野生動物画家が撮る野鳥写真NO.2

野生動物画家が撮る野鳥写真NO.2

自然を意識していると、色々なところで季節の移り変わりを感じる事が出来ます。

桜が咲いたり、葉が茂ったり、落葉したり、紅葉したり、枝だけになったり・・・木だけを見ても、そこに時期ごとの姿があります。

そして、野鳥を見ると、野鳥達からも季節の移り変わりを感じる事が出来るんです。この地球に生きているんだから、人間社会だけじゃなく、もっと別の世界にも目を向けたいですよね。

人間だからって、狭い世界に閉じこもっているなんて、勿体無い。

世界を広げる為に、まずはバードウォッチングがオススメです。


バードウォッチングが冬にオススメな理由

・冬は葉が落ちて、木が枝だけになる

・鳥が群れになる

・観察しやすいカモがやってくる

・餌探しが大変になって、野鳥達の行動範囲が広がる

まとめると、冬は野鳥達を観察するのが簡単なんです!


カモ・カモ・カモ・鴨だらけ

ヨシガモ

冬になると、池や川・・・水のあるところにカモがやってきます。

写真の鳥は、ヨシガモと言うカモで、見ての通り・・・めっちゃ綺麗★

太陽が照らせば、この顔の緑色がキラキラ輝いて、本当に綺麗です。

僕のカモライフから言うと、ヨシガモは川より池で見る事が出来るような気がします。池なら小さくても大きくても、どこでもいる可能性がある・・・そんな印象です。

ぜひ、この綺麗なヨシガモを見て欲しいです。水辺をスイスイ泳ぐ姿と相まって、本当に魅力的なんです。


小鳥達の群れに囲まれる

冬になると、ある種の小鳥達が、種の垣根を超えて群れを作ります。専門用語で「混群」と言うのですが、この小鳥の群れに出会うと、絵本の中の世界にいるような・・・そんな感覚になるんです。

ヤマガラ

混群を作る小鳥達。

上の写真はヤマガラです。

コゲラ

スズメサイズの小さなキツツキ「コゲラ」も群れの中に混じります。

シジュウカラ

小鳥の群れは、枝だけになった木々の中では、結構目立つし、しかも小鳥達は良く鳴きます。

なので、小鳥の群れに包まれると、小鳥の鳴き声にも包まれて・・・

それは夢見心地な気分になるんです。


小鳥の中でも小鳥なエナガ

エナガ

スズメよりも小さな小鳥、エナガです。

エナガは混群と言うよりは、エナガだけで群れを作っている印象です。

良く鳴くので、いるのはわかるのですが、動きが素早くて、なかなかじっくりと観察させてくれません。

間近で見る機会がある小鳥なので、ぜひその出会って欲しいなぁと思うんです。


夏のバードウォッチングは難しい。

冬になると、日本に渡ってくる冬鳥と呼ばれる鳥達がいます。

夏には夏鳥がいるんですが、夏鳥は葉が生い茂る森の中にいることが多くて、探しに行かないと出会う事が出来ないので、ちょっと見るのが難しい。

僕も未だに夏鳥を見る事が出来ていません・・・深い森、そして山の中・・・闇雲に探してもなかなか見つける事が出来ません。

そして、夏は子育て真っ盛り。野鳥達も警戒度が上がって、見る方にもよりマナーが必要な為、やっぱり夏のバードウォッチングは色々と困難があるんです。


冬鳥観察の大変さは、寒さだけ

ツグミ

冬の野鳥観察は、比較的簡単で、野鳥達もかなり近くまで近づいてくれる事があります。勿論、こっちから近づくと、すぐに逃げるんですけどね。

冬鳥の姿を見ると、これから冬がやってくるんだなぁ・・・と季節を感じる事が出来ます。

写真のツグミは僕の印象では、結構どこでも見る事が出来る冬鳥なんですが、毎年縄張りにする場所を変える印象があります。

毎年同じ場所に渡ってくる鳥もいれば、ふらふらと年ごとに過ごす場所を変える鳥もいて・・・動物にも種の違いや個体差がある事を感じる事が出来るんですね。


動物の写真に失敗はない?

灰色の空は幻想的

動物の写真に失敗はありません。

いや、嘘かも。明らかに構図の拙さを感じる写真もあるのですが、基本的に動物が写っていれば、その動物の魅力が、写真を良くしてくれています。

後は、その写真に撮った人の意図があれば・・・どんな写真でも失敗ではないと思っています。

灰色の空・・・ほぼシルエットな鳥。だけれど、どこか幻想的に思いませんか?

写真を撮った時は、失敗したなぁ・・・と感じるんですけど、見返すと、風情があって意外といいなぁなんて思えたりするんですね。

だから、これから動物の写真を撮ろうとしている方は、もうどの瞬間も逃さない気持ちで、バンバンとシャッターを切ってもらえたらと思います。

その中で、奇跡の一枚がうまれるんですから。