【ラッコマンガ】海に浮かぶラッコ

【ラッコマンガ】海に浮かぶラッコ

ラッコマンガ「ぷかぷか1」

ラッコマンガ「ぷかぷか2」


ラッコが海に浮かんでいる

今日も、北の海で、ラッコが浮かんでいる。

ラッコと言えば、海に浮かぶ姿。

そもそも、浮かぶって何だろう?


水より重いか、軽いか

水に浮かぶとは・・・

調べた結果、一番簡単な答えを発見しました!

水と体積を比べて重いと沈み軽いと浮かぶ


アルキメデスの原理・・・習ったような

さらに調べると、

水中での物体は、その物体がおしのけた水の重さだけ軽くなる・・・「アルキメデスの原理」に辿り着きました。

学校で習った気もするけど、ここに来て、学びなおしですね・・・

・・・お風呂に入った時、湯船があふれる。この時、お風呂に浸かっている自分の体重分のお湯があふれている。

そして、あなたは自分の押し出した分と同じ浮力を受ける・・・そうです。


人間はすこし重い

個人差もありますが、人間は浮力を得てもすこし水より重いそうです。

だから、手や足をばたつかせると、水に浮いていられるのだそう。


ラッコが浮くのも、浮力のおかげ

ラッコも浮力のおかげで浮いています。

人間も体力を使わず、浮きたいなら浮き輪を使ったりしますよね。

浮き輪から、ラッコの秘密を紐解く・・・答えは「空気」にあり!


ラッコは毛に空気を溜め込む

毛に空気を溜め込むって言っても、毛を無くした僕ら人間には、あんまりピンと来る話ではないですよね。

でも、多くの動物は自分の毛に空気を溜め込み、暖をとるんだから・・・人間の方が少数派。

そんなわけで、ラッコは毛に空気を溜め込む事で、海に浮かび、さらに暖をとっているんですね。


毛なし生物、人間の不思議

毛があることが大多数の哺乳類の世界で、人間に毛が無いのは、とても不思議です。

毛を8億本も生やす動物がいる一方、必要最小限の毛しか持たない人間もいて・・・

生命って本当に不思議だと思いませんか?僕はとても不思議に感じて、とても凄いなぁと思います。


ラッコマンガに込めた思い

絵を描く事で、動物達の魅力を伝えたいと思っていた僕。

スポンジを使った独自技法の絵画では、1つの作品を完成させるのに、時間がかかるし、1つに動物達の魅力をすべて詰め込む事が出来ない・・・

なら、また違った絵を描く方法で、動物の魅力を表現すればいいんだ!!と、ラッコの事を伝える4コママンガから始めて見る事にしました。


なぜラッコなのか?

その理由は3つあります。

1.僕の絵で、原画が一番売れたのがラッコだったからです。

2.僕が海を好きだからです。

3.僕は鼻が大きいと、昔から言われてきて・・・鼻に特徴のある動物に親近感があるから


ラッコだけでも大変

すべての動物は魅力ある存在だから、あのこもこのこも伝えたいんです、本当は。

だけど、ラッコの魅力を伝えようと思ったら、中途半端じゃ良くない。

僕も改めてラッコの知識を整理しないといけなくて、あれもこれもだと全部が中途半端になると思ったので、

マンガはラッコの魅力を伝えるものにしようと心に決めました!


ラッコマンガ「らっこあらっこ」をよろしくお願いします!

ラッコマンガだけすぐに読みたい方、必須の手順!!

1.右のサイドバーにある【カテゴリー:ラッコ】をクリック(ここをクリックしても、カテゴリー:ラッコのページへ飛びます)

2.そのページをお気に入り登録する

終了です!!


 

【ラッコマンガ】ラッコはかゆいわけじゃない

↑ラッコの秘策を、維持するための命がけの毛づくろい↑