子ども達にも教えたい。世界の虹は7色じゃないってこと。

子ども達にも教えたい。世界の虹は7色じゃないってこと。

以前、スポンジを使って虹を描いた時に、虹の事を調べて、改めて虹から得るものがあったので、そのお話をしたいと思います。

関連記事:絵の具とスポンジを使って、虹を描く方法を知りたい方は、この一文をクリックしてください

 

虹が7色なのは、日本だけ。ぼんやりと知っていた事実だったけど、今回虹を描くにあたって、世界によって虹の色が変わる理由がハッキリとしました。


見ている虹は同じ

世界によって、現れる虹の色が違うという話ではなく、

虹は世界のどこでも同じ虹なんだそうです。


違うのは色に対する考え方

赤や青と言う色を認識しているか。

その色を表す言葉があるか。

色に対するこだわり。

虹の色が世界で違うのは、色に対する考え方の違いからだったんです。


これも虹!?

南アジア・バイガ族の虹
南アジア・バイガ族の虹

赤と黒。これも虹なんです。

南アジア・バイガ族は、明るい色(赤や黃など暖色系)を、暗い色(青や紫など寒色系)をとザックリ分けているので、「虹は何色?」と聞かれると、赤と黒と言う答えになるそうです。

 

考え方で、同じ物を見ていても、まったく違う答えになる!!

たかが虹かも知れませんが、虹から学べる大切な考え方だと思いませんか?


世界の虹を見てみよう

それでは、世界の虹は何色なのか・・・

一緒に見ていきましょう!

アフリカの虹

 

 

アフリカ・アル族の虹
アフリカ・アル族の虹

アフリカは8色の虹です。(赤・橙・黄・黄緑・緑・青・藍・紫)

アフリカの大地や、キリンやゾウ、ライオン・・・雄大さと豊かさ、そして厳しさ。

アフリカの人のファッションの楽しい感じを思えば、虹が8色なのも、うなづけますね。

日本の虹

 

日本の虹
日本の虹

日本は、7色の虹です。(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)

日本の色は、萌黄色とか、若草色とか・・・色に対する考え方が美しいと、僕は思っています。

だけど、虹の場合は、7と言う数字が好きだから、7色で考えたような・・・そんな気もしているんです。

 

ここからは一気に各国の虹を見てみましょう!!

アメリカの虹

 

アメリカの虹
アメリカの虹

アメリカの虹は、6色です。(赤・橙・黄・緑・青・紫)

ドイツの虹

ドイツの虹
ドイツの虹

ドイツの虹は、5色です。(赤・橙・黄・緑・青)

インドネシアの虹

インドネシア・フローレンス島の虹
インドネシア・フローレンス島の虹

インドネシアの虹は、4色です。(赤・黄・緑・青)

台湾の虹

台湾・ブヌン族の虹
台湾・ブヌン族の虹

台湾の虹は、3色です。(赤・黄・紫)

 


虹の色は、その国を表している?

ドイツや台湾の虹を見て思ったのですが、虹の色数から、その国っぽさが出ているような気がしています。

ドイツの虹
ドイツの虹
台湾・ブヌン族の虹
台湾・ブヌン族の虹

 

まったく根拠は無く、完全にイメージの話なんですが、

ドイツの5色の虹は、藍や紫などの寒色要素が少なくて、ヨーロッパテイストの落ち着いた印象を、虹からも感じる事ができませんか?

台湾の3色の虹は、アジア感満載な印象を受けませんか?(赤と黄ときて・・・紫をチョイスするところが、夜の熱帯雨林に囲まれながらも、町には灯りがともり、でも蒸し暑い・・・そんな印象を受けるんです。僕は。)

 


虹は色の見方で、何色にもなる

虹は色の見方で、何色にもなるんですね!

デザイナーさんとかが見たら、赤、赤みの橙、橙、黄みの橙、黄、黄緑、緑よりの黄緑、緑、緑より青・・・・・・なんて、かなりの色数を答える方もいるかも知れませんね。

 

虹1つとっても、答えが違う。

物の見方で答えは変わる。

ついつい自分の世界が真実だと思ってしまいがちだけど、見方次第で世界はいくらでも変わる事を忘れないようにしたいですね。


スポンジで虹を描く方法

今回、虹について調べたのは、スポンジで虹を描く方法を記事にしたからだったんです。

小さなお子さんでも、大人の方でも、もし虹を描きたくなったら、↓をクリックしてみてくださいね。

関連記事:絵の具とスポンジを使って、虹を描く方法を知りたい方は、この一文をクリックしてください