ビンズイ

「ビンズイの生態は?どんな鳥なの?」

ビンズイ(スズメ目セキレイ科)は、四国以北の山地の明るい林や木がある草原で繁殖し、秋冬は暖地の松林で多く見られます。

ハクセキレイと違って、枝の上でも歩く事があります。

 

ビンズイの生態まとめ表

地面で採食するビンズイ

ビンズイの特徴や基本情報
分類動物界/脊索動物門/脊椎動物亜門/鳥綱/スズメ目/セキレイ科/タヒバリ属
特徴オスとメスは同じ見た目

  • 頭上から体の上面はオリーブ緑色で、黒褐色の不明瞭な縦斑がある
  • 尾は黒褐色で、外側尾羽の外弁は灰白色
  • 眉斑は汚白色で、目の後方にも白色斑がある
  • 耳羽はオリーブ色で、下面は淡バフ色で、黒い顎線に続いて胸から脇には黒い縦斑がある
  • 足は淡褐色
会える季節1年中、見られるが、季節によって日本国内を移動する漂鳥
会える場所春夏の繁殖期

  • 繁殖期は山地の明るい林、林縁、木がある草原
  • 北海道や本州北部では平地でも繁殖する

秋冬の非繁殖期

  • 秋冬は根雪のない低地の松林など
会える地域日本全国

繁殖地
四国以北、西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近

局地的な繁殖地
西日本での繁殖は局地的。2002年の調査では九州の阿蘇高岳でも繁殖が観察され、従来の四国以北よりも繁殖地が広い可能性がある

越冬地
冬季は、日本国内の積雪のない地域、インドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する

名前
  • 漢字:便追
  • 英語名:Olive-backed Pipit
  • 学名:Anthus hodgsoni
  • 別名:「木雲雀(きひばり)」
名前の由来
  • 日本語名「ビンズイ」は「鳴き声がビンビンツイツイと聞こえる」から
  • 英語名「Olive-backed」は「背中のオリーブ色」から、「Pipit」は「地鳴き」から
  • 学名の「Anthus」は「セキレイ」を、「hodgsoni」は「ホヂソンの (ドイツの鳥類学者の名前)」を意味する
  • 別名の「木雲雀」は「ヒバリに似た鳴き声」と「木に止まる習性」から
サイズ/体重16cm/21g
食べ物
  • 昆虫やクモ、植物の種子などを食べる
  • 地面を歩きながら採食する

木の上に逃げるビンズイ

ビンズイの生態や子育てについて
鳴き声さえずり
さえずりはヒバリに似て、「チチロツイツイツイチョペチピー」などと長く複雑な早口

地鳴き
普段は「ヅィー」と鳴く

【ビンズイの鳴き声試聴サイト:さえずりナビ(外部サイト)

寿命情報がなく、不明
オスとメス同じ見た目で、外見から見分けるのは難しい
歩き方
  • 足を交互に出して歩き、逃げる時は木の枝に飛び移る
  • 枝の上を歩く事もある
似た鳥タヒバリ(外部サイト)」
タヒバリは体上面に褐色味が強く、顎線や胸の縦斑が太く、全体に黒っぽく見える。活動場所は水田や河原等の開けた場所にいる。鳴き声は「チッチッ」
性格非繁殖期でも林のそばや草陰に隠れながら行動していて、ハクセキレイほど開けた場所で採食しない
行動
  • 水浴びを好み、山の湧き水や庭の池などによく来る
  • 枝の先や岩の上でさえずり、さえずりながら飛び上がって次の止まり場に移る事もある
子育て
  • 5〜8月頃に、草地•崖•土手の窪みに、草の茎を使ってお椀型の巣を作り、3〜5個の暗い茶色の黒っぽい斑点のある卵を産む
  • 卵は12〜13日で孵化し、メスだけまたはオスとメスで温める
  • 孵化した雛は10日ほどで巣立つ
  • またジュウイチに托卵される事もある

 

参考文献

フィールドガイド日本の野鳥/高野伸二 著野鳥観察ハンディ図鑑 山野の鳥/安西英明 解説/谷口高司 絵」「九州におけるビンズイの繁殖の初記録」「ジュウイチによるビンズイへの托卵例

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう