで、

右がセグロセキレイの親鳥です。

 

ガードレールに留まっていますが、すぐ近くに田んぼと川があります。

やっぱりセグロセキレイは水辺が好きなんです。

 

【次の記事】セグロセキレイとハクセキレイは見分けられましたか?ハクセキレイについてはこちらの記事で見ることが出来ます。