地球にワクワクする野鳥観察~日常を楽しむキッカケ~

地球にワクワクする野鳥観察~日常を楽しむキッカケ~

日常を楽しむ人、楽しめない人

毎日毎日、同じ生活同じ日常、でも楽しそうな人がいる。

その人はどんな世界を見ていると思いますか?

あなたと同じ日常生活を送っていながら、なぜ一方は楽しそうなのか?

 

見ている物が違う

それは見ている物が違うからなんです。

言い換えるなら、価値観が違うから。

何を大切にしているかが違うからなんです。

 

他人に求めても辛くなるだけ

他人は他人。自分じゃない。

自分の期待を押し付けても、他人がその通りに動いてくれるわけじゃない。

だからこそ人付き合いは面白い。

でも、辛く感じるものなんです。他人に求めてしまうと。

大抵は、望んだ結果にはならないから。求めてしまうのは、結果としてどちらも不幸になってしまう。

 

自分の中に求めよう

他人に求めず、自分の中だけで解決する生き方にすると、他人と自分の違いも楽しめるようになります。

こんな人がいるんだって、人間の複雑さを楽しめるんです。

その為に、何が必要か・・・?

 

僕の場合は・・・

僕は動物達を見る事で、自分の中で生きている実感を持つ事が出来ました。

特に野鳥観察で、です。

野鳥観察は動物達を見るのには、とても手軽な方法で、オススメです。

 

見れば見るほど、野鳥達の美しさやたくましさ、命の残酷さを見せ付けられ、生きる事を考えさせられます。

 

野鳥の世界

無残に広がった鳥の羽。これはタカのような鳥が、他の鳥を襲った証拠。

ここで何かが死んで、何かが生き抜いた。これが毎日この世界で起こっているんです。

 

死に注目すれば、ただ悲しいお話。

生に注目すれば、ご飯を食べれた喜び。

 

この世界にはどちらも一緒に存在している。

 

そうかと思えば、ただただ愛らしい小鳥達の姿があったり・・・

一言では言い表せない世界を目の当たりにして、僕は強くなれたと思います。

 

人間社会だけで悩んでいませんか?

悩まないよりも悩んで考えた方が、問題解決には近づくと思います。

だけど、悩みは時としてあなたを殺してしまう。

ほんのすこしだけ世界の見方を変えるだけで、気持ちが楽になるかもしれないのに・・・

 

僕達のすぐ隣には野鳥の世界が広がっている

野鳥なんて知っても、何の役にも立たないと思うかも知れません。

でも野鳥はキッカケに過ぎないんです。

野鳥を通して感じるのは、この世界の生き方やあなたの大切にしたい物。

 

野鳥というわかりやすい存在があるからこそ、あなたは自分の中で考える事が出来るんです。

 

ただ鳥を意識するだけで良い

本格的に野鳥観察を始める必要はありません。

外に出かけた際に、鳥の鳴き声や姿を意識するだけでいいんです。

その回数が多ければ多いほど、野鳥を通して、あなたは自分の気持ちを整理出来るんです。

 

野鳥はあくまでキッカケ。

でも、野鳥は僕達人間とはまったく違う価値観の中で生きている存在。

そのまったく別の存在を意識する事が、あなたの世界を広げる事に繋がるんです。

 

世界が広がれば、人間社会だけで物事を考えていた時よりも、ずっと気持ちが楽になるはずです。

 

そうゆうわけで野鳥を意識する生活を始めてみませんか?