ヒクイナ

「ヒクイナの生態は?どんな鳥なの?」

ヒクイナ(ツル目クイナ科)は、夏鳥として日本にやってくる渡り鳥で、本州以南では越冬する個体もいます。
水田や湿地に暮らし、茂みの中に移動するので、姿を見る事は多くない鳥です。

 

ヒクイナの生態まとめ表

ヒクイナの全身画像

ヒクイナの特徴や基本情報
分類動物界/脊索動物門/脊椎動物亜門/鳥綱/ツル目/クイナ科/ヒメクイナ属
特徴顔からお腹までが赤茶色で、後頭部から背、翼は暗緑褐色。脇、下腹、お尻は白と黒の横斑。くちばしは赤紫が混じった黒と水色で、足は赤色
会える季節夏鳥として日本にやってくるが、本州以南では越冬する個体もいる(留鳥)
会える場所水田や湿地、河川の茂み。茂みの中を移動する事が多く、いたとしても開けた場所に出てくる機会が少ない
会える地域日本全国で見られ、2006年から実施されたヒクイナの調査記録によると、特に西日本で生息数が多い

ヒクイナの繁殖地
北海道から沖縄までの日本全国。世界の繁殖地は、中国東部、台湾など

世界分布
中国、台湾、インドシナ半島、インドネシア、フィリピン、インド西部、スリランカ

名前
  • 漢字:緋水鶏
  • 英語名:Ruddy crake
  • 学名:Porzana fusca
名前の由来
  • 日本語名「ヒクイナ」は「赤い(緋色)クイナ」から。「クイナ)」はクヒと鳴く事に由来する
  • 英語名「Ruddy」は「古い英語で赤い」を、「crake」は「クイナ属の鳥」を意味する
  • 学名の「Porzana」は「クイナ」を、「fusca」は「黒ずんだ」を意味する
サイズ/体重23cm/610〜1200g
食べ物昆虫、軟体動物、カエル、種子など

ヒクイナのつがいの画像

ヒクイナの生態や子育てについて
鳴き声「キョッ、キョッ、キョッキョッキョッキョキョキョ」と始めは遅く、次第にテンポの速くなる声で鳴く。警戒する時には「ケレケレケレ」と鋭く鳴く。夕暮れから朝早くによく鳴き、その鳴き声から「クイナの戸たたき」と呼ばれている
寿命1〜5年と言われるが、詳しくは分かっていない
オスとメスヒクイナのオスとメスは同じ見た目で、外見からは判断が難しい
歩き方足を交互に出して歩き、茂みから茂みへ移動する時に、開けた場所に出てくる事もある。また泳いだり潜ったりする事もある。人の気配を感じると、早足で移動する
似た鳥オオクイナ(外部サイト)」「クイナ(外部サイト)」「ヒメクイナ(外部サイト)」
性格警戒心が高く、茂みから出てくる事が少ない。
行動お尻をひょこひょこさせながら行動する。
子育て
  • 5〜8月頃に、ヨシなどを組み合わせた皿状の巣を作り、4〜9個の卵を産む
  • 卵は約20日で孵化し、オスとメスで温める
  • 孵化した雛は、早成性で、すぐに自分の足で歩け、自分で食べ物を探す

(参考文献)「ヒクイナ調査結果報告

ヒクイナ補足情報

ヒクイナの赤い足

ヒクイナの足の画像

ヒクイナの足は長く、赤いです。
ひれなどはありませんが、泳いだり潜ったりする事もあります。

ヒクイナの食べ物一例

オケラみたいなものをつかまえているヒクイナの画像

ヒクイナがオケラのようなものをつかまえています。
ヒクイナは動物食の傾向が強く、水辺の草むらなどで食べ物を探しています。

ヒクイナを見た茂み

ヒクイナがいた水の茂み

ヒクイナは近くに水辺がある茂みを好んでいます。
水辺は大きな池や川でなくてもよく、舗装された水位の低い川の茂みでも、見られます。

鳥の名前を調べる

場所から

身近 |  |  |  | 田んぼ | 

色から

 |  |  | オレンジ |  |  | 

くちばしから

黄色 | 長い

その他

鳴き声 | 季節  | 似た鳥 | 

Twitterでフォローしよう