画家が教えるタヌキの絵の描き方

タヌキの絵を描きたいあなたへ。画家がタヌキを描くまでの道のりを公開します。

 

まずは全体の形から

タヌキの描き方ーまずは全体図から

タヌキの絵を描くに当たって、タヌキの全体像の大まかな形を決めます。

この枠からはみ出さないように、タヌキを描いていきます。

 

スポンサーリンク

参考資料を見ながら・・・

タヌキの描き方ー参考資料を見ながら、ざっと描く

何かを描く時、参考資料を見ながら描きましょう。

資料を見ながら、ざっとタヌキを描きます。

ここでは、とにかくざっと描きます。

 

スポンサーリンク

描いた物を直していく

タヌキの描き方ー形を整える

一度、描いたタヌキを元に、顔の向きや、バランスなどを整えていきます。

ここもちゃんと資料を見ながら、どうゆうタヌキを描きたいのか考えて描きます。

 

で、大体タヌキが描けたんですが・・・あんまり面白くないし魅力的じゃないなぁ・・・と思ったので。

 

別パターンを考える

タヌキの描き方ー別パターンを描く

別のパターンを考えました。

タヌキの行動を良く見て、絵になりそうなポイントを探して、それを左右対称的に描きました。

左右対称といいましたが、完全に左右対称にすると、「生きていない」ので、左右対称を意識したフリーハンドで、タヌキを描きました。

 

描いたら、綺麗に

タヌキの描き方ー前足の位置を変える

一度描いたら、形を整える。

その時に、タヌキのポーズを直したりします。

 

気になる箇所を修正すれば完成

タヌキの描き方ー形を整えて完成

一度綺麗にしたタヌキの絵を見て、気になる箇所があれば、そこを修正して完成です。

ここでは、右にいるタヌキの体のラインをもう少し膨らませました。

 

 

一日一種、生物多様性【タヌキ】

昔から、日本と共に生きていたタヌキ。

結構身近にいる・・・らしいけど。

僕は田舎でもニュータウン暮らしなので、実際にタヌキを見たことがありません。

 

たまに山に行ったりもするけれど、今まで出会えた哺乳類は、キツネとシカ。

いつか出会いたいんだけどなぁ・・・

 

小さな雑木林にも来ているくらいに、身近な存在なのは昔から変わっていない。

変わったのは人間の生活。

いつだって動物達は傍にいるのに、今は意識しないと、それに気づけない。

 

スポンサーリンク
動物好きの為のLINEスタンプ販売中

可愛い動物イラストが、
あなたのLINEをもっと楽しくさせる。
動物好きの為のLINEスタンプ販売中!!

おすすめの記事