これでバッチリ!カリフォルニアスタイルを極める○○○のインテリアアート

これでバッチリ!カリフォルニアスタイルを極める○○○のインテリアアート

カリフォルニアスタイル・・・それは海を感じるインテリア

潮風感じる、まるで海が近くにあるような部屋に、僕は凄く憧れます。僕の住んでいるところは、山々に囲まれた海とは無縁の場所なので、海に対して、すごーい憧れがあるんです。

だから部屋だけでも、海を感じる様にしたい!!と思って、カリフォルニアスタイルのインテリア実例ばっかり見ては、ため息をつくんです。

だって、画家活動も上手くいっていないのに、インテリアにお金を使う事は出来ませんよね・・・少し収入があれば、すぐ絵の具や画材を買ってしまう余裕の無さ・・・

そんなわけで、カリフォルニアスタイルのインテリア実例ばかり見ては、またため息をつくんです・・・

そんなインテリアの実例を見ていて、ふと思いついたんです。

もっとカリフォルニアスタイルに磨きをかけたくありませんか?

画家である僕は、インテリアもこだわりたい。けれど、お金が無い。あっても、すぐ絵を描く材料を買ってしまう。

それでもインテリアにこだわりたい。いつかこうするぞー!!なんて思いながら、

皆さんの実例を見るんですが・・・画家だからかな・・・ここに絵があったら最高なのにって思うんです。

インテリアの最終地点、アートを飾る!!

インテリアの最後の仕上げは、アートを飾る事なんです。

インテリアにこだわって無くても、アートを中心にすれば、その部屋は映えるんです。

イチゴのショートケーキは最後にイチゴをのせて完成するように・・・お部屋も最後にアートを飾る事で完成するんです。

ポスターでいいでしょ。

確かにポスターでも、額装すれば見栄えは良くなりますが、そこにあなたの気持ちがどれだけ込められているでしょうか?

ポスターはただのインテリアでしかないんです。

でも、アートは違う

アートも飾ればインテリアだけど、飾る前は作者が魂を込めたアートという存在なんです。

作者が魂を込めるからこそ、絵を見た人はなんかいいなって思ってくれるんです。

勝手に死ぬほど苦しい思いをして、自分なんかごみくずだって思いながら、絵を描いて・・・その感想が「なんかいいな」なんです。

そのなんかいいなって思った時に、あなたの心はアートと繋がって、あなたの心がそのアートとして形になるんです。

だからアートはあなたでもある

絵を描く時、作者はそのモチーフに対して、並々ならぬ気持ちを注ぎ込んでいます。

それは誰かの為じゃなく、自分とそのモチーフの為なんです。

でも、あなたの為に描かれた物じゃなくても、その絵を見てあなたの心が動いたなら、そのアートはあなたでもあると僕は思います。

アートで呼び起こされる気持ち

どうしてそうなるんでしょう?

それはアートを見る事で、あなたの気持ちが呼び起こされたからなんです。

それがどんな気持ちかは、あなたにしかわかりませんが、アートはそのきっかけになれるんです。

でも、ポスターには無理

この気持ちを呼び起こす事は、ポスターでは無理なんです。

ポスターは、綺麗だな、センスがいいな、オシャレだな・・・みたいな表面的な部分しか訴えてこないからです。

だから、あなたのこだわりを持った部屋に飾るのは、ポスターよりも絶対にアートなんです!

アートは高い!!

そうですよね。アートは高い。ぼったくりみたいな値段と感じる事もありますよね。

画家が死ぬほど魂を込めた、たった1点だけの物で、それにあなたの心が動かされたんですが・・・

それでも何百万と言われたら、戸惑われるのも無理はないと思います。

高いよりも安い方がいいに決まってる

原画は世界に一つだけ。

価格が上がる事はあっても、下がる事はなかなかありません。

良いものでも、値段が高いよりは安いほうがいいですよね。僕だってそう思います。

ですが、アートはあなたの気持ちが形になったものなんです。ずっと共に歩むパートナーの様に、あなたの傍にある存在になるんです。

20年連れ添うなら、100万のアートは、1日137円、毎日ペットボトルのジュースを飲むよりも安く、気持ちを大切に出来るんです。

アートの効果もよくわからない

アートが良いといわれても、本当にいいのか、実際に飾って見ないと確かめようがないですよね。

でも、飾るにはアートを買わないといけない。

なんか博打みたいで、すぐにアートを飾る決断が出来ないのは、当然の事です。

そこで複製画の出番

世界に一つだけのアートは、確かに高い。魂が込められていて、あなたの感情への訴えかけも強いから。

でもアートを印刷した複製画なら、価格がグッと下がって、手に入れやすくなります。

最近は、印刷技術の向上で、家庭用のプリンターでさえ、原画ですか?なんて言われることもあるくらいです。

結局、何を飾ればいいの?

それは世界で一つだけのアートです。と言いたいのですが、初めてアートを飾るのには、

壁に穴を開けたり、

いまいち良さがわからなかったり、

何より費用が高かったり

と、不安な点も多いと思います。

そこで、インテリアアートの出番

アートインテリア

世界に一つだけのアートから複製画を紹介して、最後はインテリアアート。

結局ポスターじゃないですか!!

確かに見た感じはポスターと変わりないかもしれません。

が、ポスターではないんです。

これは僕がポスターを参考に、お試しアートで飾ってもらえるように制作したアートなんです。

アートインテリア側面

確かに一枚一枚は、世界に一つだけの原画ほどの魂を感じないかと思います。

ですが、これは6枚で1つの世界を表現しているアートなんです。

そして、気軽に飾ってもらえるようにと、柔らかな雰囲気で仕上げています。

アートインテリアアップ

このお試しアートでも、十分にインテリアがグレードアップする事を実感頂ければ、

世界に一つだけのアートは、その比じゃないくらい、お部屋がパワーアップしてしまう事を実感していただけると思います。

アートインテリア裏面

絵を飾る時の不安な要素である、壁に穴を開ける必要はありません。

パネル加工をした物なので、万が一落下しても安心です。

絵の飾り方は、裏面にひっつき虫をつけて、壁に貼り付けるだけなので、位置を調整するのも簡単です。

ひっつきむし

お試しアートとしては最適の作品になっています。

カリフォルニアでラッコ?

カリフォルニアスタイルを、バッチリグレードアップさせるインテリアアート。

それがなんでラッコなんでしょうか?

それは、カリフォルニアに行けば、野生のラッコを見る事ができるからです!!

ラッコに会うにはモントレー

野生のラッコを見るのは、難しいと言われているんですが、カリフォルニアのモントレーにあるモスランディングという場所では、比較的簡単にラッコを見ることができるんです。

カリフォルニア

カリフォルニアは、ここです。

モントレー

カリフォルニアにあるモントレーはここです。

モスランディング

モスランディングはここらへんです。

ラッコの聖地?カリフォルニア

ラッコは見ようと思えば、北海道でも見る事が出来ますが、かなり運が良くないと見れません。

ですが、カリフォルニアでは、比較的簡単に見る事が出来るようです。しかも近いし、ラッコの群れで!!

カリフォルニアスタイルを目指すなら、ラッコをインテリアに加えるのは当然!?

そう、カリフォルニアでは、ラッコは身近な存在なんです。

それはアメリカ先住民の頃からのお付き合いなんです。

比較的簡単にラッコが見れるカリフォルニア。そのお付き合いは先住民の頃からの長いお付き合い。

そうなら、カリフォルニアスタイルのインテリアに、ラッコを招く事は、何にも不思議な事じゃないですよね。

あとは、あなたがラッコに心を動かされるかどうかです。

波の音が聞こえる

潮風を感じるような、まるで海が近くにあるようなカリフォルニアスタイルの部屋。

その海には、今日もプカプカとラッコが泳いでいる。

日本にいながら、ここはカリフォルニア。あなたの特別な部屋を、もっと特別にしませんか?

アートインテリア

モントレーの海。ラッコの泳ぐ海がそこにはある。

ラッコの食べるアワビ・ウニ・カニ

海の中では、コンブの森が広がって、ケルプフィッシュの家になっている。

6枚でモントレーの海を表現した、あなたのカリフォルニアスタイルのお部屋を、もっと魅力的にするラッコのインテリアアートです。