これが春の鳥ベスト5です!

この記事では、独断で決めた春の鳥ベスト5を紹介しています。

 

春になれば、鳥たちはみんな賑やかになって、みんながみんな春の鳥だと思います。

ですが、その中でもよく目立つ5種類の鳥を独断と偏見で「春の鳥ベスト5」として紹介します。

 

「春の鳥ってなんだろう」

と疑問に思った方の参考になれば幸いです。

この記事を書いたのは…

動物の絵を描いていたら、バードウォッチングにハマってしまったバードウォッチング歴10年のおざぽんと言います。

少し前に、念願のサンコウチョウが見られて感動しました‼︎
世界中の鳥達を見てみたい絵を描くバードウォッチャーです。

おざぽん
野鳥の世界の魅力をお伝えできればと思ってます。
よろしくお願いいたします!

 

春の鳥たち

これが僕の思う春の鳥たちです。

春の鳥ベスト5
  1. ツバメ
  2. ウグイス
  3. メジロ
  4. ヒバリ
  5. イソヒヨドリ

 

1.春の鳥たち:ツバメ

ツバメの写真

ツバメが春の鳥な理由
  • まだ暖かくなる前の、もうすぐ春が来るという時期に日本にやってくるから
  • 人の近くで行動するので、会える機会が多いから

 

2.春の鳥たち:ウグイス

ウグイスの写真

ウグイスが春の鳥な理由
  • ホーホケキョというさえずりが特徴的で覚えやすいから
  • さえずりの認知度が、かなり高いから

 

 

3.春の鳥たち:メジロ

メジロの写真

メジロが春の鳥な理由
  • サクラの花にやってくるから
  • サクラの花にやってくる鳥の中で、一番綺麗な色をしているから

 

 

4.春の鳥たち:ヒバリ

ヒバリの写真

ヒバリが春の鳥な理由
  • 春がくるかこないか微妙な時期から、さえずり始めるから
  • 鳴き声が特徴的で、記憶に残りやすいから
  • さえずりと同時に、空高く飛んでいく姿が印象的だから

 

5.春の鳥たち:イソヒヨドリ

イソヒヨドリの写真

イソヒヨドリが春の鳥な理由
  • 透き通るさえずりをするから
  • 朝から晩までさえずるから
  • 色んなところで見られるようになって、身近な鳥になっているから

 

 

春の鳥たちのまとめ

以上、5種類の鳥たちの姿やさえずりを聞いたら、

 

 

あぁ・・・春だなぁ・・・

 

と感じるので、今回はツバメ、ウグイス、メジロ、ヒバリ、イソヒヨドリの5種類を春の鳥とさせていただきました。

また春の鳥たちの鳴き声についてはこちらの「春の鳥たちの鳴き声【聞こえてくる鳥の鳴き声の正体は?】」でも少し解説しています。

 

 

きっと人や住んでいる場所によって、春だなぁーと感じさせてくれる鳥の種類は変わりますよね。

あなたの春の鳥たちは、どんな鳥ですか?

 

 

※春の鳥なので、春に撮った写真を・・・と思ったのですが、

春は鳥たちの警戒心も高いし、あんまり人の近くに寄ってきてくれないので、

比較的警戒心の薄い冬に撮った写真が多めです・・・申し訳ないです。(別記事で、春に鳥たちの姿を収めてきました!)

スポンサーリンク

春が来たので、観察してみました!

春の鳥の記事を書いてから、ずっと待ち望んでいた春がやってきました!

春といえば、桜です!

そこで、桜の木にはどんな鳥がやってくるのかを実際に観察してまとめてみました!

 

 

身近な鳥が知りたくなったら

このブログでは、おさんぽ鳥見をコンセプトに身近な鳥の事をまとめています。

身近な鳥の種類をまとめた記事も作成しているので、一度参考にしてみてください。

おさんぽしながらでも鳥が見れる。
いつものおさんぽをもっと楽しくするのが、散歩しながら鳥を見る「おさんぽ鳥見」です。

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 
野鳥好きなら一度は購読して欲しい雑誌「BIRDER」

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」

「BIRDER」は、日本で唯一のバードウォッチング雑誌です!

 

「BIRDER」の特徴はこんな感じ。

  1. 見て楽しい
  2. 読んで学ぶ
  3. 鳥を知れる

「BIRDER」は見て楽しい!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、プロレベルの美しい野鳥写真がたくさん掲載されていて、見ているだけで楽しい雑誌です。

  • 芸術的な写真
  • 思わずクスッとする写真
  • 決定的な瞬間を捉えた写真

ありとあらゆる野鳥写真が読む人を楽しませてくれます!

おざぽん
ここにその写真を掲載できないのが心苦しいですが・・・本当に凄い写真がいっぱいで、見ていて楽しい雑誌になっています!

「BIRDER」は読んで学ぶ!

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」には、毎月「鳥」に関する情報がたくさん掲載されています。

  • 初心者向けの鳥情報
  • 専門的な鳥知識
  • マニアックすぎる鳥ビア

毎月、新しい「鳥情報」を学ぶことができる「BIRDER」はもはや雑誌ではなく、鳥を学ぶテキストのようです。

 

おざぽん
新しい鳥情報は、鳥を見るのを、もっと楽しくしてくれます!

「BIRDER」は鳥を知れる!

当たり前かもしれませんが、日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」を読めば、鳥を知る事ができます。

  • 特集で、1つの種を知れる
  • 鳥情報を更新できる
  • たまに海外の鳥情報も

「BIRDER」では定期的に特定の種だけを扱った特集が組まれています。

「ツバメ」「ワシ・タカ」「カラス」など、それはもう色々です。

 

おざぽん
最新の鳥情報をキャッチするには、「BIRDER」はぜひ読んでおきたい雑誌になっています!

「BIRDER」のおすすめ購読方法

僕がおすすめする「BIRDER」の購読方法ですが、

 

おざぽん
とりあえず1年購読してみましょう

 

です。

 

「BIRDER」を1年間購読する理由

「BIRDER」を1年購読するだけで、野鳥の事がある程度わかるようになるからです。

 

1年後は・・・

  • 気に入れば、そのまま購読
  • 興味のある特集の時だけ購読

のどちらかに切り替えればいいですね。

 

「BIRDER」には2つの購読タイプがあります

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、2つの購読タイプから購入できます

  1. 紙版:雑誌が毎月送られてくる(定期購読中はデジタル版も利用可能)
  2. デジタル版:紙版より安い(著作権などの都合で掲載されない記事や写真がある場合もある)

 

おざぽん

紙版なら1,100円(税込)+送料20円

デジタル版なら880円(税込)で購読できます。

 

支払い方法は、

  1. 紙版:月額払い・6ヶ月・12ヶ月
  2. デジタル版:月額払い・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月

で選ぶ事ができます。

おざぽん
月額払いだと停止するまで、毎月「BIRDER」が送られてきて、商品代金が自動引き落としされます。

 

 

「BIRDER」の購読料金一覧

 

購読方法月額払い3ヶ月6ヶ月12ヶ月
紙版+デジタル版1100円(税込)+送料20円サービスなし6,720円(税込)13,440円(税込)
デジタル版のみ880円(税込)2,640円(税込)5,280円(税込)10,560円(税込)

 

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」で、鳥を知ろう

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER」は、

 

  • 鳥に興味が出てきた
  • 野鳥写真を撮っている
  • 鳥の事を詳しく知りたい

 

そんなすべての野鳥好きにおすすめできる「初心者~専門家」まで幅広く受け入れてくれる雑誌になっています。

もっと鳥の事を知ってみたいと思ったら、ぜひ「BIRDER」を読んでみてください。

Twitterでフォローしよう