ノビタキ

「ノビタキの生態は?どんな鳥なの?」

ノビタキ(スズメ目ヒタキ科)は、夏鳥として日本の高原にやってくる渡り鳥です。

飛び出た枝や杭などの目立つところに止まって、「ジャッ、ジャッ」と鳴きます。

 

ノビタキの生態まとめ表

ノビタキのオスの夏羽

ノビタキの特徴や基本情報
分類動物界/脊索動物門/脊椎動物亜門/鳥綱/スズメ目/ヒタキ科/ノビタキ属
特徴ノビタキはオスとメスで羽の色が異なり、また夏と冬でも羽の色が異なる

夏羽

  • オスは顔•背•翼•尾が黒く、肩に白斑があり腰は白色、胸はオレンジ色で首と腹は白い
  • メスの上面は黄褐色で、黒い縦斑があり、腰は橙黄色、肩に小さな白斑があるが、無い個体もいる。下面は淡橙黄色

冬羽

  • メスに似て下面が一様に橙黄色の個体が多いが、オスは頭部や背に黒味を持つ
会える季節夏鳥として日本で繁殖し、春や秋の渡りの時期にも見られる

月ごとの行動目安

4〜5月が春の渡りの時期で、4月下旬〜9月初旬が繁殖期、8月中旬〜10月中旬が秋の渡りの時期

会える場所
  • 繁殖期は、高原で見られるが、北海道では平地の草原に多い
  • 春と秋の渡りの時期は、平地の畑や河原の草地などにいる
会える地域日本全国で見られるが、季節によって見られる地域が異なる

繁殖地
本州中部〜北海道

春と秋の渡りの時期
日本全国

越冬地
西日本〜南西諸島で、まれに越冬する。北海道で繁殖した個体の多くは、日本列島を通らず、大陸から中国南部〜インドシナ半島(ラオス、カンボジア、タイ、ベトナム)で越冬する事が確認されている

世界分布
ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬期は南方へ渡る。東南アジア、インドなどでは周年見ることができる

名前
  • 漢字:野鶲
  • 英語名:Siberian Stonechat
  • 学名:Saxicola torquata
名前の由来
  • 日本語名「ノビタキ」は「野原によくいるヒタキ」から。「ヒタキ」は鳴き声が「火打ち石を打つように聞こえる」から
  • 英語名「Siberian」は「シベリアの」を、「Stonechat」は鳴き声が「2つの小さな石を打ち合わしたような音に聞こえる」から
  • 学名の「Saxicola」は「石を拝むもの」を、「torquata」は「首飾りをつけた」を意味する
サイズ/体重12〜13cm/10〜15g
食べ物昆虫類

狩りのスタイル

  • 見晴らしのいい場所から、空中に飛んでいる昆虫を飛んで捕まえる
  • 地面にいる昆虫は、目視で見つけて、歩いて捕まえる

ノビタキのメスの夏羽

ノビタキの生態や子育てについて
鳴き声「ヒーヒョーヒョロリー」などと澄んだ声でさえずり、普段は「ヒッ、ヒッ」「ジャッ、ジャッ」と鳴く

【ノビタキの鳴き声試聴サイト:さえずりナビ(外部サイト)

寿命平均寿命は4〜5年と考えられている
オスとメス
  • 繁殖期はつがいで縄張りを持ち、メスはオスの縄張り内で行動する
  • 繁殖期の縄張りは、雛の巣立ちまで継続される
歩き方ピョンピョンと跳ねるように歩く
似た鳥日本では特に似た鳥はいないが、世界で見るとサバクヒタキ類(外部サイト)という似た種類の鳥がいて、まれに旅鳥として日本にやってくる
性格適度に警戒心はあるが、目立つところに止まる習性があり、観察しやすい
行動
  • 大きな群れを作らず、繁殖期はつがいで、非繁殖期は単独〜数羽で行動する
  • オスの半数は前年の縄張りに帰ってくるが、メスは2割程度しか帰らない
  • 1回目の繁殖に成功したつがいの70%は、2回目の繁殖を行う
子育て
  • 5月頃から、草地の地面に細い草でお椀型の巣を作り、3〜7個の卵を産む
  • 卵は12〜14日で孵化し、メスが主に温める
  • 孵化した雛は、11〜15日ほどで巣立つ
  • 巣立った雛は、10日ほど親鳥から食べ物をもらう
  • またカッコウに托卵される事がある

 

参考文献

フィールドガイド日本の野鳥/高野伸二 著野鳥観察ハンディ図鑑 山野の鳥/安西英明 解説/谷口高司 絵」「The Wildlife Trusts(海外サイト)」「バードリサーチニュース2016年10月

 

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう