【マンガ】世界一毛深い「ラッコ」の毛の真実

【マンガ】世界一毛深い「ラッコ」の毛の真実

ラッコマンガ「らっこのけのしんじつ1」

ラッコマンガ「らっこのけのしんじつ2」


世界一毛深い動物「ラッコ」

この広い地球で、一番毛深い動物は何だろう?

そんな話題が挙がった時には、「ラッコ!」と声高々に発言しましょう!


ラッコの毛の構造

・アンダーファー:短めの軽いウェーブがかかった柔らかい毛

・ガードヘヤー:短めのガードヘヤーと、長めのガードヘヤーがある

それぞれのガードヘヤーが、一本づつアンダーファーと絡んで、束を作っている。

短めのガードヘヤーの束と、長めのガードヘヤーの束があるんですね。


1平方cmに、1400束

そして、このアンダーファーとガードヘヤーの1束が、1平方cmに約1400束あって、

その毛の本数、10万本!

これは成人の毛の量と、ほぼ同じ。


ラッコの毛の総数・・・8億本

1平方cmに、10万本の毛を持つラッコ。

身体全体の毛になると・・・なんと、8億本にもなるんです。

8億本の毛並みって、一度でいいから触ってみたいですよね・・・

そんなわけで、ラッコは悲運に見舞われるわけなんですが・・・それはまた別のお話で。


ラッコマンガに込めた思い

絵を描く事で、動物達の魅力を伝えたいと思っていた僕。

スポンジを使った独自技法の絵画では、1つの作品を完成させるのに、時間がかかるし、1つに動物達の魅力をすべて詰め込む事が出来ない・・・

なら、また違った絵を描く方法で、動物の魅力を表現すればいいんだ!!と、ラッコの事を伝える4コママンガから始めて見る事にしました。


なぜラッコなのか?

その理由は3つあります。

1.僕の絵で、原画が一番売れたのがラッコだったからです。

2.僕が海を好きだからです。

3.僕は鼻が大きいと、昔から言われてきて・・・鼻に特徴のある動物に親近感があるから


ラッコだけでも大変

すべての動物は魅力ある存在だから、あのこもこのこも伝えたいんです、本当は。

だけど、ラッコの魅力を伝えようと思ったら、中途半端じゃ良くない。

僕も改めてラッコの知識を整理しないといけなくて、あれもこれもだと全部が中途半端になると思ったので、

マンガはラッコの魅力を伝えるものにしようと心に決めました!


ラッコマンガ「らっこあらっこ」をよろしくお願いします!

ラッコマンガだけすぐに読みたい方、必須の手順!!

1.右のサイドバーにある【カテゴリー:ラッコ】をクリック(ここをクリックしても、カテゴリー:ラッコのページへ飛びます)

2.そのページをお気に入り登録する

終了です!!


【次のラッコマンガへ】